子宮の冷えを改善する温活で、つや肌、つや髪、美ボディを手に入れよう|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
11,917 views
2015年10月21日
子宮の冷えを改善する温活で、つや肌、つや髪、美ボディを手に入れよう

子宮を温めて、美しい肌や髪、メリハリボディを手に入れられるシンプルな美容法。厳しいルールなし!ストイックになる必要もないのに、美しく健康になれるうえ、心までも健康になります。健康的な美しさと安定した心でよりよい人生を歩んでみませんか。

WEBライター
  

つや肌、美ボディのカギは子宮にあった!

こんなにゆるくて手軽な美容法があったのか!知っているようでよく知らない。女性だけにある臓器、子宮。その子宮を温める美容健康法です。子宮をぽかぽか温めてあげることで、つやのある肌、つやのある髪、そして女性らしいボディラインを手に入れるができるんです!さらに、つらい生理痛ともさよならできます。
1子宮あたため
美容法といっても、子宮を温めるだけ!というゆるゆるなアプローチです。内側からにじみでるような健康的な美しさを手に入れて、女子力をアップさせましょう!

子宮の冷えをチェック!こんな症状ありませんか?

・生理に関するトラブルがある(生理痛や生理不順など)
・肩凝りがある
・頭痛持ちである
・便秘である
・冷え症
・下半身太り
・かかとがカサカサ、冷たい
・感情の起伏が激しい、ネガティブな思考、何もかも面倒くさい

これらは、子宮が冷えているサイン。体の「気」「血」「水」の巡りが悪いので子宮が冷えるのです。典型的なものは生理にまつわるトラブルですが、病気が隠れていることもあるので、お医者さんに相談することも大切です。
特に太ももは大きな筋肉なので、滞りがあると回って来た血や水分や老廃物が太ももに溜まってしまい、下半身が太くなります。

体内の循環が悪いと子宮も冷える

漢方では「気」「血」「水」に乱れがない体を健康とします。この「気」はエネルギー、「血」は血液の成分その他、「水」はリンパ液や尿など体の中の水分です。このいずれかに滞りがあっても未病といって病気ではないけれど病気に発展する可能性を表します。つまり、この3つのうちどれかが滞ると体は不調に傾いているのです。

ところが、
子宮を温めてあげると、この「気」「血」「水」がきちんと循環する、調和のとれた体になるのです。自律神経のバランスがとれると、女性ホルモンの分泌も活発になります。

つや肌に重要なエストロゲンと子宮の関係

子宮が温かい状態だと卵巣から、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが正常に分泌されます。エストロゲンは美肌を作ることで知られています。子宮が冷えていると卵巣からエストロゲンが正常に分泌しなくなり、肌は潤いをなくして肌荒れを起こします。
エストロゲンはメリハリボディや、つやのある髪、つやのある肌を作るのに欠かせません。さらに、健康面では丈夫な骨を作り、血管を強くしてコレステロールの上昇を抑えます。女性ホルモンは女性の健康や美しさや若々しさのために欠かせないものなのです。
そして、子宮を温めると精神も安定するようになっています。子宮を温かい状態にしておくと美しさも健康も同時に手にすることができるのです。
子宮あたため2

感情の臓器・子宮はストレスを受けやすい

実は、子宮は心ともリンクしています。子宮の冷えは月経のトラブルや体調不良につながり、精神も不安定にしてしまいます。
子宮はストレスを受けやすく、あなたのネガティブな感情もため込んでしまう臓器でもあるのです。子宮を温めてあげると心と体を同時に癒すことができるのです。
心と子宮のつながりや女性として幸せになりたい方、もっと詳しく知りたい方は、性愛セラピストで人気ブロガ―「子宮委員長はるちゃん」のブログがとても参考になるので必読です!
子宮委員長はるの子宮委員会
http://ameblo.jp/jj-haru/

子宮が冷えてしまう悪習慣をチェックしてみよう

・運動不足である
・1年中エアコンをフル活用、室内温度と外気温に差がある生活
・甘いものや冷たいものが好き
・ファーストフードをよく食べる
・石油製品などから環境ホルモンを摂取している
・液晶画面の光を長く見ている

現代人は、ついやってしまいがちなことばかりではないでしょうか。仕事柄避けられないこともあるでしょう。これらの習慣は子宮を冷やすものですが、あまり神経質になると今度はストレスになってしまい逆効果です。出来る範囲で改善するようにしましょう。子宮さえ温めていればいいと思うぐらいのゆるさが必要です!

