通販でクレジットカードを上手に使うヒント|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
1,395 views
2012年12月14日
通販でクレジットカードを上手に使うヒント

クレジットカードは分割後払いが出来るため、使い方によっては大変な負債を抱える原因にもなるものです。しかし、上手に使えばとても便利な生活必需品となってくれるものです。通販で必要不可欠になりつつあるクレジットカードの上手な使い方について解説していきます。

WEBライター
  

通販トラブルに巻き込まれない、クレジットカードの賢い使い方

通販トラブルにおいて、クレジットカード関連のトラブルは致命的なものになりがちです。なぜなら、ネット通販ではカード番号とセキュリティ番号をセットで入力するため、万が一番号が流出して悪人の手に渡った場合、ネット上では自由に買い物が出来てしまうからです。しかも、カードそのものを無くしたわけではないので、使用明細書が届くまで流出していたことに気付かないケースもしばしばあるのです。
また、クレジットカードでの購入は現金のやり取りが無いため「お金を使った実感」が薄く、返済範囲を超えた買い物をしてしまうことさえあります。

このようなトラブルに巻き込まれないためにはどのようにクレジットカードを使えばいいのでしょうか。

番号盗難の被害を防ぐにはデビットカードが一番

クレジットカード番号の流出・盗難は、ネット通販で起こりやすいトラブルの一つです。店頭でのクレジットカードの利用にはカードの現物が必要になりますが、ネット通販の場合はカード表面に記載されている番号とカード裏面のセキュリティ番号をパソコンから入力すればカード情報が店側に渡る仕組みになっています。そのため、ネット上でのカード番号の流出・盗難はカード盗難やスキミングよりも簡単にできてしまうのです。

このようなカード番号の盗難による金銭的被害を抑えるためには、デビットカードの利用が有効です。デビットカードは銀行口座のキャッシュカードを買い物の際に使えるようにしたカードのことで、クレジットカードが持てない年齢や職業の人にも利用できる便利なものです。
デビットカードは利用限度額=口座残高で一括払い限定なので、口座残高以上の買い物が出来ないため、万が一カード番号が流出しても被害は最小限に抑えられるのです。

利用限度額を抑える

クレジットカードには利用限度額が設定されていて、たとえば50万円までなら計50万円分の支払いをカード払いで行うことが出来ます。逆に言えば、利用限度額が大きければその分だけ返済額が増える危険性があるということです。
ネット通販での買い物はクリックひとつでなんでも買えてしまうので、あれも欲しい、これも欲しいとやっているとたちまち利用限度額いっぱいまで使ってしまうことになりかねないし、大抵1回払いなので翌月の請求が大変なことになりかねません。

ネット通販で使うクレジットカードは、利用限度額を最小額まで抑えておくようにすることが無駄遣い防止や盗難時の被害を最小現に食い止める手助けになります。
ただし、限度額を抑えると限度額以上の高額商品をネット通販で買うのが困難になるので、考え物です。

ポイント還元でさらにお得に

クレジットカードやショッピングモールサイトの中には使った額に応じてポイントが加算される仕組みを取っているものが多くあります。つまり、買い物をすればするほどポイントが還元されるというわけです。

ポイント還元セールなどを利用してポイントを貯めるのも、賢いクレジットカードの使い方の一つです。ポイントを貯めればランクが上がって還元率が向上するサイトもありますし、溜めたポイントは買い物の際に現金の代わりに使うこともできます。
ただし、ポイント還元のためにクレジットカードを使うのは本末転倒なので、あくまでもおまけであるということを認識した上でポイントシステムを利用することを心がけなければなりません。

著者:佐久間和夫

WEBライター
アイコン
WEBライターです。型にはまらず様々な情報を発信していきます。好きなものは酒、おつまみ、自転車。