睡眠は美容に影響大!寝不足が肌荒れを引き起こすメカニズム|トピックスファロー

  • フリーのライターを募集しています
1,601 views
2013年4月22日
睡眠は美容に影響大!寝不足が肌荒れを引き起こすメカニズム

美しい肌は眠っている間に作られます。ゴールデンタイムに睡眠をとることで、ターンオーバー(新陳代謝)が促進されて肌細胞が生まれ変わり、美しい肌を作ることができるとされています。しかし、近年は時間帯ではなく睡眠の質が大切という説も…!?ここでは、肌荒れと睡眠の関係についてご紹介。

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

美しい肌には睡眠は欠かせない!新陳代謝と睡眠の関係

肌のハリ、キメ、ツヤ…健康的なお肌は眠っている間に作られます
「寝る子は育つ」と言いますが、よく眠った方がお肌も健康的に育ってくれるんです。

このお肌の成長に大きく関係しているのが成長ホルモン。成長ホルモンは、骨や筋肉を成長させるだけでなく、お肌の代謝を促進する働きもあるんです。

肌のターンオーバー」とも言いますが、肌の新陳代謝が促進されて、新しい細胞が作られ、肌細胞が生まれ変わり、美しい肌が作られるのです。

肌のゴールデンタイムって何!?

「肌のゴールデンタイム」「睡眠のゴールデンタイム」などと言われていますが、22時~2時の成長ホルモン分泌が活発になる時間帯を言います。

ただ睡眠時間をたくさん取れば良いのではなく、成長ホルモンが多く分泌する時間帯に眠っていることで、効果的に美容効果が得られるのです。

成長ホルモンの分泌がピークとなる22時~2時に眠っていることがベストではありますが、実際のところ夜10時までに寝るというのは、簡単なことではありませんよね…。

だからと言って、諦めてしまっては肌の生まれ変わりがスムーズに行われず、美しい肌を作ることができません。

少しでもゴールデンタイムの間に、睡眠時間を多くとるように努力する必要があるでしょう。夜10時までに寝るのが困難でも、12時までに寝る努力をするだけで大きく違ってきます。
美しい肌を作るために、少しでも早く寝るようにすることが大切です。

肌の新陳代謝

肌の新陳代謝(ターンオーバー)がスムーズに行われていると、約4週間で肌は新しい細胞に生まれ変わるとされています。
肌の奥で新しい細胞が作られ、約4週間で肌表面に出てきます。古い細胞は(垢として)剥がれ落ち、新しい細胞に入れ替わるのです。

新陳代謝がスムーズに行われないと、メラニン(色素)が剥がれ落ちずに肌の中に残ってシミとなったり、そばかす・くすみの原因になったりするのです。

新陳代謝の乱れは、シミやくすみだけでなく、肌の乾燥やシワなど多くの肌トラブルの原因となります。
新しい細胞に生まれ変わらずに、古い肌細胞のままなのですから、肌トラブルが起こるのも納得ですよね…!?

ゴールデンタイムに眠れない…という人に朗報!睡眠の質が大切という説

22~2時が肌のゴールデンタイムと一般的に言われていますが、眠りに入ってから最初の約3時間が成長ホルモンの分泌が活発になるため、その3時間の睡眠の質を高めることで新陳代謝をスムーズにすることができるという説もあるようです。

たとえ夜10時に眠ったとしても「眠り質」が悪ければ良いとは言えないでしょう。できるだけ早く寝ることも大切ですが、質の高い眠りを意識することも大切だということです。

現代人の多くが10時までに眠れていないのではないでしょうか。しかし、その分睡眠の質を高める努力が必要なのですね。

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。