動物の宝庫!北海道での動物園めぐり5選|トピックスファロー

  • フリーのライターを募集しています
1,725 views
2015年2月6日
動物の宝庫!北海道での動物園めぐり5選

世界遺産の知床をはじめ大自然溢れる北海道。北海道の動物と言えば、ヒグマやキタキツネなど、野生動物のイメージが強いですが、北海道にある動物園にはどんな動物がいるのか?どんな特徴があるのか?リサーチしてみました。北海道旅行を計画させれる際の参考になれば幸いです。

元大手お笑い芸能プロダクションマネージャー
  

旭川市旭山動物園

動物園 住所:北海道旭川市東旭川町倉沼
営業時間 :詳しい営業時間はHPで
定休日:詳しい定休日はHPで
料金:大人820円、※中学生以下無料
動物の種類:124種類

交通アクセス
【電車】JR旭川駅から旭川電気軌道バス41、42、47番線旭山動物園行き40分
【車】旭川北ICから道道37号を旭川空港方面へ8km、道道295号を左折し2km
問い合わせ 0166-36-1104 

map ⇒ 旭川市旭山動物園

日本で一番有名な動物園といっていいくらい、メディアにもよく出る日本最北の動物園です。動物たちが野生にいる時と同じような姿を引き出す「行動展示」という方法で来園者に見てもらう取り組みをしています。また「混合展示」という異なる動物を同じ場所で飼育する取り組みにもチャレンジしているようです。

おススメは、冬期開園時限定の「キングペンギンの散歩」です。園内をペンギンが行進して歩いている姿が見られます。
その他ペンギン館、オランウータン舎、ほっきょくぐま館など見どころ満載です。

札幌市円山動物園

imasia_15408814_M (1) 住所:北海道札幌市中央区宮ヶ丘3-1
営業時間:9:00~17:30 11月~1月は9:00~16:00
定休日:12/29~31
料金:入園料大人600円、※中学生以下無料
動物の種類:180種類

交通アクセス
【電車】市営地下鉄東西線円山公園駅から徒歩15分
【車】道央自動車道北ICから約20分

問い合わせ 011-621-1426

map ⇒ 札幌市円山動物園

回りを緑で囲まれている自然豊かな1951年に開園された動物園です。
円山動物園の特徴は「繁殖」です。人間の飼育下では繁殖が難しいとされる、ホッキョクグマの繁殖に2000年以降唯一成功している動物園として有名です。

2008年12月ホッキョクグマの雄の双子「イコロ」と「キロル」2012年雌の双子「ポロロ」「マルル」が生まれたことが多くのマスコミに出ましたね。クマの双子ってホントに似ているのか?雄と雌の双子の違いを是非現場に行って確認してみてください。

ノースサファリサッポロ

住所:北海道札幌市南区豊滝469-1
営業時間:詳しい時間はHPにて(時期により変動)
定休日:詳しい定休日はHPにて(時期により変動)
料金:入園料(フリーパスポート)中学生以上1500円、小学生以下500円、※3歳以下無料

交通アクセス:JR札幌駅バスターミナル又は市営地下鉄真駒内駅より「定山渓行」、「豊滝小学校前」下車(シャトルバス送迎有)

問い合わせ 080-1869-6443

map ⇒ ノースサファリサッポロ

ここの動物園のポイントは「動物とのふれあい」です。同園ではウォーキングサファリと呼ばれ動物にふれあいながら園を散策するシステムもあり、餌をあげたり、動物に触れたりすることができます。
某映画にて王様になり有名になったラマや、テレビCMなどでもお馴染みミーアキャット、冬の温泉の定番カピバラなどにも触れちゃうんですよ!

動物以外にも、水陸両用車でジャングルツアーや、4輪バギーでの競争、セグウェイでの移動、雪が積もっているシーズンには、スノーモービルや雪上バナナボートなどができたりとアウトドアで遊べる要素も満載です。

おびひろ動物園

住所:北海道帯広市字緑ヶ丘2
営業時間:詳しい営業時間はHPにて(季節により変動)
定休日:詳しい定休日はHPにて(季節により変動)
料金:大人420円、高校生210円、高齢者(65歳以上)210円、※中学生以下無料

交通アクセス
【電車】JR帯広駅から十勝バス(駅前9番乗り場)で18分、70系統大空団地行、動物園前下車。北海道拓殖バス「帯広駅前」から16分、白樺学園線・南商業高校線、緑ヶ丘6丁目美術館入り口下車
【車】帯広空港から国道236号線経由で25km、30分

問い合わせ 0155-24-2437

1963年に開園した円山動物園につぐ道内で2番目に歴史がある動物園です。
ここの動物園のポイントは「癒し」です。以前は、円山動物園に花子という大人気のゾウがいたのですが亡くなってしまい、現在では道内でゾウがいる動物園はおびひろ動物園だけとなっています。

また、動物園の定番ともいえるゾウ、キリン、ライオンなどが見られるのはもちろん、お子様向けのメリーゴーランドや観覧車、フラワーカップなどの遊具もあり、ご家族で安心して遊べるようになっています。小細工なしの動物園、とてもおすすめです。

のぼりべつクマ牧場

住所:北海道登別市登別温泉町224
営業時間:詳しい営業時間はHPにて(季節により変動)
定休日:詳しい定休日はHPにて(季節により変動)
料金:入園料中学生以上2520円、小人4歳以上~小学生1260円

交通アクセス
【電車】JR登別駅からバスで15分
【車】道央自動車道 登別東ICから10分

map ⇒ のぼりべつクマ牧場 ここはまさに「クマ好きの楽園」。 クマ専門の牧場だけあってクマのイベントあり、世界唯一のヒグマ博物館ありと見どころ満載です。 最近では某TV番組でおねだりするクマとしてのぼりべつクマ牧場のクマがメディアに登場もしました。
時期にもよりますが一番の目玉は「こぐまのハンティングタイム」皆さんがテレビで一度は見た事のある「クマの鮭取り」ならぬ「クマの小魚取り」が間近で見れるんです。是非ゆるキャラくまもんでクマ好きになった方は一度訪れてみてください。

著者:ジュンジュン

元大手お笑い芸能プロダクションマネージャー
アイコン
お笑いからアングラ、政治経済、医療までオールジャンル得意です。すこし世の中をナナメから見て、面白い文章を書ければと考えています。