契約のための保証人が用意できない!そんな時こそ家賃保証会社|トピックスファロー

  • ライター募集
2,050 views
2012年12月13日
契約のための保証人が用意できない!そんな時こそ家賃保証会社

部屋を借りる時に困るのが連帯保証人の用意です。万が一、家賃を滞納した場合保証人に支払いが回ることになるため、保証人になりたがらない家族・親戚も少なくありません。そういった場合に頼れる存在となる家賃保証会社について解説していきます。

WEBライター
  

部屋を借りる際に保証人になってくれる家賃保証会社とは

もしもあなたが一人暮らしを始めようと思って、不動産屋を回り良い物件を見つけたとしましょう。いざ契約という段になって、契約書類の中にある「連帯保証人」の枠に記入できなかったとします。こうなると、どんなに話が盛り上がっていても、不動産業者との間に強い信頼関係が醸成出来ていても契約はお流れになってしまいます。
借金と同じように、住宅の賃貸においても連帯保証人を用意することは非常に重要なことなのです。

なぜ賃貸のために保証人が必要なのか

住宅の賃貸においては、「なぜ保証人が必要なのか」「なぜ滞納しただけで追い出されるのか」という話が良く取沙汰されるものです。

賃貸の部屋や家を借りるということは、すなわち大家さんが持っている不動産物件という財産を借りているということで、お金を借りているのと同じなのです。
借りる側にはただの空いている部屋であっても、貸す側にしてみれば大金を貸しているのと同じことになっているのです。
そして家賃を滞納されるということは借金の返済が滞っているのと同じことになります。借金の場合、返済が2か月滞ったら保証人に債務を回しても良いことになっていますが、賃貸住宅の場合は「3か月くらい大丈夫だろ」というような甘えが貸借者にみられることがしばしばあります。

保証人無しで物件を借りるには?

進学で上京して一人暮らしを始めるために部屋を借りる時は、親や親戚に保証人になってもらう人が多いでしょう。しかし、天涯孤独の身であるとか家族との折り合いが悪いといった理由があると保守人を用意できないので部屋も借りられない、という結果になってしまいます。

こうならないためには、保証人を用意せずに部屋を借りる手段を利用するのが一番なのです。

家賃保証会社を利用する

保証人が用意できない時、利用するべきなのが家賃保証会社です。家賃保証会社とは貸借者と契約して賃貸契約時の保証人となることを業務とする会社です。
大家に支払う家賃とは別に家賃保証会社への契約料を支払わなければならないのがネックですが、保証人が用意できない人にとってはありがたい存在です。

また、万が一リストラなどで家賃を支払うための収入手段がなくなった場合のケアもしてくれる契約プランを用意してくれるのが家賃保証会社を利用するメリットの一つとなっています。
ただし、家賃保証会社と契約するにあたっては審査があるため、収入が不安定であったりすると利用できない場合があります。

ゼロゼロ物件への入居は危険

実を言えば、家賃保証会社に頼らなくても入居できる部屋は存在しています。それが敷金ゼロ・礼金ゼロの通称「ゼロゼロ物件」です。
ゼロゼロ物件は、通常の不動産におけるネックとなっている敷金・礼金・保証人を排しているのが特徴ですが、その分契約が厳しく一日でも家賃を滞納すると鍵が返られた上に家財を勝手に処分されてしまうことが多く問題になっています。

また、敷金・礼金を取らないと謳っていても入会金や保証金など他の形でお金を接収するため、結果的に敷金・礼金を支払っているのと同じくらいの出費を強いられることになります。
保証人が要らない、敷金・礼金が要らないからと安易にゼロゼロ物件に入居することは、全財産を失うリスクを背負うことに他ならないものと断言してもいいのです。

著者:塩屋 謙

WEBライター
アイコン
職業は編集・校正、そしてWEBライターでもあります。興味の範囲を広げつつ、様々な記事を書いています。