旅行先のホテルビュッフェ攻略法【モーニング・ランチ食べ放題】|トピックスファロー

  • フリーライター求人
6,025 views
2015年2月5日
旅行先のホテルビュッフェ攻略法【モーニング・ランチ食べ放題】

旅行先でホテルに泊まった場合、楽しみの一つにモーニングビュッフェやディナービュッフェがありますよね。本日は、いかにホテルビュッフェで時間内に全種類食べれるか?その攻略法を伝授したいと思います!

元大手お笑い芸能プロダクションマネージャー
  

ビュッフェスタイルが増えています

tasty appetizer

国内旅行でビジネスホテル以外の1泊2食付きホテルに泊った場合、朝食か夕食がビュッフェ形式と言うケースが最近増えているようです。せっかくの旅行ですから、すべてに満足し楽しみたいものです。

最近では、函館にあるホテル「ラビスタ函館ベイ」の「日本一の朝ごはん」がメディアに取り上げられたりしました。ここでは地元産のごちそうを集め、ビュッフェスタイルで宿泊されたお客様に食事を提供しています。

ホテルのビュッフェは、いわゆる食べ放題のお店のように90分間など時間制限はありませんが、朝食であれば6:30~9:00など、一応時間は決まっているところが多いです。

大食い選手権の番組に出る様な強靭な胃袋を持った方じゃないと2時間、3時間ずっと続けて食べられるものでもないですよね。満腹と同時に食べ物に対して悪意が出てきてしまう可能性も否定できません。せっかく美味しいものを頂いてるのにこんな悲しい事ありません。

そこで今回は、いかに効率よくかつ最短で全種類+自分の好きなものを食べるかの方法をお教えしたいと思います。

ビュッフェを最大限に楽しもう!

・下見
ビュッフェ会場となるお店を下見できたらしましょう。イメトレにもなるし、モチベーションUPにもつながるはずです。

ビュッフェに行く前は?
少しはお腹にモノを入れておいた方が食べられます。急に最初から飛ばして食べてしまうと、胃腸にもあまり優しくありませんし、短時間でお腹一杯になってしまう可能性もあるからです。
ホテルの売店で買ったチョコを2つぶくらい事前に食べておきましょう。

・おススメの服装は?
スウェットまたは備え付けの浴衣など楽な服装で行くことをおススメします。沢山食べればお腹も苦しくなりますしね。たとえ彼氏彼女との旅行でも、そこはオシャレなどせずビュッフェに臨みましょう。そんな事で嫌気がさすような彼氏彼女でしたらこの先長く続きません。

・まずは全体像を把握するべし
まずは何も取らず、ビュッフェ会場を1周しましょう。そこでその日に提供されている食べ物を一通り頭に入れて、自分なりの食べる流れを想像しましょう。
この食べ物は少なめに取ろうとか、コレは好きだから少し多めに取ろうと。全種類制覇だけが目標だったら一口ずつでいいですが、せっかくなのでビュッフェを楽しみたいですし、好きなものはやっぱりたくさん食べたいですよね。

・食べ物を取りに行く前は?
とりあえず飲み物やお箸、ナイフフォークなど備品を揃えましょう。備えあれば憂いなし。準備は万全に!飲み物は朝ならオレンジジュース、夜ならアルコール飲料などありますが論外です。ウーロン茶など油の分解を助けてくれるようなお茶をチョイスしましょう。しかし水分は満腹の大敵、必要以上な水分は控えること。

・山盛りはダメ、綺麗に盛っておいしくいただく
deza-to 視覚というのは満腹中枢ととても密接な関係にあります。料理をしているうちにお腹いっぱいになることもありますもんね。そのため、食べ物の盛り方は極めて重要です。
山盛りにせず、綺麗に盛り付けすること。フランス料理など少しづつお皿に乗ったものはいくらでも食べられちゃうと感じるのと一緒です。

・食べる順番のコツ
最初は塩味のものや味の薄いもの、脂分が少ないものから食べましょう。はじめから味が濃い、脂ぎっしりなものを食べてしまうと飽きてしまう可能性があるからです。

・ペースを乱さないことが大切
ペース配分は大事です。先ほども言った通り丸々時間いっぱい食べ続けることは不可能です。食べる前に自分で時間を決めてしまうのもいいでしょう。やはりリミットは1時間半~2時間の間でしょうか。1時間半ならずっと食べ続けられるようなペースを自ら作り、決して乱さないでたんたんと食べるのがベストです。

・スープ類や炭水化物などおかず以外の食べ物はいつ食べる?
スープ類は初めの方、炭水化物類は最後の方に食べるのがおススメです。何故ならスープ類は身体に入った後の消化スピードが早いからで炭水化物類は血糖値がすぐ上がって満腹中枢を刺激してしまうからです。

・多少お腹がいっぱいになってきらた?
キムチなど辛いものは、カプサイシンが入っているので、もしお腹いっぱいになってきたな、と思ったら素早く辛いものを取りに行き、お口直しに食してみましょう。

・スイーツや甘いものなどデザート系は?
いくら甘党さんでもお腹がいっぱいではない時に食べるのは個人的におススメいたしません。お口直しにスイーツを取りに行く方もおられますが、スイーツは基本お腹がいっぱいになってからがおすすめです。何故なら甘いものは別腹と言うように、食べると胃の活動が活発になり消化のスピードも早くなる効果が期待できるからです。

・それでもお腹いっぱいになったら?
トイレまで早足で歩いたり、ビュッフェ会場を食べ物何も見ずにひたすら歩いてみましょう。多少胃から腸に食べ物が落ちたり、消化の手助けになるかもしれません。

皆さんいかがでしたか?決して無理してはいけません。「楽しくビュッフェを食べる」これだけは忘れずに機会があったら試してみてくださいね。

著者:ジュンジュン

元大手お笑い芸能プロダクションマネージャー
アイコン
お笑いからアングラ、政治経済、医療までオールジャンル得意です。すこし世の中をナナメから見て、面白い文章を書ければと考えています。