【初めての転職】成功の鍵は情報収集!基本的な仕事の探し方5|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
1,385 views
2013年2月25日
【初めての転職】成功の鍵は情報収集!基本的な仕事の探し方5

学校卒業後一つの会社で働き続け、気付けばもう30代…。そろそろ違う場所でも自分の能力を試してみたい!という人に、転職に役立つ仕事の探し方を紹介しています。たくさん情報収集をして、自分に合った求人を見つけてくださいね。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

自分に合った方法で仕事を探そう!

今の仕事もそろそろ潮時かな…30代に突入して、転職を考え始めている人も多いのではないでしょうか。
良い転職先を見つけるためには、仕事の探し方が大事なポイントになります。

ハローワークをはじめ、新聞の求人欄、求人情報誌、ウェブサイトなど、様々な仕事の探し方があります。
近年はインターネットを駆使して、転職活動に励む人も増えている中で、定番のハローワークを含めた仕事の探し方をいくつか紹介していきましょう。

ハローワークで探す

まずは、定番のハローワーク。一般的には、一番多くの求人情報があると言われています。
ハローワークを通じて仕事を探す場合には、求職申込書に希望職種や賃金などを記入し、提出しなければなりません。備えられているパソコンを使い、希望の求人を探すことができますし、業種別や地域別に求人がファイリングされているので自由に閲覧が可能です。

また窓口に行くと、スタッフがパソコンで全国求人の中から探すのを手伝ってくれます。スタッフに相談しながら、仕事探しができる点がハローワークの良さと言えるでしょう。

新聞・求人情報誌で探す

新聞の求人欄や市販の求人情報誌などでも、仕事を探すことができます。
新聞に載る求人数は、昔に比べてかなり減っています。若い世代は、情報量豊富な求人雑誌を活用する人が多いでしょう。求人雑誌にはハローワークでは公開していない求人情報も多く、より沢山の中から自分の希望に沿った仕事を探せるはず。

写真付きで会社紹介されていることも多いので、どのような会社でどんな人たちが働いているのかを大まかにでも知ることができるのが、嬉しいですね。

求人情報サイトで探す

転職活動中は、この方法で仕事探しをする人も多いでしょう。
インターネット環境さえあれば、いつでも・どこでも求人情報をチェックできるので、とても便利ですね。
豊富な案件の中から自分に合った会社を見極める力が必要になりますが、少しでも多くの求人の中から探したい人には◎。オススメの求人情報サイトを挙げてみます。

マイナビ転職

業種や職種、地域などで絞り込み検索をかけて、希望の案件を探せる求人サイト。
パソコンサイトの他、モバイルサイトもあり、いつでも手軽にチェックできるため、忙しい人にも人気です。

DODA

業種・職種ともに、幅広い求人を取り扱っているサイト。
また転職支援として、キャリアカウンセラーによるサービスも受けられることでも多くの人に支持されています。

en社会人の転職情報

豊富な求人数で、大手以外にもベンチャー企業や中小企業などの案件も紹介しているサイト。
レジュメ添削や面接アドバイスといったサポートも嬉しいですね。

人材紹介会社に登録する

仕事の探し方としては、人材紹介会社に登録してみるのも一つの方法です。
キャリアカウンセリングを行い、その人に合った求人を紹介してくれるので、この会社は自分に合っているかを自己判断する手間が省けます。

色々な業界を扱っている『総合タイプ』、決まった分野のみを扱う『専門タイプ』など、人材紹介会社には数種類あります。それぞれの特徴を知った上で、良いと思ったところに登録するようにしましょう。

身近な人に聞いてみる

広い人脈を持つ人であれば、それを生かして身近な人に「今勤めている会社で、求人が出ていないかどうか」を聞いてみるのも良いかもしれません。

学生時代の友人や社会人になってからの知人などに連絡を取ってみましょう。すると、「ハローワークや情報誌などには載せていないけど、実は求人があるんだ」という場合も結構あります。自分が持っている情報網を駆使して、色んなところから転職情報をかき集めてくださいね。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!