つや肌を目指して子宮温活を始めよう!

つや肌、つや髪、美ボディになるには子宮を温めればいいということがわかったところで、いざ実践へ!
子宮あたため3

下半身の筋力アップを意識して動いて温めよう

子宮を温めるには筋力も必要です。
腹式呼吸 
体の巡りをよくするためです。鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、口から息を吐きます。吐く方が吸う方の倍の長さが理想的です。最初は短い時間から始めて、だんだん時間を伸ばします。
歩く
子宮を意識しながら、骨盤から足が生えているようにイメージして歩くことを心がけるといいですよ。特に太ももには大きな筋肉があるので、滞りがあると巡って来た血や水分や老廃物が太ももに溜まってしまい、下半身が太くなります。
ウォーキングができればいいですが、時間のない方は駅まで歩く、階段をつかうなど極力足を使いましょう。ダイエットにもなります。
腰回し 
足を肩幅に開いて、手を腰にあて骨盤を回します。右回し、左回しを気持ちいいと感じるだけ回します。8の字を描くのも効果的です。
ハーフスクワット
スクワットを太ももが床と平行になったところで上体を起こします。壁に手をついてもOKです。
ふき掃除をする
拭く、掃く、はたく、という昔ながらの掃除法は子宮を温めてくれます。生活にうまく取り入れてみるといいですね。
くどいようですが、全部やろうと必死にならないでくださいね。あくまでもゆるく!ストレスは自律神経と関係があるので楽しんでやれる範囲にしておいてくださいね。

首、手首、足首を冷やしてはダメ

これは昔から言われていることです。「首」「手首」「足首」の3か所を隠すことで温かさをキープする先人の知恵です。逆にこの部分を冷やすと体も冷えます。皮膚が薄く、皮下脂肪がほとんどなく、動脈、静脈が通っています。3首にあたる部分が冷えると血液の温度が下がってしまい、体を冷やすことになるのです。

お風呂でゆっくり湯船に浸かろう

じんわり温めてあげたい子宮。できればゆっくり湯船に浸かって温めたいもの。
38度~40度のぬるめのお湯に30分ぐらい浸かれるといいですね。市販の入浴剤を入れてもいいし、日本酒(合成酒除く)を入れるとよく温まってデトックス効果もあり、肌の調子も良くなりますよ。

効果的なツボやリンパを集中して温める

どうしてもシャワーしかできない人はちょっとした工夫で体を温めることができます。
1.まず、頚椎の根元にある風門というツボにシャワーを当てます。これだけでもかなり温まるのが実感できるはず。洗面器にお湯をはって足湯しながらというのも効果的です。
2.そして、脇の下、そけい部、膝裏、足首の内側にもシャワーを当てるとリンパの流れもよくなります。
3.温水と水を交代で浴びると、よく温まって湯ざめしにくくなります。
注意したいのは、風呂上り。シャンプーして濡れた髪をしっかり乾かさないと子宮を冷やしてしまいます。濡れた髪のまま寝てしまうということがないようにしてくださいね。

ぽかぽか子宮をサポートする神アイテム3つ

食べものに気を使うのも運動も面倒くさい方のために、心強い助っ人をご紹介します。

使ってみたくなる可愛い柄の布ナプキン

最近普及してきた、布ナプキン。子宮を冷やさないサポートアイテムです。
布ナプキンに変えただけで生理痛がなくなったという人もいます。
でも可愛いものが少ない!と嘆いている方は多いのでは。子宮委員長はるちゃんのお母さんが製作している、坂本布なぷきん製作所の布ナプキンをチェックしてみてください。どれも華やかで可愛いですよ。

