賢くオシャレに!ユニクロのアイテムで活用できるものとNGなもの|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
4,931 views
2015年6月10日
賢くオシャレに!ユニクロのアイテムで活用できるものとNGなもの

オシャレをするにはバリエーションが命。ブランドアイテムもいいですが、お手頃価格のユニクロのアイテムを活用すればもっと着こなしの幅が広がります。かと言って、安っぽく見える着こなしはNG。そこで上手な着こなし術をご紹介します。

ファッションライター
yu-kiのfacebookアイコン yu-kiのfacebookアイコン
  

ユニクロのアイテムをファッションに活用しましょう!

オシャレを楽しみたい。けれど、予算は限られているので高いブランドものを毎回買うわけにはいかない。そんな方には、低価格でシンプルなアイテムのユニクロを活用して、賢くオシャレな着こなしをしましょう。

ただし、ユニクロはアイテムによっては安っぽい印象になってしまうのが欠点。上手な取り入れ方のポイントをご紹介します。

ここがすごいユニクロのアイテム

ユニクロのアイテムで一番の魅力は価格に対するクオリティの高さです。低価格で展開されている「ファストファッション」と呼ばれるブランドはたくさんありますが、それぞれのブランドと比べても、ユニクロのアイテムのクオリティは高く評価されています。

また、他のファストファッションブランドとは違う点は、ベーシックなデザインのアイテムを基本とした商品展開をしているところです。

通常、他のファストファッションブランドは、今のトレンドやデザイナーブランドを参考にした、デザイン性の高いアイテムを中心として取り揃えています。ところがこれでは、ドレンドが過ぎてしまった時や、次のシーズンにはもう古いデザインとなってしまいます。

ユニクロのアイテムは「デザインが古くなる」ことが少ないため、品質に問題がなければ長く愛用することができます。

取り入れやすいアイテムと控えるべきアイテム

ユニクロのアイテムを取り入れれば低価格で全体のコーディネートが完成します。それでは具体的にどんなアイテムをユニクロで活用するべきでしょうか?ここでは代表的なアイテムを中心にご紹介します。

<スタイリングの基本!Tシャツ> ユニクロ1

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/138686

スーピマコットンクルーネックTシャツ(1,000円+税)はとにかくシンプルなTシャツ。シルエットも綺麗。どんなコーディネートにも取り入れられる役立つアイテムです。

<1枚でも重ね着にも幅広い!ジップアップパーカ> ユニクロ2http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/124662

スウェットフルジップパーカ(1,990円+税)は1枚でもカジュアルに着られる他、重ね着の際にインナーとしても使用できるアイテムです。ジップがないプルオーバーは子供っぽく見える場合があるので避け、使い勝手がよいジップアップパーカを選びましょう。

<冬に大活躍!ヒートテックアイテム> ユニクロ3

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/127315#thumbnailSelect

ユニクロ4

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/127297

寒い冬に欠かせないアイテムがヒートテックです。ヒートテックVネックT(1,290円+税)ヒートテックタイツ(1,290円+税)。オシャレの基本は冬でも厚着になりすぎないことが基本です。アウターに頼るよりも、インナーで暖をとることで快適にオシャレが楽しめます。

上記のようにインナーや重ね着に役立つアイテムをうまくユニクロで活用しましょう。

ただしユニクロの全てのアイテムが活用できる訳ではありません。ユニクロでは購入を控えたいアイテムもあります。

<話題性はあるが、スタイリングには向かないロゴTなど> ユニクロ5

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/156609

コラボTやデザインの入ったロゴTなど。企業コラボT(1,500円+税)。話題性があり、デザインも面白いのですが、残念ながらスタイリングに取り入れるとアンバランスになるなど個性的であればあるほど使いづらくなります。また、ユニクロのアイテムだと分かり、安っぽい着こなしの印象になる“ユニバレ”の原因になります。

<アウターこそイイモノを!ダウンジャケット> ユニクロ6

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/139669

ウルトラライトダウンジャケット(6,990円+税)は軽く暖かいので、使い勝手はいいのですが、アウターとして使用するのであれば避けましょう。アウターは冬にはほぼ毎日着る仕上げアイテムです。

アウターにこそお金をかけて全体的に上品な着こなしの印象にまとめることがオシャレに見せるコツです。またダウンジャケットであれば、ダウンを専門にしているブランドを長く愛用する方が、長い目で考えれば賢い買い物です。

<こだわりが現れるベルト、バッグなどの小物> ユニクロ7

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/138775

着こなしでアクセサリーや小物はその人のこだわりが現れるポイントです。ユニクロでもサイドステッチベルト(1,990円+勢)などがありますが、レザーを専門に扱うブランドなどと比べると、違いがはっきりと分かります。財布やバッグ同様、アクセサリー類はこだわりを持って選び、ユニクロを避けましょう。

ユニクロでの買い物をする際のコツ

ユニクロの買い物をする上で、覚えておきたい特徴があります。週末に限定して割引をするスタイルが一般的で、アイテムによっては平日よりもお買い得な場合もあります。

また、ネット上でのみ割引がされていることもあります。目当ての商品はネットを確認してから店舗へ買い物に行くことをオススメします。

もうひとつが、取り寄せです。基本的にカラーやサイズの欠けが少なく徹底されているユニクロです。もし希望のサイズやカラーがなければ聞いてみましょう。売り切れでなけれは、取り寄せの対応をしてもらえることもあります。

ユニクロを取り入れた着こなしをしよう!

ユニクロで活用するべきアイテムと控えるべきアイテムがわかったところで、実際に具体的なスタイリングをチェックしていきましょう。コツはユニクロを、あくまでもさりげなく取り入れることです。

高価なブランドとの相乗効果を狙う

高価なブランドのアイテムを1つ以上取り入れると、そのアイテムに視線が集まります。そのブランドアイテムを主役に着こなすことで、他のアイテムも高価に見える相乗効果を狙いましょう。重ね着であれば、パーカなどをユニクロにして、ジャケットなどはブランドアイテムを取り入れれば、簡単な上質コーデが出来上がります。 ユニクロ8

http://wear.jp/817249/coordinate/3493661/

シンプルさを全面に出す

ユニクロ以外のシンプルなデザインを扱うブランドと合わせることで、ユニクロっぽくないシンプルな上品コーディネートに仕上げることができます。Tシャツなどにユニクロを取り入れて、カーディガンなどをシンプルなデザインをブランドモノから選ぶことで一体感も活かせます。 ユニクロ9

http://wear.jp/matu1108/coordinate/577453/

著者:yu-ki

ファッションライター
アイコン
yu-kiのfacebookアイコン yu-kiのfacebookアイコン
英国にてロンドンコレクションブランドでのデザインアシスタント経験後、東京コレクションブランドのセールススタッフ、海外ブランドのPR会社を経てファッションライターに。
ファッション業界の内部での活動から得た情報やファッション業界だけの常識など、他の業界とは違う特殊な世界をご紹介致します。