記念日やお祝いに似顔絵を贈ろう!世界にひとつだけのプレゼント|トピックスファロー

  • フリーライター求人
1,742 views
2015年5月26日
記念日やお祝いに似顔絵を贈ろう!世界にひとつだけのプレゼント

最近は結婚式では両親へ、還暦のお祝いなどでは祖父母へ。特別なサプライズプレゼントを贈る人が増えているようです。今回は、そんなプレゼントを贈りたいと思っている人に知ってほしい、プレゼント準備に関わるコラムをお送りします。

フリーランスライター、フォトグラファー
杉浦優子のfacebookアイコン
  

結婚式や還暦で渡したいプレゼント

記念日やお祝いに似顔絵を贈ろう!

結婚式では花束と両親への手紙を贈る新郎新婦が恒例のようですが、最近ではそれに加え、特別なプレゼントを用意するカップルが少なくありません。

プレゼントの内容もさまざまで、食事券や旅行券などのプレゼントをするカップルもいれば、感謝状などを贈るユニークなプレゼントも。中でも最近人気なのは、両親の似顔絵のプレゼントなのだとか。オリジナリティあふれるプレゼントとして、両親たちにも好評なのだそうですよ。

また、還暦のお祝いでは、食事に興味がなくなってきたり、趣味のない祖父母へのプレゼントとして、いろんな工夫がされています。
なによりも、お子さんや孫たちに関連したものも喜んでいただけるようです。

似顔絵人気の秘密は、ネット通販!

記念日やお祝いに似顔絵を贈ろう!

結婚式といえば、その準備に追われるカップルがほとんどです。式場を決め、衣装を選び、参列者へ招待状を送る。現代の若者は共働きでバリバリと働いているケースが多いので、両親へのプレゼントを買いにデパートを回る・・・というような時間がない場合もあるようです。

しかし、似顔絵はネット通販でも発注可能なため、忙しいカップルにも重宝されているのだとか。似顔絵が人気なのもこういった背景が影響しているようですよ。

似顔絵が手元に届くまでの流れは?

まず、ネットで希望の商品を選んで注文します。注文後、アンケート用紙とリクエスト用紙がメール、郵送で届きますので、その用紙に記入して、両親の写真などを添付して返送しましょう。

返送が終わったら制作に入ります。完成後は、指定の額装をし、郵送で納品されます。

いつまでに注文すればいいのか

写真を返送したタイミングで制作が開始されます。納期までは3週間から1ヶ月の時間がかかりますので、なるべく早くから取り掛かかりましょう。

注文時はプレゼントを渡す日程も記入を求められ、遅くとも渡す日のの1週間前には納品されるように考慮されます。ぎりぎりになると焦ってしまいますので、余裕をもって発注するようにしてください

どんな写真が似顔絵制作に最適なのか

写真は似顔絵の仕上がりを左右する大切な素材です。似顔絵師たちは、写真を元に制作しますので、できるだけ大きく顔の写った写真がベストです。

顔のパーツ同士の配置をしっかりと認識できるよう、正面顔の写真を選ぶことも大切です。ピントが合った写真であることはもちろん、明るい場所で撮影された明瞭な写真がオススメです。

こんな写真は似顔絵制作に向いていません

顔が下を向いていたり、横を向いていたりする写真は似顔絵に適しているとは言えません。集合写真など、顔が小さく写っているもの、目を瞑ってしまっている写真なども、似顔絵には不適切です。

また、プリクラ写真や変顔などの写真も適しませんので、最適な写真がない場合は、写真を用意するところから始める必要があります。

気になる料金・支払いのこと

似顔絵の料金はどれくらいなのでしょうか。似顔絵色紙、サンクスボードなどを手がけるアート工房では、両親へのプレゼントに最適な「ありがとう色紙」という商品があります。

こちらは夫婦2名で13,500円(税抜)から。家族での似顔絵色紙を選ぶなら、19,000円(税抜)から発注できます。いずれも額縁・ラッピング付きですので安心です。また、支払いは写真やアンケート用紙などを返送するタイミングで支払います。

打ち合わせアリで安心して注文できる業社を選びましょう

アンケート用紙やリクエスト用紙を返送後は、絵師から電話連絡が入ることも。しっかりと打ち合わせをして、満足のいく似顔絵を制作してくれるので、仕上がりを見てがっかり・・・という危険性は限りなく少ないと言ってもいいでしょう。

大切な両親へのプレゼントですから、仕上がりを見て「残念」と思う前に、しっかりとした業社を選択することも重要です。

余裕をもって注文しましょう

似顔絵を注文する場合は、余裕をもって発注することが納得の似顔絵づくりの大切なポイントとなります。

初めて注文される方は、「どんな似顔絵にしよう」と迷ってしまうかもしれませんから、特に時間に余裕をもって注文するのがいいでしょう。

似顔絵のデザインはどうするか、どの絵師を選ぶかなど、決めるポイントもたくさんあります。じっくりと選ぶためにも時間が必要です。

ギャラリーページを参考にするのもオススメ

ネット通販では必ずと言っていいほど、ホームページにギャラリーのコーナーがあります。

今までに制作した実際の作品を見ることで、「こんな似顔絵がいいな」とイメージが湧きやすくなり、注文がスムーズに。大切な両親へのプレゼントですから、しっかりと検討して、素敵な似顔絵を注文できるといいですね。

著者:杉浦優子

フリーランスライター、フォトグラファー
アイコン
杉浦優子のfacebookアイコン
WEBコラムを中心としたフリーランスライター。美容、アート、子育てなど、女性向けのコラムを執筆しています。自信もフォトグラファーとして活動しており、写真のワークショップなどを開催中。

過去に、印刷会社の営業職、児童館指導員、カフェスタッフ、求人広告ライターなど、さまざまな職を経験し、フリーランスライターの道に。

写真は人生のライフワークとして続けており、多くの人に写真の楽しさを知ってほしい気持ちから、写真教室・ワークショップなどの講師をすることになりました。

最近注目しているのはオウンドメディア。面白いコラムなどを求めて、話題のサイトをめぐっています