オアフ島・マウイ島・ハワイ島で地ビール醸造元を訪ねてみよう|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
3,465 views
2015年10月16日
オアフ島・マウイ島・ハワイ島で地ビール醸造元を訪ねてみよう

年々、人気が高まっているハワイの地ビール。なかには見学を受け付けている醸造所があります。誰もが楽しめる工場見学。友人同士やカップルで訪れてみてはいかがでしょう。実際に醸造所を見学してみると、常夏ハワイのビールがより一層おいしくなるかも?

コラムニスト・旅行作家
ジェイ桜井のfacebookアイコン
  

もう飲んだ?ハワイの地ビール

人気が高まっている「地ビール」。近年、日本でもご当地ビールを見かけることが多くなりました。もちろん、ハワイでも地ビールを味わうことができます。良い香りがするビール、味の深みが楽しめるビール、ラベルが凝っているビールなど種類はさまざまです。あなたは何種類、呑んだことがありますか? ビール

ハワイのビール事情

常夏のハワイには冷たいビールがピッタリ!燦々と照る太陽の下でのむビールは最高です。

そんな気候にマッチしておすすめなのが、ハワイで醸造されている地ビール。

代表的なメーカーはオアフ島の「アロハビール」ハワイ島の「コナ・ブリューイング」マウイ島の「マウイ・ブリューイング」。これらの工場では実際にビールが作られる様子を見学することができます。

ハワイで作られているビール

ハワイでは低温で醗酵され、キリっとした喉越しが心地よい「ラガービール」と、比較的高温で醗酵され、香り高い「エールビール」が作られています。

ビールの味の決め手は水と空気。ハワイのエキスがたっぷりと詰まったビールはおいしさも格別。ロコからの支持も高く、スーパーマーケットには常に数種類のブランドの地ビールが陳列されています。 たくさんのビール

オアフ島で注目のホノルル・ビアー・ワークス社

いかにもハワイらしい名前のビールをつくるのが、ホノルル・ビアー・ワークス。

なんと、ハワイ州の中心ホノルルに酒造所をもつ珍しい存在。

日本ではまだ見かけることが少ないメーカーですが、ローカルの間からは高い支持。注目の地ビールです。11種類のビールを製造しています。代表的なものはエールビールの「ファーマーズ・ビール」。

農家で作られるビールというスタイルで、ハワイで収穫されたオレンジ、ミカンやレモングラス、そしてハワイ島産のハチミツで作られています。飲むとシトラスとスパイスのアロマが広がります。軽い琥珀色のビールを注いだグラスは輝いていて、ハワイの元気な太陽を思わせます。 honolulubeer

併設されたバーで醸造元の雰囲気を堪能!

残念ながら工場見学は行われていませんが、併設されたビアホールでは出来たてのビールを味わうことが出来ます。

オアフ島のコミュニティ(社会の輪)の活性化を理念とする同社。地ビールを通じて、多くの人たちの間で会話や交流が生まれるようにと、倉庫をビアホールに改装したのだとか。ハワイで作られたビールを片手に、地元の人たちとの会話に飛び入り参加。地ビール工場ならではの体験です。
honolulubeerレストラン

営業時間・webサイト

月曜日~木曜日 11:00~22:00

金曜日・土曜日 11:00~24:00

URL:http://www.honolulubeerworks.com/

アクセス

328 Cooke St. Honolulu, Hawaii
アラモアナ・ショッピングセンターより徒歩10分ほど

ハワイ島のコナ・ブリューイング社は地ビールの代名詞 

1995年に創業した、コナ・ブリューイング社。ハワイ島のコナ地区に工場を構えています。

開業当初は小さな醸造元だったそうですが、ハワイ内外で人気が急上昇!

