最強ツヤ肌メイクでエイジレスな美肌へ。道行くだけで羨望の的|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
1,614 views
2012年9月21日
最強ツヤ肌メイクでエイジレスな美肌へ。道行くだけで羨望の的

ツヤ感を強調した肌はエイジレスな美肌効果もあってGOOD◎。しかもギャルっぽくなり過ぎないで、ヘルシーなゴージャス感のある顔に変身できます。リゾートにもピッタリ合う【最強ツヤ肌】をマスターしてエイジレスな美肌に差をつけよう!

WEBライター
  

【ツヤ感重視】ヘルシー美肌×ラグジュアリーなリゾート風でエイジレスな印象に

ツヤ肌を意識したリゾート風メイクはそれだけでエイジレス感たっぷり。
しかもBBクリーム使用だからナチュラルに仕上がって美肌っぷりも底上げされるから、道行くだけで羨望の的?!

女ウケも必至なツヤ感重視メイクはオフの日のために覚えたい技です。

ヘルシー美肌を実現する【BBクリーム】を選ぼう

美思 チョボヤン BBクリーム
カバー力抜群のコリアン美人になれる?!BBクリーム

美容液、化粧下地、ファンデーションなどなど、ひとつで何役もこなしてくれるBBクリームがツヤ肌のキメテ。いわば、あなたの肌そのもの。
だから選び方は気を抜けないとっても重要なところです!
BBクリームはメーカーによってカバー力など違いがあるので実際に試して好みの仕上がりになるものを選びましょう。
韓国コスメのBBクリームはカバー力が高いのだそうです。

BBクリーム+メイクブラシ技でツヤ肌美人の座はもらった!

  1. リキッドファンデーション用のメイクブラシにBBクリームを片頬分のせます。
  2. ブラシに出したBBクリームをざっくりと頬に延ばしていきます。
  3. ブラシを往復させてBBクリームを延ばしていきます。
    頬はあごから斜め上の方向に引き上げる感じで、顔の内側→外側、下→上はやや力を強めに、外側→内側、上→下は力を抜きつつ、均一に延ばします。
  4. 両側の頬にBBクリームを塗り終えたら、ブラシに残った分でおでこ・目元・鼻を塗っていきます。
    目元は毛先をまぶたに沿わせる感じで内側から外側へ、鼻も毛先でなじませる感覚で。
  5. ブラシにBBクリームを少量とって、ティッシュで毛先に馴染ませてから、シミやそばかすの気になる部分に重ねていきます。
    目の周りなど細かい部分は毛先を使って、他はブラシの横で軽くトントンと叩きながら、しっかりカバーしていきます。
  6. 肌にやさしいパウダーブラシを使い仕上げのパール入りパウダーをのせツヤ感を底上げします。
    敏感肌の人は毛先ではなく側面を使ってもOK。
    透明なパウダーを使うとよりナチュラルな仕上がりになり、パウダリーファンデーションだとよりカバー力が高くオフィス向けの仕上がりになります。
  7. おでこは軽くこすってもOKな部分。艶が出て立体的に仕上がります。

チーク使いでヘルシーにツヤ感UP

クリームタイプのチークを使用します。
チークカラーをのせたら、こめかみ・黒目の下・頬の真ん中より下を結ぶ逆トライアングルの範囲に指を使ってぼかしていきます。
チークカラーは肌色にもよりますが、オレンジやブラウン寄りの落ち着いたカラーがヘルシーに仕上がります。
ピンク系はカワイイ系の王道でドーリーな感じに。

ツヤ肌を引き立てるポイントメイクでもっとエイジレス

ツヤ肌を引き立てるポイントメイクは、ヘルシーなのにラグジュアリーな大人顔を意識して。

ツヤ肌にマスト!リゾート風アイメイク

アイシャドーはクリームタイプのものをチョイス。
上瞼のまつ毛の際からアイホール全体に指で塗り広げていきます。
二重の場合は細めのアイラインを引いてもOK。
一重の場合はアイラインを太くし過ぎてしまうとまばたきに違和感を覚えられてしまいそう…。
アイラインよりもアイシャドウのグラデーションにこだわってみて。

下瞼のまつ毛の生え際に丁寧にアイラインを引きます。
下瞼に使用するアイラインの色は、ブラウン系だと肌色にナチュラルに馴染み、パール入りのグリーン系はよりリゾートっぽく若々しい印象に。

マスカラは根元から丁寧に。
ロングタイプのマスカラでラグジュアリーな目元を演出しましょう。

アイブロウは眉山を高くし過ぎないなどナチュラルを意識して精一杯の自然な眉がリゾート風。

リップはナチュラル&ヘルシーに引き立てる

リップはチークと同系色をチョイス。
指先を使ってリップカラーをのせましょう。あまりコッテリとさせないほうが、見た目が若く仕上がります。

上唇の山をリップブラシでクッキリとさせることでより若々しい印象の唇になります。

著者:塩屋 謙

WEBライター
アイコン
職業は編集・校正、そしてWEBライターでもあります。興味の範囲を広げつつ、様々な記事を書いています。