本当にお得?有効なポイントサイトの使い方とは|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
1,448 views
2014年1月23日
本当にお得?有効なポイントサイトの使い方とは

ネットを見ているとポイントがたまるサイトにたくさん出会います。このポイントサイトを登録してポイントを貯めると色々お得になりますが、使い方によっては逆に損することも。ポイントサイトをうまく使うコツとは?

WEBライター
  

■クリックポイントをただためるだけでは損をする

ネットに向かっている時間をうまく利用して小遣い稼ぎ、というふれこみの「ポイントサイト」。使い方次第で得にも損にもなることに気づいていましたか?

クリックポイントの上手な使い方

クリックポイントとは

まずは、「クリックポイント」について。大体のポイントサイトには「クリックポイント」というものがあります。
読んで字のごとく、メールなどで指示されたリンクへ飛ぶことでポイントがたまり、そのポイント数に応じてお得が発生します。

クリックポイントをためるのにかかる費用と貯まったポイントは?

標準的なポイントサイトのクリックポイントは一回につき、平均1-5ポイント。
動画の閲覧を伴うものは50-100ポイントが相場です。
動画の閲覧もただ単に動画を別ブラウザで流しておけばいいというものは最近少なくなり、動画の途中に設問やアンケートがあり、それをクリックしないと動画が進まない=常に動画をチェックしていなければならないものも増えてきています。
もちろん企業側からすれば、広告を見てもらうことの対価としてポイントをプレゼントしているのですから、広告をずっと見せる工夫をしてくるのは当り前なのですが、動画を確認するのに時間がかかり、ポイント数もそれほどではない…なんてことにもなりかねません。

何かを買ったりする必要はないので、気軽に見えますが、「無料でおこづかい稼ぎ」という言葉にはその他にもちょっとした落とし穴があります。

■「電気代」のことを忘れていませんか?

必要な電気代とポイントの差

例えば、ポイントサイトを閲覧するためにパソコンを立ち上げる場合は、ポイントが実際に現金・商品になるまでにいくらポイントが必要なのかを少し考えてみましょう。

先程ワンクリックで得られる報酬は1-5ポイントが相場という話でしたが、大手サイトの換金開始額は5000ポイントで500円程度が平均値。ワンクリック5ポイントとしても、1000回のクリックがなければ、500円をもらえない、というわけです。

電気代は一般的なノートパソコンなら一時間1-3円と、一見お得に見えますが、その一円をゲットするのに10回のクリックが必要になります。デスクトップパソコンならモニターの大きさにもよりますが5-15円の電気代がかかりますので、もっとクリック数が必要なのは納得ですよね。

動画の閲覧はお得?

動画の閲覧は近道に思えますが、50ポイントを得るのに、大体3分程度の動画の閲覧が必要です。しっかり見て、アンケートにも答えて…。そんなことをしていると逆に電気代と時間を浪費します。こんなことならアルバイトしたほうが儲かった、なんて言わないように、何か仕事や、音楽を聴いたり作業をしながら小窓で動画を流しっぱなしにして、動画の閲覧が終わったらクリック。
なんてことでもしない限り、得するために損をすることになってしまいます。

どうしてもクリックポイントも貯めたいなら

電気代を無駄にしないで得をするなら、クリックポイントのためだけにパソコンを立ち上げず、別な用件があるときにまとめてクリックポイントをためることが秘訣です。

■ポイントサイトを使用し、簡単に節約・お得になる方法は?

ポイントをためるのに手っ取り早いのは

それは、「何かアクションを起こすこと」です。
アクションポイントはクリックポイントなどと違い、ポイントサイトの先にいる企業に何らかの利益を直接もたらします。
なので、クリックで入るポイントと比較して、高配当のポイント増が見込めます。
具体的には、「会員登録をすると500P」「サイト経由で購入すると1000P」など。

日常の買い物や幹事などを任せられたら

ぜひ、必ずポイントサイトを経由する癖をつけましょう。
たとえば、クーポンサイトの「グルーポン」はサイトでクーポンを購入しても独自のポイントサービスがありません。
もともとのクーポン購入価格が通常利用料金の半額など、ポイント還元しなくても利用者に利益が回るようになっているためです。
ですが、「グルーポン」を購入するときに、直接グルーポンの告知メールからではなく、ポイントサイトのリンクをたどることでポイントサイトのポイントも貯まり、お得な価格で飲食や施設を利用できるのです。
これから年末年始の飲み会で幹事になった場合は、クーポンサイトとポイントサイトの両方を併用できるところを探してみましょう。
楽天などの買い物も、ポイントサイトを経由すると、更に割引で料金は節約できながら、ダブルポイントを得ることができますよ。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