「どこでも異端児」ミュージカル作家 まきりかさんが行く「第2のふるさと・十勝」|トピックスファロー

  • ライター求人
3,342 views
2016年12月1日
「どこでも異端児」ミュージカル作家 まきりかさんが行く「第2のふるさと・十勝」
  

こんにちは!早いもので、2016年も残すところあとわずか。今年も数々のミュージカルに泣き、笑い、東奔西走しました。2016年を華麗に締めるべく、年末までミュージカルスケジュールがびっしりのライター、吉永です。

ところで、前回お伝えした「どこでも異端児・ミュージカル作家 まきりかさん」へのインタビュー記事、大変好評をいただきました。まきさんご自身もFacebookで「どこでも異端児っていうのが笑える…」と書いてくださり、苦労してひねり出したまきさんのキャッチフレーズを認めていただけたようで、うれしく思った次第です。

そしてなんと!まきさんと再会することができました。今回は、まきさんが北海道・十勝を訪れたときのお話を伺いました。十勝はまきさんの第2の故郷。そして12月24日から27日に、銀座・博品館劇場で上演される、まきさんの新作ミュージカル「SNOW MANGO」にちなんだ土地でもあります。

さあ、どんな珍道中(?)だったのでしょうか。

まき りか
1969年生まれ。札幌市出身。
金沢大学法学部卒業後、株式会社ハドソン入社。「桃太郎電鉄」など
音楽クリエーターとして活躍。
その後「WAY OUT」で、ミュージカル作家としてデビュー。
「KACHIBUS」「DAICHI」「O.G.」など、数々のオリジナルミュージカルを発表。
2016年12月には新作「SnowMango」が上演される。
株式会社ユアストーリー代表取締役

まきさん、お久しぶりです。お元気でしたか?

はい。相変わらず飛び回っています。(笑)

10月に十勝へひとり旅をされたということで。十勝といえば「SNOW MANGO」のふるさと。12月の公演のための準備ですか?

それもあります。実際に、日程の途中で「SNOW MANGO」の主演をされる福井晶一さんと合流して、「SNOW MANGO」のモデルとなった、ノラワークスジャパンを訪問していますから。

福井さんもいらっしゃったんですね!

でも今回十勝を訪問したのは、それだけではないんです。話は少し飛びますけど、8月に北海道を襲った台風のこと、ご存じですよね?

もちろん!北海道に台風が上陸するなんで、めったにないことだから、記憶に残っています。

あの台風で、北海道も結構な被害を受けました。十勝も一時かなり深刻な状況だったんですよ。なぜか、東京ではあまり報道されていなかったんですけど。

確かに、ニュースであまり取り上げられていなかったですね。

やっと十勝も少し落ち着いてきたということで、行ってみようということになって。実は私、子どもの頃一時期十勝に住んでいたことがあって、第2の故郷みたいなものなんです。

そうなんですか!私は学生時代に北海道を車で旅行したことがあって、その時に十勝も訪れました。到着が夜遅くになって、真っ暗な道路がすごく怖かった(笑)女性ひとりで旅行するのは、ちょっと難しいイメージがあるんですけど…。

…そう思うでしょ!ところが、意外や意外、そうでもないんですよ。今回、私は十勝バスさんが行っている「日帰りバスパック」を使ったんですけど、これがすごく良い!!

バスパックっていうと、自分の行きたいコースを選んで、連れていってくれるということですよね。

そうです。女性のひとり旅には、安心感があってとてもいいですよ。今回私は、ばんえい競馬を見に行くコースと、一時期話題になった「幸福駅」と「愛国駅」をめぐるコースに参加しました。

ばんえい競馬!行ってみた~い! 写真提供:まきりかさん 写真提供:まきりかさん

ばんえい競馬の迫力って、すごかったんじゃないですか。実際にばんえい競馬を見た人が「これが北海道の開拓を支えてきたんだなあと感動する」って言っていたことがあります。

レースの迫力は、さすがでしたね。でも競馬の裏側を知ることができる「バックヤードツアー」が一番のおすすめ!レースをしていない馬の優しい表情を見ることができるのが、このツアーの魅力なんですよ。 写真提供:まきりかさん

ばんえい競馬
鉄ソリを馬にひかせて、全長200m、2カ所障害(坂)がある直線コースで競うレース。
よく知られている平地競馬とは違い迫力を感じることができる。
帯広競馬場では、世界で唯一ばんえい競馬を通年開催している。
JR帯広駅から十勝バスが運行。
(公式HP) http://www.banei-keiba.or.jp/

