【ネイルの天敵!】甘皮処理におすすめのネイルグッズ5選|トピックスファロー

  • 主婦からプロまでライター募集
5,494 views
2012年12月14日
【ネイルの天敵!】甘皮処理におすすめのネイルグッズ5選

ネイルケアに必ず付いて回るのが、甘皮処理です。弱い部分を保護する甘皮も、古くなればただの邪魔者。ネイルを美しく仕上げるためには、いらなくなった甘皮のケアが必要なんです。

WEBライター
  

なぜ甘皮の処理が必要なの?

ネイルの天敵といっていいほど「甘皮」はとっても邪魔な存在。
爪が短く見えてしまうだけではなく、ネイルがきれいに塗れないし、せっかく塗っても、そこから剥がれてきちゃうってことありますよね。
そのため、ネイルを塗る上では甘皮のケアが必要です。

甘皮は、細菌などから爪と皮膚の境目部分を保護する働きがある薄い皮で、ネイルサロンでは「キューティクル」とも呼ばれています。
1週間で1ミリ近く伸びるといわれている爪は、甘皮を引っ張りながら、一緒に伸びてしまうことがあるため、爪切りと同じように、定期的に甘皮をケアする必要があるのです。

とはいえ、甘皮処理のやりすぎは禁物。
甘皮を取りすぎると、炎症や化膿の原因となるため、2週間に1度ぐらいにとどめておきましょう。

おすすめ甘皮処理グッズ5選

最近では、甘皮をケアするためのさまざまなグッズが出ています。
ここでは、その中でも、使い勝手が良くて安心して使えるアイテムを揃えてみました。

ディオール 「ペリーン(甘皮リムーバー)」

ディオール 「ペリーン(甘皮リムーバー)」

「ペリーン」は、古くなった爪の周りの角質を、軟らかくして、やさしく取り除く甘皮リムーバーです。
甘皮の部分に塗ってから、コットンを巻きつけたウッドスティックで、軽く押し上げると、カチカチだった甘皮がきれいに生まれ変わります。

DHC 「キューティクルプッシャー」

DHC 「キューティクルプッシャー」

キューティクルプッシャーは、甘皮の押し上げや、無駄な薄皮を取り除くために使います。
金属製の製品が多い中で、DHCのキューティクルプッシャーはプラスチック製だから、周りの皮膚を傷つけずにやさしくケアすることができます。

マルト長谷川工作所 「キューティクルニッパー」

マルト長谷川工作所 「キューティクルニッパー」

マルト長谷川工作所は、ペンチやニッパーなどの工具ブランド「ケイバ」で知られる、新潟県三条市の会社。
その、金属加工の一大産地で生まれた「キューティクルニッパー」の特徴は、ズバリ!切れ味です。
刃先の仕上げを吟味した高級仕様の甘皮切りは、一度使ったらクセになる使い心地です。

バジャー 「キューティクルケア」

バジャー 「キューティクルケア」

アメリカのオーガニックコスメ「バジャー」のキューティクルケア用バームは、シアバターをベースとした素材がすべてオーガニック。
優しく、爪のまわりを保湿してくれます。
また、バジャー(アナグマ)がプリントされた容器がとってもキュートで、周りの人にも勧めたくなるはず。

小林製薬 「サカムケア」

小林製薬 「サカムケア」

伸びた甘皮や、余分な角質が裂けてしまって出来るさかむけは、小さくても、ものすごく痛いもの。
放っておくと、あちこちに引っ掛けて、どんどん広がってしまいますよね。
そんな、甘皮のさかむけを見つけたら、即サカムケア。
うすい皮膜が、さかむけの悪化を防いでくれます。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