3億円の投資と同じ??就職先選びの心構えとは|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
2,497 views
2014年2月13日
3億円の投資と同じ??就職先選びの心構えとは

就職先の選び方を間違えてしまうと、大きな損失になってしまう可能性があります。自分の人生設計を決める上で、間違いないところを選ぶためのコツを紹介します。

WEBライター
  

就職先の選び方まとめ

就職先選びを間違えてしまうと、3億円の投資と同じ効果が得られなくなってしまう可能性があります。1ヶ月や1年など少ない期間ではあまり収入の差額は感じませんが、それが10年20年と長期的になれば大きな額の違いとなってしまうのです。就職先選びの心構えについてまとめてみました。
shushoku7_3億円の投資と同じ

給与基準が高い会社を選ぶ

業界トップの会社を選んでみる

どのような業種を選ぶかもとても大切となりますが、働きたい分野があるなら、その業界でトップクラスとなる会社を探してみましょう。同じ内容の仕事でも選ぶ会社によって給与の額は全然変わってきます。選ぶコツは利益が他の企業と比べて高い事です。利益率を公開している企業もありますし、ネットを調べると売り上げが伸びているのかを調べる事もできます。利益が高ければそれだけ社員に収入として還元できる可能性があるでしょう。

今後成長する医療関係を選ぶ

医療の中でも今後成長する分野として挙げられるのが、介護関係でしょう。これからは高齢化社会ともいわれていて、どんどん色々な企業も介護の分野に進出してきています。ただし介護関係でも働く環境によってはそれ程年収が上がらない事もあります。看護師の免許を持っているなど何か特殊な資格があれば比較的良い収入を叶えられる可能性はあるでしょう。医療関係に挑戦する前には必ず収入が他と比べて高いか調べてから行うようにしてみて下さい。

外資系を選んでみる

外資系の企業は日本の会社と比べて、2割くらいは給与の基準が高い事が多いようです。しかし、日本の給与の仕組みとは若干異なるようで、退職金が出ないこともあるためその点は注意してみて下さい。

今後成長する可能性がある企業を選ぶ

今現在それほど業績が高く無くても、今後成長する可能性が高い企業を就職先として選んでみるのも良いでしょう。例えば先ほど紹介した高齢者関係の会社もそうですし、ネット関連も今後伸びていく可能性が高いでしょう。今よりも今後ニーズが高まりそうな企業を選ぶのも一つの方法です。

長く働ける企業を選んでみる

日本人が生涯で稼ぐ年収は、2億円~3億円ともいわれています。何も考えず就職先を選ぶのではなく、定年後も長く働ける企業を選んでみるのも良いでしょう。60歳で定年を迎える企業よりも、70歳になっても現役で働ける企業のほうが生涯年収は高くなるのは言うまでもありません。将来は年金がもらえるか不安な方も少なくありませんから、そういった意味で細かく長く働ける企業を選ぶという考え方もあるのです。

著者:海老田雄三

WEBライター
アイコン
芸能、アニメ、ゲーム、音楽あたりが得意分野のはずが、気が付けばなんでも書くライターになっていました。アニメ、ゲームなどのサブカル誌によく寄稿しています。