唇の皮むけで悩む女性が急増中!原因となる5つの生活習慣|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
1,919 views
2014年2月13日
唇の皮むけで悩む女性が急増中!原因となる5つの生活習慣

冬場になると唇の皮むけが気になってしまうものです。毎日ケアしていても難しいものですから、注意点をご紹介します。

WEBライター
  

唇の皮むけの原因まとめ

毎日ちゃんとリップケアしているようでも、直ぐに唇の皮がむけてしまう方もいるでしょう。原因は意外なところに隠れていて、生活習慣に問題が出ている可能性があるのです。どのような事が症状を酷くしているのか知ってみましょう。

唇が乾いてしまう理由

唇は元々デリケート

唇には皮脂腺がないため、油分を分泌させる事ができず乾燥しやすい時期には、唇の皮むけが発生してしまいます。乾燥しやすい冬の時期、肌に保水力が無くなっているときなどは注意しなければなりません。元々唇はデリケートで直ぐに水分が蒸発しやすい箇所なのです。

紫外線によるダメージ

唇にはメラニン色素が無く、紫外線のダメージをもろに受けてしまいます。紫外線が多い夏にはUV効果が高いリップケアを使用したり、紫外線止めクリームを少量塗ってカバーするようにしましょう。海に行った日に唇が乾きやすいのは、紫外線のダメージが蓄積したからです。

こんな生活習慣が酷くする

唇をなめる

意外とやってしまいがちなのが、唇をなめてしまう事です。唇には元々皮脂腺が無く乾燥しやすいと説明しましたが、なめることでより水分が蒸発しやすくなってしまいます。皮膚に水分が付くとその水分が蒸発する際に、一緒に皮膚にある水分まで奪う性質があるため、なめる癖がある方は避けてみてください。

皮をむかない

もし唇が乾燥して皮むけしても、絶対に皮をむかないで下さい。ついつい指で剥がしてしまいたくなりますが、症状を更に悪化させる原因となってしまいます。その部分から細菌が入り込んで炎症を酷くする事もあるのです。どうしても皮が気になるなら、眉毛をカットする小さなハサミを使い先端部分のみ優しくカットしてください。

肌に合わない口紅

女性の場合は口紅の種類にも気をつけてみましょう。添加物が入っていてそれが刺激となっていたり、天然の色素成分でも肌が弱い人だと植物成分にかぶれてしまう事もあります。休日にはリップの使用は避けてみて症状が治まるようなら、もしかしたらその口紅が合っていなかったのかもしれません。また、落ちない口紅の場合は落す際に必要以上に擦ってしまうのも原因となります。汚れを優しく浮き上がらせるタイプのクレンジングに変えてみましょう。汚れは擦れば落ちるわけではなく、オイルで優しく浮かせることもできるのです。

過剰なケアで肌が弱くなる

肌には元々潤いを保つ力が備わっていますが、過剰にリップケアを続けてしまうと、その力が衰えてしまう事があります。肌自身が綺麗になる力を出し切れなくなってしまいます。薬用リップをしばらく止めてみると、逆に潤いがアップする事がありますので試してみましょう。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