そういえば「幸福駅」って、一世を風靡しましたよね。子どものころ、なぜか祖母が切符を持っていて、それをもらってすごくうれしかった覚えがあります。

十勝バスのツアー名も「愛の国から幸福へ」。女性の心をくすぐりますよね。 写真提供:まきりかさん 写真提供:まきりかさん

十勝へ行くというお話をお話で伺ったときに「おひとりさまカヌー」に挑戦するっておっしゃっていましたよね。

あ~(笑)。結局、地元の友達がつきあってくれたので、今回はカヌーではなくラフティングボートにチャレンジしました。

これぞアウトドアという感じですね。

十勝川を下りながら、ガイドさんがいろいろと案内をしてくれるんですよ。十勝の大自然を目の当たりにできるツアーですよ。

でも「おひとりさまカヌー」って、結構私の中では、ウケたんですよ。実際にひとりでも参加できるのですか?

できますよ。いつかチャレンジしたいと思っています。(笑) 写真提供:まきりかさん

十勝川ネイチャーツアー
川下りをしながら、ガイドが十勝川の自然を案内してくれるツアー。
申し込みは十勝ネイチャーセンターへ
http://www.nature-tokachi.co.jp/tkt.html

こうしてみると、十勝って魅力的な場所がいっぱいありますね。

十勝バスのツアーも盛りだくさんですよ。忠類ナウマン像記念館と温泉がパックになったものや、24,000坪もある真鍋庭園をめぐるパックなど、時間があれば参加したかったツアーがいっぱいです。

十勝は温泉がウリだと思っていましたが、それだけじゃなかったんですね。 写真提供:十勝バス株式会社 写真提供:十勝バス株式会社

十勝バス「日帰りバスパック」 http://www.tokachibus.jp/buspack2016/

今回、福井晶一さんが途中で合流されて、「SNOW MANGO」のモデル、ノラワークスジャパン・中川裕之社長を訪問したんですね。

はい。実際にマンゴーを育てているハウスを見学しました。

福井 晶一
1973年生まれ。北海道旭川市出身。
1995年から2012年まで、劇団四季に在籍。在団中は「キャッツ」「アイーダ」「美女と野獣」などに出演。劇団四季退団後は、ミュージカル「レ・ミゼラブル」でジャン・バルジャンとジャベールの2役を演じ話題に。2016年12月、銀座・博品館劇場で上演予定の 「SNOW MANGO」に主演が決定している。
北の大地ですくすく育つマンゴー 写真提供:まきりかさん 中川社長のお話を熱心に聞く福井さん 写真提供:まきりかさん 写真提供:まきりかさん

あれ?この福井さんと中川社長のツーショット写真を見ていると、おふたりって雰囲気が似ていませんか?

やっぱり、そう思いますか!!実は「SNOW MANGO」を書こうと決めた理由のひとつが、おふたりの雰囲気が似ているって思ったからなんです。十勝バスの野村文吾社長から、ノラワークスジャパンの中川社長の話を聞いた同時期に、北海道出身の福井さんがちょうど連絡をくださって。よし!それならSNOW MANGOを書いてみよう!って決心したんです。

それもまた、不思議な偶然ですね。

ミュージカル「SNOW MANGO」 2016年12/24~27  銀座・博品館劇場 <キャスト>福井晶一 野田久美子 高橋卓士 多岐川装子 三戸大久 他

実際に現地で中川社長のお話も聞いて、ますます12月の公演に向けて気合が入ったのではないですか?

はい。公演に向けて、まさに佳境に入っています。素晴らしいキャストとスタッフの力で、どのようなオリジナルミュージカルが生み出されるか、私もワクワクしています。

期待しています!実話とファンタジーがどう融合するのか、楽しみですね。

これは見逃せないと思いますよ。楽しみにしていてください!

著者:fourclass編集部

株式会社フォークラスの編集部
アイコン
fourclass編集部のfacebookアイコン fourclass編集部のfacebookアイコン
フォークラスでは、コンテンツ制作と、ウェブ制作を行っています。こんな記事を作って欲しい!取材してほしいという方がいらっしゃいましたら、フォークラスのフォームからお問い合わせください。
https://www.four-class.jp