ガーデニング初心者でも簡単に育てられるお花~ベゴニア~|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
2,284 views
2016年4月22日
ガーデニング初心者でも簡単に育てられるお花~ベゴニア~

可愛らしいお花を育てたいけどよくわからないと思っている方、ベゴニアを育ててみませんか? 育て方も簡単で、ガーデニング初心者にはピッタリなベゴニアの育て方をご紹介します。

Webライター、脚本家
  

ハート形の花びらが可愛いベゴニア

花びらがハート形のベゴニア

ベゴニアは、ハート型の花びらに左右非対称の独特な葉をつける植物です。赤、白、黄、紫など色が鮮やかで見た目も可愛いため、人気を集めています。

ベゴニアには木立性、球根性、根茎性の3つの種類があり、どのタイプを育てるかによって土を変えると育ち方も変わるため、こだわりや味わい深さもあわせて楽しめますよ。

ガーデニング初心者にベゴニアがオススメな理由

ベゴニアはどれも丈夫ですが、一重咲きと八重咲きの2種類の内、一重咲きの方が丈夫だといわれています。花つきがいいので豪華さも楽しめ、品種によっては鉢花として一年中開花を楽しむことができます。

暑さや湿度にも強く、自然と形よく生育するのでガーデニング初心者向けの花なのです。

ベゴニアの育て方

植え付け方法

種まきは、苗の育てる期間を考慮して2月から3月頃にしましょう。種を入手したら、品種に適した用土をセルトレイや箱に入れてすぐにまきます。重ならないように種をまき、土で覆わないようにしましょう。

容器は日陰に置き、土を乾燥させないようにするため、水を受け皿に充分に入れて管理します。発芽し、葉が2~3枚まで育ったら鉢へ植え替えてください。

木立性と根茎性を育てる場合は、新しい根を出してあげるため、周りの根を3分の1くらいカットします。その後、土を半分ほど落としたら種類に合った土へ植え付けてください。球根性を植え付ける場合は、へこんでいる方を上に向けて植えた後、支柱を立てること。鉢は一回り大きいものを選ぶようにしましょう

土の選び方

ベゴニアは基本的に水はけがよく軽めの土を好みますが、種類によって好みが異なるため、育てるものに合わせて用土を配合してください。

  • 木立性
    水はけがよく酸性で有機質が豊富な土を好みます。小粒の赤玉土、ピートモスか腐葉土、鹿沼土を5:3:2の割合で配合しましょう。
  • 球根性
    水はけがよく通気性と保水性のある土を好みます。小粒の赤玉土、腐葉土を7:3の割合で配合するのがオススメです。
  • 根茎性
    水はけがよく軽めの土を好みます。配合は、小粒の赤玉土、ピートモス、バーミキュライトを5:3:2で作るようにしましょう。
花に水をあげる女性

水の与え方

土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。その際、水がたまって傷んでしまわないように、茎や葉にはかけないでてください。葉には、霧吹きなどで水をかけてあげるのがオススメです。

また、冬は休眠期に入り土を乾かし気味にしておくのが適しているため、球根性の場合は水を与えないようにしましょう。

肥料の与え方

根元に緩行性化成肥料を元肥として混ぜ込むように入れ、その後の夏から秋時期は薄めた液肥を1週間ほどに1回、もしくは緩行性化学肥料を月に1回与えてください。

また、真夏は肥料障害をさけるため、冬は発育しにくくなるため、肥料を与えなくて大丈夫です。

環境条件

環境によって生育度が変わるので、鉢植えで育てるようにしてください。ベゴニアは高温多湿に強く、寒さは苦手なため、日当たりがいい場所で育てるのがオススメです。

ただし、直射日光は葉焼けが起きることがあるので、半日陰で管理するのがよいとされています。冬は暖かい室内の窓辺などで冬越しさせてあげるといいでしょう。気温が10度以上になってきたら、外に出しても問題ありません。

植え替えすることも忘れずに

花の植え替えをする女性

ベゴニアは、3月から4月下旬頃に植え替えを行う必要があります。ただし、種類によって植え替えのタイミングや方法は異なるので、注意しましょう。

木立性の植え替え

2年に1回くらいのペースで、3月から4月下旬頃を目安に行います。鉢底から根が出ていたり、水切れなどが悪くなってきたら植え替えのタイミングです。

一回り大きい鉢を用意し、植え替えの時と同じように周囲の根を3分の1くらいカットしてから植え替えてください。

球根性の植え替え

4月頃がベストタイミングです。芽が隠れるくらい浅く植えることで、植え替えてから3ヶ月ほどで花が開きます。早めの2月頃に行えば開花時期を早めることが可能ですが、その場合は日当たりのよい室内で育てるようにしましょう。

根茎性の植え替え

3月下旬以降の植え替えが最適です。横に広がる性質を持っているため、プランターに数株ずつ植えてください。植え替える際、距離が近すぎると根腐れが生じるので、距離を取るように心がけましょう。

出典:
https://horti.jp/1300
http://www.hanagoods.com/hana/bekonia.html

著者:草道 花

Webライター、脚本家
アイコン
美容から生活、サブカルチャーまでなんでも詳しいのが自慢、最近の悩みは正月食べ過ぎてダイエットに失敗してしまったこと、ダイエットのコンテンツを執筆しながら、自分でも実践するつもりです。