引越しの知恵!レンタカー費用の内訳を知って賢く上京|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
2,123 views
2012年12月3日
引越しの知恵!レンタカー費用の内訳を知って賢く上京

初めての上京はワクワクしますが、同時に引っ越し費用という悩みも生まれます。簡単に業者に委託できない事もあるでしょう。そんな時はレンタカーを利用して引越しするという方法もあります。もしかしたら、引っ越し業者よりも安く済ませる事ができるかも知れません。賢い引越しをする為にもその内訳を知りましょう。

WEBライター
  

地方から上京するなら、まずは費用の計算と方法の吟味から。

地方に住んでいる人が、就職や進学で東京に出る事になったら引っ越しが必要です。しかし引っ越しは、ジュースを買うかのように、業者にすぐ委託できる程簡単にはいかないのです。地方からの上京という事になれば、それ相応の出費は覚悟しなくてはならないのです。
おそらく上京する人は、様々な引っ越し業者に見積もりをお願いし、少しでも安い所に委託するのではないでしょうか。
でも、引っ越しの方法は必ずしも業者にお願いするだけではないのです。
免許を持っている人であれば、トラックをレンタルし、家族や友人・知人を募って引越しをするという方法もとれるのです。
もしかしたら、そっちの方が格安でできるという事もあります。
ですから引っ越しをするなら、一つの方向だけで考えるのでは無く、『どうすれば費用を軽減できるか?』『他に方法は無いか?』と考える事が大切なのです。

内訳を知り、レンタカー引越しの概算を算出する

ここでは、トッラクをレンタルして引越しするとシミュレーションして、費用の内訳を考えてみましょう。

(例)出発地:青森県、引っ越し先:東京都、距離:約750㎞、燃料費:125/ℓ、有名ディーラーでレンタル。 上記の様な設定で引越しをした時の、レンタル料及びその他の費用はどれくらいになるでしょうか?

トラックのレンタル料

確実にかかるのはトラックのレンタル料です。レンタカー業者によって費用はピンキリですが、有名ディーラーでレンタルすれば、大体20,000円~30,000円前後でしょう。でも、これは一日借りた時の費用であって、青森~東京間であれば、最短でも2日は必要になります。そうなれば、2日目以降の費用として、大体15,000円前後かかります。

ガソリン代

ほとんどのレンタカー業者は、満タン状態でレンタルしてくれるので、満タンで返車するようになっています。それに加えて長距離の引越しになれば、何回か給油をすることでしょう。レンタルしたトラックの燃費にもよりますが、青森~東京間(約750㎞)となると返車も含めて4回くらいは給油するでしょう。
しかも、トラックは75ℓタンクや100ℓタンクがあるので、燃料費を確保しておく事も必要になってきます。

保険・補償代

レンタカー業者によっては車をレンタルする際に、保険や補償する為の金額を求められる事があります。これは、何かトラブルがあった時の為のものであって、それを断ると『もしもの時』に自己負担になってしまいます。それは、多大な出費になりますので、数千円(高くても3,000円)くらいですが支払った方が良いでしょう。

この内訳を基に、1回の引越しでかかる費用を計算してみると
(レンタル料+2日目のレンタル料+{ガソリン代×タンクの内容量×給油回数}+保険・補償)になりますので、安くて75,500円くらい、高くて約100,000円前後になるでしょう。
ただし、あくまでも仮定なので、必ずしもこの金額になる事はありません。
レンタカー業者によってはレンタル料金や2日目以降の料金、保険・補償の金額も変わってきます。ガソリン代や給油回数も変動します。

レンタカーで引っ越しする場合の計算例
安く見積もった額(1) 安く見積もった額(2) 高く見積もった額(1) 高く見積もった額(2)
レンタル料 20,000円 20,000円 30,000円 30,000円
2日目のレンタル料 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円
ガソリン代 125円 125円 125円 125円
タンク(リットル) 75リットル 100リットル 75リットル 100リットル
給油回数 4回 4回 4回 4回
保険・保障代金 3000円 3000円 3000円 3000円
合計 75,500円 88,000円 85,500円 98,000円

この様に内訳を知るなら、どれくらいの出費がかかるか概算を出す事ができます。それを基に業者の見積もりと照らし合わせて、引っ越しの準備をされると良いでしょう。

著者:海老田雄三

WEBライター
アイコン
芸能、アニメ、ゲーム、音楽あたりが得意分野のはずが、気が付けばなんでも書くライターになっていました。アニメ、ゲームなどのサブカル誌によく寄稿しています。