遊びあり、癒しありの魅惑の横浜観光7選|トピックスファロー

  • ライター求人
2,478 views
2012年7月13日
遊びあり、癒しありの魅惑の横浜観光7選

横浜は、都市部に近いことから文化的な町並みばかりではなく、現代的な町並みも多いのが特徴。歴史的な風景だけでなく、アトラクション施設の充実やグルメ、夜景が楽しめるのも横浜だからです。遊んで、食べて、癒される横浜のスポットをご紹介!

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

【横浜観光】海も夜景もグルメも楽しめる!

横浜の観光スポットは、たくさんありすぎて困ってしまいますよね。
観光スポットでは、グルメが美味しいのはモチロン、夜景まで楽しめちゃうんです。
お一人様でも、カップルでも楽しめる横浜観光を満喫しちゃいましょう!

横浜観光でぜひ回っておきたいスポットをご紹介していきますので、横浜観光を考えていらしたら参考にしてみてください。

赤レンガ

赤レンガ

全体が褐色のレンガで作られた横浜赤レンガ倉庫。
横浜にきたら見逃せない観光スポットの一つです。
明治時代に誕生し、倉庫の役割を担ってきた赤レンガは、現代では横浜のシンボルの一つとして歴史を刻んでいます。
夜になるとライトアップされ、煌びやかに輝く赤レンガに圧倒されてしまいます。
横浜の夜景とマッチする風景なので、カップルのデートにオススメの名所と言えます。

ベイブリッジ

ベイブリッジ

某警察ドラマが映画化した作品にて、封鎖したことのあるベイブリッジ。知らない人はいないのではないでしょうか。
横浜港にかかる橋で、車での通行しかできないと思ってしましますよね。しかし、ベイブリッジの両サイドには遊歩道があって、歩行者が歩くこともできるんだとか。
日が暮れた頃から夜景を眺めながら歩くのは、きっとサイコーに楽しそう!
ライトアップもされ、暗くないし、旅行の思い出作りにピッタリだと思います。
ただし、片道の距離が約326mあるので、疲れることは間違いないことを覚悟したほうが良さそうですね。

みなとみらい

みなとみらい

デートスポットの定番ともなっている“横浜みなとみらい”は海に面しており、夜景スポットが数箇所集結している場所でもあります。
恋人同士での旅行に、思い出を増やしたいという人は一度行ってみることがオススメです。
みなとみいらいは、多くの施設が集合しており、1日を費やしてしまうほど回る場所が豊富です。
シアターやアトラクション施設、医療機関など、充実した施設が快適すぎて、みなとみらいに住みたいなんて思ってしまうかも。
横浜の夜景を楽しみたいという人は、旅行で巡る観光スポットに加えてみてくださいね。

横浜中華街

横浜中華街

横浜といえば中華街!と連想されるほど、人気観光名所の一つである横浜中華街。
横浜に来たなら一度は絶対行っておきたいグルメスポットという人も多いのでは?
横浜中華街は本場の味を楽しめることもあり、観光客が絶えません。
学生時代に修学旅行で行ったという人も多いですが、修学旅行では中華街を堪能し切れなかったはずです。
横浜に旅行するのであれば、改めて訪れてみることがオススメ。
学生時代とは違った、美味しいグルメを再発見できることと思います。

コスモワールド

コスモワールド

横浜みなとみらいに隣接するアトラクション施設です。
みなとみらいから望む夜景スポットの一つが、このコスモワールドです。
大観覧車は驚くほどスケールがでかく、絶叫系のアトラクションや子供向けのアトラクションが充実しています。
カップルだけでなく、お子さん連れでも楽しめるアトラクション施設です。
横浜観光でみなとみらいに行くのなら、コスモワールドにも立ち寄ることを考えてみてはいかがでしょう?
昼はコスモワールドで遊び倒し、夜はみなとみらいから夜景を満喫するという巡回コースにしてみるのも◎。

八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイス

横浜の特徴の一つといえば、水族館が多いこと。
横浜市民、定番のデートスポットにもなっていることでしょう。
水族館のない地方の人にとっては羨ましく、まさに海の動物天国です。
水族館内では、動物たちとの触れ合いや食事タイムを見ることで、心がほっこりと癒されること間違いないでしょう。
癒しが欲しい人や、水中の動物に癒して欲しい人は、ぜひ足を運んでみてください。
きっと動物たちが待っていることでしょう。

ラーメン博物館

ラーメン博物館

横浜には中華街があるくらいだから、さぞや中華が美味しいんだろうな~と思いますよね。
中華というとフルコースなどのイメージがあり、ちょっと高そう。
ですが、ラーメンは庶民派と言ってもよい料理の一つ。
横浜には、ラーメン店が全9店舗集結するラーメン博物館という場所があります。
集結といっても横浜にお店を構えるラーメンではなく、都道府県各地方で出店し、人気のあるラーメン屋が集っています。
そのため混雑しているのがラーメン博物館の日常ですが、お昼時を過ぎると混雑の和らぐ時間があるそうです。
横浜中華街のラーメンだけでなく、地方のラーメンも味わいたい人は行ってみる価値があると思います。
ぜひ旅行の観光コースに加えてみてください。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!