【採用代行】強い会社を作る人材確保はアウトソーシングの時代|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
1,229 views
2013年2月4日
【採用代行】強い会社を作る人材確保はアウトソーシングの時代

採用業務はアウトソーシングの時代となっています。採用には多くの業務が要するだけでなく、リスクが伴うと言えます。これを採用のプロフェッショナルである採用代行業者に依頼することで、無駄な労力を使うことなく、求めている優秀な人材を確保し、企業力UPにつなげることができるのです。

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
  

採用代行業者は経営のパートナー

近年増加している採用代行業者とは、ただ単に採用業務を代行するだけではありません。
採用業務とは、必要な人数を確保すれば良いというものではありませんよね…。質の高い人材や会社のビジョンにマッチした人材の確保が求められてきます。採用代行業者は、採用業務のプロフェッショナルですから、採用の戦略を立て、それを実現します。
このことは、会社の経営戦略とビジョン実現に向けた経営に不可欠であり、採用代行業者は経営にとってのパートナーとも言える存在であると言えるでしょう。

有力な人材を定着させることが大切

有力な人材を採用するだけが採用業務ではありません。その人材を定着させることも大切な業務と言えるでしょう。大切な人材を育成し、定着させるところまでサポートしてくれる採用代行業者も多くあります。

採用には多くの業務を要する

採用と言っても、求人を出し、書類審査や面接審査を行えば良いというものではありません。
求人広告を出すというだけでも、たくさんのメディアの中から、どのメディアを利用するかを決定する必要がありますし、効果的に求めている人材を集められる求人広告を作成する必要があります。

また、その他にも、説明会の実施や評価方法などの決定、採用者決定後の採用書類・通知書類作成、個別のフォローなど…多くの業務があります。さらに、問い合わせの電話応対に追われてしまう場合もあります。

これらの業務を一括して代行してくれるのですから、採用代行業者を利用すれば、無駄な労力を使うことなく、人材を厳選することに力を注ぐことができるようになるでしょう。

採用は会社にとってリスクにもなり得る

キャリアだけを見て採用してしまうような人事では、会社のリスクにもなり得ます。一度採用したら、簡単に解雇できるものではありませんから、「期待していた人材ではなかった…」という失敗は許されないのです。
また、期待した人材がすぐに辞めてしまうのは、会社にとって大きな損失になりますし、トラブルメーカーを採用してしまった場合には、会社の生産性低下を招くことにもなります。

期待通りのパフォーマンスをしてくれる人材の採用は、簡単なことではないのです。そのため、採用をリスクではなく、企業力UPにつなげる採用代行業者に依頼する企業が増加しているのでしょう。

採用代行業者の選定が重要

採用代行業者は多数あり、費用やサービス内容はその業者によって異なります。
「費用が高い=求めているサービスを提供してくれる」とは限りません。予算内で、必要なサービスを提供しれくれる業者を選定することが大切なのです。
採用代行業界での評判や実績を参考にすることも必要でしょう。採用代行業は、まだ新しい業界であり、設立して間もない業者も多いです。日の浅い業者であっても、成果を残している業者もありますし、どんな仕事をしてきたのかをチェックして、信頼できる業者を見つけることが大切でしょう。

著者:加賀原まこ

WEBライター。頭もお腹も柔らかくをモットーにしてます
アイコン
情報を噛み砕きつつ簡単に伝えます。女子なのにコスメ系のネタが苦手だったりしますが、取材はちゃんとします!