ウエディングドレス用の美胸を作るブライダルインナーの選び方|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
1,874 views
2013年1月4日
ウエディングドレス用の美胸を作るブライダルインナーの選び方

ウエディングドレスを着る際は、特にバストメイクに力を入れることが大切。いくらデザインが素晴らしくても、胸の大きさや形がキレイに整っていなければ美しく見えないからです。パートナーに喜ばれ皆に愛される花嫁を目指すためにも、ドレスの下に着用するビスチェなどブライダルインナー選びはしっかり行いましょう。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

ブライダルインナーはバストメイクが特に重要

ウエディングドレス専用の下着のことをブライダルインナーと呼びます。
メリハリの効いた体型をつくり、美しいドレス姿に仕上げるべく着用するものです。そしてブライダルインナーでボディメイクを行うにあたり、特に重要な体の部位といえばバストです。

ブライダルインナーによるバストメイクは、単に胸を大きく見せれば良いというものではありません。
形や位置、ウエストとのバランスといった要素にも気を配る必要があります。またドレスデザインに合わせて適切なインナーを選ぶことも大切です。

バストメイクには、ボーンの入ったビスチェというインナーを用いるのが一般的です。
ウエディングドレスのデザイン別に、最適なビスチェの選び方を教えますので、ぜひ参考にしてください。
ガードルやペチコート・ショーツなど他のインナーとの上手な組み合わせ方もガイドします。

プリンセスライン

ウエスト~腰周りにかけて膨らみのあるタイプのドレスを『プリンセスライン』と呼びます。
このドレスにおけるバストメイクは、「バストとウエストの自然なメリハリ」を意識して行うのがポイント。
それには丈の長いロングビスチェがお勧めです。キュロット型のペチコート同ブランドのショーツを合わせれば、さらにコーディネート完璧!
ちなみにこの組み合わせはAラインのウエディングドレスにも最適ですので、覚えておいてください。

マーメイドライン

『マーメイドライン』は、人魚のようなシルエットが特徴的なウエディングドレスです。
最も体の線が露わになるデザインですから、バストアップとウエストの引き締めに重点を置いて、しっかりボディメイクできるインナーを選ぶのが正解です。
ベストな組み合わせはミドリフ丈のビスチェ+ウエストニッパーです。お尻や太ももなど下半身のラインを整えたい方は、ガードルも着用すれば綺麗に仕上がりますよ。
マーメイドラインだけでなく、くびれのないスレンダーラインのドレスにも適している組み合わせです。

エンパイアライン

アンダーバストに切り替えのある『エンパイアライン』は、清楚で上品なイメージのウエディングドレスです。
シンプルなデザインゆえにお腹が目立ちやすいという特徴がありますので、引き締め効果の高いロングガードルを着用してください。
ペチコートで良いのでは?と考える方が多いようですが、歩いてドレスが引っ張られた際にラインが浮き出てしまう恐れがありますから避けましょう。
ビスチェに関しては特にこだわる必要はありませんが、ボリュームが出過ぎず自然なバストアップを図れるものがグーです。

妊婦さんの場合は…

花嫁が妊婦さんだった場合は、マタニティ専用のブライダルインナーを選びましょう。
お腹を締め付けないブラキャミソールやペチコート、伸縮性のあるショーツを着用して、赤ちゃんに負担をかけないようにしてください。
たとえお腹が目立たない時期だったとしても、きついビスチェやガードルは体に悪影響ですからNGです。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!