(出典:坂本布なぷきん製作所)

東京・目黒にあるはるちゃんの「あとりえ林檎」で買えるほか、近日通販開始予定のようです。
はるちゃんの「あとりえ林檎」
http://ameblo.jp/jj-haru/entry-11648286924.html

ふんどしパンツとはらまきでおなかを守ろう

下着の締めつけが原因で子宮が冷えることがあります。そんなときにおすすめなのが、ふんどしパンツです。最近は市販されていますね。
ゴムではなく紐で自分に合った位置で結ぶというもの。無駄な締めつけがなく、リラックスできますよ。
ふんどしパンツにも可愛いデザインがあり、勝負下着にできそうなほど華やか。誰にも見せなくても可愛い下着って気分が上がりますよね。昼間はちょっと・・・という抵抗がある方は、夜だけ「ふんパン」を試してみてはいかがでしょう?

また、最近は可愛いはらまきが売られています。ヒートテックのような薄い素材で、アウターに響かないものもありますね。お腹が冷える方には特におススメです。ちゃんと子宮も温めてくれます。

ナチュラルゆたんぽ・おーちゃんのぬか袋

温活最強アイテムでおすすめなのが、はぐくみ女子「おーちゃんのぬか袋」!子宮は体の外から温めることも有効です。ゆたんぽで腰やおなかをじんわり温めてもいいですよね。だけど、ゆたんぽの上には座れません。
「おーちゃんのぬか袋」は、ナチュラルな素材でできていて、座れる、巻ける、乗せるというさまざまな使い方ができます。
(出典:おーちゃんのぬか袋)

布製の袋の中にお米とぬかと塩を混ぜたものが入っていて、電子レンジでチンして使います。このぬか袋には水分も微妙に含まれているため、じんわり温めてくれて気持ちがいいのです!大、小、首用、腰用、座布団など5タイプあります。座布団タイプの上に座っていると、おりものがツーと流れてくるのがわかります。ライナーがいるぐらいですよ。
「おーちゃんのぬか袋」詳細と購入はこちら
おーちゃんのはぐくみ人生
http://ameblo.jp/o-chan0220/entry-11768386793.html

子宮を温めると免疫がアップして幸せになる

ストレスの多い現代社会。心も体も健康でいるために、さまざまなサプリメントや健康法があります。デトックスにハマったことのある方は多いでしょう。

女性の場合、子宮を温めるだけで、体温を上げ、免疫も挙げることもできます。そして、心も前向きになり、メリハリボディを手にし、つや肌、つや髪という武器を手に入れたあなたはどんなに素敵な女性でしょう。女性としての自信も手にできるのです。

前向きになると新しい出会いがあったり、パートナーとの関係も改善されたり、嬉しいおまけつきです。子宮温活は女子にとって欠かせないといっていいかもしれません。あなたもゆる~く子宮温活を始めてみませんか。

著者:坂井一葉

WEBライター
アイコン
日は浅いですが、他社とWEBライターとして契約しています。
もともと文章を書くのが好きで、文章を書くことについて、子供の頃から新聞記者だった父のしつけが厳しく、いつの間にか得意なことの一つになっていました。
主婦として母として過ごしてきたことから生活全般についてや美容、恋愛、ファッションなど女性が興味を持つジャンルが得意です。
生活や社会に関する記事も書きます。
テーマやキーワードとその方向性を示して頂ければどのジャンルでも記事にします。私は極力短文でシンプルな構造の文章に仕上げるようにしています。
自分に興味があってもなくても記事は書けると思います。
興味のあることで言えば、吉本興業所属の若手コンビ、ラニーノーズと彼らのもう一つの活動であるパンクバンドRunny Noizeに関しては吉本興業に権利のない写真も自由に使用でき、本人たちから聞いた話などを文字にしても良いという許可を得ています。
Runny Noizeをはじめとする大阪で活動するバンドの紹介などが書けます。