【第46回】工場への支払いを確認しよう!|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
2,034 views
2015年11月12日
【第46回】工場への支払いを確認しよう!

工場へ依頼する場合は費用に支払いをする条件をしっかりと確認しておきましょう。

ファッションライター
yu-kiのfacebookアイコン yu-kiのfacebookアイコン
  
生産を工場に任せるのなら、支払いの条件なども確認しておく必要があります。
入金確認が遅れることにより、思わぬ納期遅れが生じることがあります。
ここでは様々な工場の支払い条件や注意点をまとめてご紹介します。
Beauty face of young beautiful woman with pink flowers in her hair

生産でのお金の管理に気をつけよう

生産前に半額支払いの場合も

受注を受けた後に手配することは、生産する工場に縫製を依頼することです。
工場へ縫製を依頼する場合は費用に支払いをする条件をしっかりと確認しておきましょう。

通常は生産が終わって納品された月に締め、次の月末に支払いを行うことがほとんどですが、中には条件が違うところも少なくありません。
特に、規模が小さいブランドであれば、信用性が無く、納品後の支払いでは受け付けてくれないことがあります。

これは、小さい会社が多く、競争が激しいファッション業界ならではの特徴が考えられます。
ファッション業界のブランドや会社は資格などがいらずに、気軽に始めることができます。
その一方で、十分な資金がなく、すぐに撤退する会社も多いです。
他のブランドとの差別化が難しく、なかなか思うように取引先や受注数を伸ばすことができずに、わずか数年で無くなってしまうブランドもたくさんあります。
そのため、ファッションアイテムを生産する工場は特に、支払い能力がある会社かどうかを判断することに慎重です。

生産をするまでに数カ月かけ、出来上がった頃には無くなっているブランドや、支払いができずに支払い日を過ぎても滞納する会社も出てきます。
そのため、工場側は信頼できると判断できるまでの間は、先に支払いをお願いしているところがあります。
そのため、小さいブランドあればあるほど、数シーズンは先に支払いを済ませる必要があります。
支払いをしたからといって、ブランド側が売上を手にするのはセレクトショップに納品した後の締め支払いの時期になるので、期間がかなり空くことになります。
そのため、十分な生産に対する資金を確保しておくことが大切です。

支払いのタイミングは工場で様々

縫製工場は規模の大きいところから、数人で行っている小規模のところまで様々です。
そのため、支払いに対する条件も全く違います。

生産を依頼すると30%を先に支払い、残りの金額を締め支払いとするところや 残りは出来上がった商品を受け取るタイミングで支払うところなどもあります。

また、小規模な工場や依頼する数量が少ない場合、全額支払いをしなければ生産を始めてくれない工場もあるので、注意しましょう。
お金が用意できないことや、確認不足で工場の生産開始が遅れ、納期遅れとなることがないようにしましょう。

ただ、中には小さなブランドや、始めたばかりのブランドを支援するためにも、通常の締め支払いで生産を受け入れてくれる工場もあります。

それぞれブランドによって個性があるように、縫製工場にもそれぞれの個性がります。
依頼する際はできるだけ工場の方に会い、自分の熱意を伝えることで条件面を見直してくれることもあります。

また縫製工場は、条件が良くても誠意のないブランドとは取引を辞めるなど、取引を行いたくないイヤな取引先との仕事は断ることもあります。

支払いなどの金銭面や段取りなどの事務的なことよりも、あなたの人間性を見て仕事をするかどうかの判断をしている工場のオーナーも多いので、ブランドの生産をお願いする際は、お客様という気持ちではなく、同等の立場であることを念頭において依頼するようにしましょう。

商品が出来上がれば、すぐに検品も忘れずに!

先に支払いを行わないといけない工場などであれば、支払いは忘れずにしっかりと行うようにすることが大前提です。

生産前に支払いをしないといけない場合は、支払いが遅れると生産も始めてくれません。
また、その状態が続くと他の依頼の仕事を始めてしまい、入金を済ませてもすぐに生産を始めてもらえないこともあります。

そのため、先払いの必要がある場合は1日でも早く入金を済まし、連絡をしっかりと取って入金確認をブランド側を工場側でお互いに行えるようにしましょう。

また生産が終わり、商品と引き換えに入金をする際にも注意が必要です。

商品と引き換えと言っても、ブランド側からの入金を確認してから発送されるので、事前の入金が必要です。納期が迫っている際は入金確認や発送などでの時間を短くするためにも、生産が終わる前に入金を行うなどの対策を取れるようにしておきましょう。

商品が届いた際は、すぐに検品することも必要です。
すでに入金済みのため、仕上がった商品にトラブルがあればすぐに連絡することが重要です。
サンプルと同じ仕様で出来上がっているか、汚れや縫製不良が無いかなど、細かく確認することがポイントです。

工場との条件は展示会の前に要確認

生産をお願いする工場とは、展示会を行う前に条件などをしっかりと確認しておきましょう。
受注を取ってから条件が違うようでは、思わぬ出費になることや大幅な納期遅れとなることがあります。
支払いをしっかりすることで、工場とも良い関係が築けるはずです。
【連載】ファッションブランドの作り方

著者:yu-ki

ファッションライター
アイコン
yu-kiのfacebookアイコン yu-kiのfacebookアイコン
英国にてロンドンコレクションブランドでのデザインアシスタント経験後、東京コレクションブランドのセールススタッフ、海外ブランドのPR会社を経てファッションライターに。
ファッション業界の内部での活動から得た情報やファッション業界だけの常識など、他の業界とは違う特殊な世界をご紹介致します。