いまやABCストアはもちろん、日本のハワイアンショップでも必ず見かける、ハワイの地ビールの代名詞的な存在に。

現在は一年間に310,000ガロンものビールを出荷しているのだとか。ロングセラーの「ロングボード」は日本人に馴染み深いラガービール。シトラスの香りさっぱりとするエールビールの「ファイアーロック」も人気。無ろ過のビールなので、酵母のアロマが口いっぱいに広がります。

味もさることながら、ハワイらしさを感じられるパッケージも人気を集める理由。

ハワイ島のキラウエア火山をイメージしたラベル、サーフィンを楽しむロコの様子を描いたラベルなど、ラベルを見るだけでもハワイ気分を楽しめます。ビンに刻印されたハワイ州の島々もニクいですね。

工場見学ツアーが開催中

工場見学の人気も高い、コナ・ブリューイング社。コナ・ビールの製造過程をじっくりと見学します。解説を交えながら施設全体の見学を終えると、お待ちかねの時間。4オンスのビール飲み比べ、そしてオリジナル・ギフトがもらえます。なお、ツアーは英語のみの開催です。

予約方法

Webサイトで要予約。カレンダー形式になっている予約画面から希望の日時を選択します。

(予約:http://konabrewingco.com/brewery/

もしくは、電話(808-334-2739)にて。

開催時間・代金

1人5ドル。15才以下の子どもは見学不可です。

毎日、10:30~と15:00~の2回。

アクセス

74-5612 Pawai Pl, Kailua-Kona, Hawaii
レンタカーでのアクセスが便利です。ハワイ島、ヒロ空港から車で1時間40分ほど。

ポップな缶ビールといえばマウイ島のマウイ・ブリューイング社

マウイ島のラハイナ地区でビールをつくっているのは、マウイ・ブリューイング社。アメリカのビールといえば瓶ビールが主流ですが、ユニークなことに、こちらは缶ビールのみ。

ハワイの強い日差しからビールを守るため、紫外線からの影響を受けない缶を使っているのだとか。

一度飲むとすっかりファンになってしまうほど定評のある味。ハワイアン航空の機内でも提供されています。人気のビールは、水着姿のロコガールがほほえみかけているポップなラベルの「ビキニ・ブロンドラガー」。フルーティーな味わいがするラガービールです。苦味はなく、飲みやすいです。

工場見学ツアーが開催中

30分のイントロダクションを受けた後、貯蔵庫やパッケージ詰めの様子を見学します。

見学のあとにはテイスティングの時間も。子どもはノンアルコールの「ルートビア」を楽しめます。なお、ツアーは英語のみの開催です。

予約方法

Webサイトの予約フォームから行います。(予約:http://mauibrewingco.com/tours/)

もしくは電話(808-213-3002)にて。

開催時間・代金

1人5ドル。10歳以下の子どもは参加不可。毎日、12:30~、13:30~、14:30~の3回。

アクセス

605 Lipoa Pkwy, Kihei, Maui, Hawaii
レンタカーでのアクセスが便利です。マウイ島、カフルイ空港から車で30分ほど。

ビールを通じてハワイをより身近な存在に

地ビール工場では、製造設備や働く人を間近に見られます。通りいっぺんの説明を聞くだけでなく、ガイドとのフレンドリーな会話を楽しんでみてはいかがでしょう。

実際の作り手と接してみると、いままで知らなかった新しい発見があったり、ハワイのビール事情を知ることができます。

何気なく飲んでいた地ビールがよりいっそう身近に、そしておいしい存在になること間違いなし!最後にテイスティングの注意事項が2つ。工場見学ではテイスティングの時間があります。

日本では20歳がアルコールを飲める年齢ですが、アメリカでは21歳から。ハタチの人は気をつけてくださいね!

醸造所の訪問の目玉でもある、テイスティング。レンタカーでアクセスする場合には、帰りの運転があることもお忘れなく。ケンカにならないことを祈っています。

著者:ジェイ桜井

コラムニスト・旅行作家
アイコン
ジェイ桜井のfacebookアイコン
国内の旅行会社で勤務していました。現在は独立し、旅行作家として活動しています。
独自の視点で集めた旅行の素晴らしさ、醍醐味、そして感動をノーフィルターで皆様に届けます。ハワイに関するサイトも運営しております。