不安や悩みがスッキリ!公園や自宅でできる”グラウンディング”8選|トピックスファロー

  • 美容・ファッションライターの求人
3,306 views
2015年10月5日
不安や悩みがスッキリ!公園や自宅でできる”グラウンディング”8選

余計なことを考えてしまい、やるべきことに集中できない。そんな方は、もしかしたら自然とのつながりが弱くなっているのかもしれません。私たちのルーツである自然界とのつながりを強めることで、自信をもって日々を過ごせることができるようになります。

ライター
  

グラウンディングという考え方

余計な考えごとばかりしてしまって、現実的な問題を後回しにしてしまう。そんな方は「グラウンディング」ができていないのかもしれません。

グラウンディングとは、地に足をつけて生きるという意味。スピリチュアルに興味のある方なら聞いたことがある言葉だと思います。グラウンディングがしっかりとできていれば、周囲の批判や自分自身の不安や恐れといったマイナスの感情に振り回されずに、自分らしく落ち着いて生きることができます。

草原と青空_11586546_M

考えることにエネルギーを使いすぎるから心が不安定になる

グラウンディングができていないと、周囲の環境に振り回されて心が不安定になり、建設的な考え方ができなくなってしまいます。

グラウンディングができていない状態というのは、思考にエネルギーを使いすぎている状態。頭でっかちになって、自分の考えや感情に縛られて視野が狭くなり、ネガティブな部分しか見えなくなっています。そのせいで自分に自信が持てなくなって周りの意見に翻弄されたり、現実逃避をしてしまったりするのです。

その状況を改善するには、考えることをやめて「感覚」に意識を向ける時間をとる必要があります。思考は周囲の環境に影響を受けますが、感覚は正直。気持ちや感覚を大切にすることで、心が安定して本来の自分でいられます。

でも、思考を自分の意思で止めるのは至難の技。考えることを止めようとしても、次から次と考え事は浮かんできます。考えることを止めるには、何か「自分を超える大きな存在」に触れる必要があるのです。その大きな存在というのが「自然」です。

自然とのつながりを強めることで心は安定する

視界の限り広がる空。私たちが生まれる前から同じ形で存在し続ける広くて深い海。私たちの状況がどんなに変わろうとも、毎日変わらずに同じ場所に立ち続ける木々・・・。 自然と触れ合うと、狭くなっていた視野はバーンと広くなり、心は解放されます。そして、自分はなんてちっぽけなことで悩んでいたんだ、と思えることでしょう。

他の記事でも自然とふれあうことのメリットをご紹介しましたが、今回は自然とつながるための具体的な方法を紹介します。どの方法もとっても簡単。お家の中でもできる方法もあるので、ぜひ試してみてください。

公園でできるグラウンディング3つ

菜の花と小鳥_16070578_M

自然とふれあえる場所といえば公園。お気に入りの公園に行って、これからご紹介することを試してみてください。心の奥深くからリラックスする感覚が感じられるはずですよ。

1.裸足で歩く

裸足で歩く_1943513_M

グラウンディングには芝生や土の上を裸足で歩くのが効果的。裸足で歩くことで、足の裏からダイレクトに自然のパワーをもらえます。「足が汚れちゃう」と、はじめは躊躇してしまうかと思いますが、普段感じることのない足の裏の感覚はやみつきになるはず。

特に普段ヒールの高い靴を履いている方は、しっかりと足の裏全体で地面を踏みしめて歩くように意識してみてください。足の裏が刺激されることで、頭もシャキっとしてきます。 石ころで足の裏を傷つけないように注意してくださいね。

2.寝転ぶ

一面の芝生_1964753_M

芝生の上でごろんと大の字に寝転がって、大地のエネルギーを体全体から吸収してみてください。直接寝転がるのは抵抗があるという方はレジャーシートを敷いてもOK。

縮こまっていた体をぐーんと伸ばして、広い空を眺めれば気分もすっきり。日頃のストレスも吹き飛びます。そのままお昼寝しちゃうのも気持ち良さそう・・・。目覚めた瞬間に、良いアイデアが浮かぶこともありますよ。

3.木に抱きつく

大樹を見上げる_1768147_M

公園で大きな木を見つけたら、ハグして木が持っている自然のエネルギーをもらいましょう。長い年月をかけて大きく成長した大木には、エネルギーがたっぷりつまっています。

さらに、樹木からは「フィトンチッド」という物質がでています。この物質、殺菌力があると共に癒しと安心感を私たちに与える効果があるんです。だから、木に体をくっつけると安心感を得られるはず。

「ひとりで木に抱きつくのはちょっと・・・」という方は友達や家族に付き合ってもらって、みんなでわいわい「大木ハグ」を楽しんでみてください。

東京都内でおすすめの公園

木漏れ日_304080_M

1.新宿御苑

都心に暮らす人たちの憩いの場になっている新宿御苑。広々とした園内を歩いていると、心も大きくなるような感覚に。きれいな芝生が敷かれているので、裸足で歩いたり、寝転んだりするのにぴったり。レジャーシートを敷いて寝転んでいる人の姿も多く、みんな、のびのびと思いのままに楽しんでいます。堂々とグラウンディングしてみましょう。

2.代々木公園

新宿御苑と並んで都会を代表する公園といえば、代々木公園。ブランドショップが並ぶ青山通りからほど近いので、お買い物の後、ほっと一息つきたいときに便利な場所です。

入口から近いエリアは混み合っていて賑やかなことが多いですが、そこを通り抜けて奥に進むと、背の高い木々が生える、ひんやりとした空気の落ち着いた雰囲気に。木を触りながらゆっくり歩いていると、不思議と心が落ち着きます。

3.小金井公園

新宿から電車で30分ほどのところにある小金井公園。駐車場もあるので、車で行くこともできます。週末は家族で賑わう小金井公園。バーベキュー広場やドッグラン、テニスコートや野球場といったスポーツ施設も併設しているので仲間を連れて一日中楽しむのにぴったりです。

小金井公園の魅力は、広大な敷地と四季折々の自然を楽しめるところ。春には桜が咲いて、秋にはキンモクセイ、冬にはロウバイやウメの香りを楽しめます。芝生の広場でレジャーシートを敷いて、自然の香りを楽しんでください。

海でできるグラウンディング2つ

青い海と広い空_10499694_M

次にご紹介する場所は海。どこまでも広がる海をみていると、それだけで心が穏やかになってきます。海の溢れるエネルギーを十分に受け取る方法をご紹介します。

1.海水浴をする

海の監視員さん_1614607_M

最もエネルギーを貰えるのが海水浴。個人差はあると思いますが、私の場合は海水浴をした日から一週間は、体にエネルギーがあふれている感覚を得ることができます。どっしりと安定した気持ちで生活を送れるようになる気がします。

寒い時期や泳ぐのが苦手という方でも大丈夫。波打ち際に足を浸すだけでも効果があります。できれば裸足で砂の感覚を足の裏で感じながら、海の中を歩くといいでしょう。

2.砂を触る

巻貝_6439389_M

海に入らなくても、浜辺で砂を触るだけでもグラウンディングの効果があります。大人になると砂を触る機会はほとんどありませんよね。なんとなく砂を触っているだけでも心が落ち着いて、自分の中の鈍っていた感覚が蘇ってくるのを感じることでしょう。小さな頃の思い出が蘇ることも。

子供のときは誰もが自分の感覚や気持ちに素直だったはず。成長と共に鈍くなってしまった自分の感覚や気持ちを感じる力を、砂に触れることで取り戻しましょう。

東京近郊でおすすめのビーチ

私がおすすめする東京近郊のビーチは神奈川県の辻堂海岸です。新宿から電車で1時間で行けますよ。おすすめする理由は、ビーチの近くに辻堂海浜公園という公園があるから。芝生の広場があるので、海水浴を楽しんだ後に公園でピクニック、なんていう楽しみ方ができるんです。

芝生の広場は約2ヘクタールもあるので、解放感たっぷり。ヤシの木が植えられているので、まるで南の島のリゾート地にいるような気分になります。海を楽しんだ後に芝生で横になれば、エネルギー充電はばっちり。しばらくは元気に安定した気持ちで過ごすことができるのではないでしょうか。

家でできるグラウンディング3つ

箱庭_14397082_M

忙しくて公園や海にでかける時間がないという方のために、お家にいながらできるグラウンディングの方法を紹介します。

1.瞑想とイメージング

瞑想_17142440_M

今では欧米の大手企業でも社員研修に取り入れられている瞑想。睡眠をとった後と同じ疲労解消効果があり、気持ちが穏やかになり、集中力や判断能力がアップするとして注目されていますね。この瞑想をすることも、自分の軸を安定させるのに効果的。

グラウンディングの効果を高めるには、地球とつながるイメージングをしながら瞑想をします。自分の体と地球の中心が一本の紐でつながっていると想像をしながら目を閉じます。

普段色々なことを考えてしまっている人ほどイメージするのが難しいと思います。私も最初はできませんでした。でも、毎日続けることで段々とできるようになるので大丈夫。個人差があると思いますが、私の場合、イメージができたときは思考に集中していた意識が分散して頭が軽くなり、自分がやるべきことがわかるようになります。

2.ガーデニング

花のプランターと剪定ばさみ_2353447_M

お家で簡単にできるグラウンディングの方法に、ガーデニングがあります。先ほど、砂を触ることがグラウンディングにつながると紹介しましたが、同じように土を触るのもグラウンディングに効果的。

植物を育てることを通して土を触る機会を増やしましょう。庭がなくても、プランターでお花を育てるだけでも効果はあります。大切なのは土を触って植物を育てるということ。

水をあげて、植物の様子を確認する。これを毎日行うことで自然とのつながりが深まります。

3.太極拳

太極拳_11868548_M

「しっかりと地を踏みしめる」ということで、足腰を鍛えるのもグラウンディングには大切。足腰の強化と聞いてすぐに思い浮かぶのはスクワット。スクワットでもいいのですが、私のおすすめは太極拳です。

太極拳は流れるような動作で決められたポーズをとっていくスポーツ。瞬発力は使わないので、スポーツが苦手という方でも取り組みやすいと思います。中腰や片足立ちなど足腰の筋力を使うポーズをゆっくりととっていくので、かなり足腰の強化になります。上半身も足腰と連動して動かし続けるので、全身をバランスよく鍛えることができますよ。

さらに、太極拳には気功の考えが取り入れられています。自分自身のエネルギー(気)を意識しながら動くことで、精神の安定につながります。以前、太極拳をスポーツジムで習っていたことがあるのですが、1時間のプログラム後にはとても穏やかな気持ちになりました。

グラウンディングで本来の自分を取り戻す

草木の芽

少し感覚的な内容にはなりましたが、グラウンディングは私たちが現代社会を健康的に生きるために大切なことだと思います。毎日、周囲の状況に合わせて頭ばかり使っていれば、自分の軸がぶれて心が不安定になるのは当然。自然とふれあい、感覚に意識を向ける時間を意識的にとり、頭と心と体のバランスをとるようにしましょう。

著者:kodama nao

ライター
アイコン
アート専攻。アートとその周辺への愛を文章に込めます。イラスト&デザイン&写真などなど視覚芸術の制作も大好き。好きな言葉は「柔軟な対応」です。