リズム音痴でも大丈夫? プロが教えるフラメンコ教室入門!|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
1,144 views
2014年6月19日
リズム音痴でも大丈夫? プロが教えるフラメンコ教室入門!

カラダ全体を使って情熱を表現するフラメンコ。 舞台やショーを観て、興味を持ち、自分でも踊ってみたくなった・・・。 けれども、自他ともに認めるリズム音痴! 大丈夫です。 そんなあなたでも、いつしか舞台で踊れる日が来ます。 フラメンコダンスのいいところは、どこでも練習できるところ。 プロのインストラクターがおすすめする、自宅でもできるリズム音痴向けのレッスン方法をご紹介します。

目黒のフラメンコ舞踊家
  

フラメンコは難しくない?

あんな難しいリズムのダンスを踊れるようになるのかなぁ
フラメンコ教室では、足と手と、両方でリズムをきざみつつ激しいダンスをするフラメンコを見た生徒さんからときどきこのような質問を受けます。

しかし、振付だけでなくリズムを取り入れた練習を重ねていけば、リズム感もぐっとレベルUPできます。
リズムの訓練って意外と楽しいですよ。

フラメンコダンス姿

いつでも練習できる、それがフラメンコダンス

フラメンコダンスの基本的なリズムの取り方は表のテンポを足できざみながら、裏のテンポを手拍子で打つ
またそれを逆に表のテンポを手拍子できざみながら、裏のテンポを足で打つ

これはフラメンコシューズを履かずに 家でもフラメンコ以外の好きな曲を聴きながらどこででも復習できます。
たとえば、通勤途中、電車を待ちながらでも、小さな動きでもいいのです。
もし、スタジオや教室で練習する時間が取れる方は、メトロノーム等を使い、そのテンポに合わせて足の練習や先ほどの表と裏を足と手で刻むレッスンをすれば一層効果的です。

慣れてくると見るのも踊るのも楽しい!

先にお伝えしたような訓練をすることにより、ご自身のリズム感が改善されていくのを実感できるようになればしめたものです。

それに伴い、フラメンコがもっともっと楽しくなっていき今度は、いいライブや公演などにも足を運びたくなります。そしてソロを踊るために一層努力しようと思えてきます。
お友達の前で上手に踊れたらかっこいいですよね!私も、ソロを踊ってお友達から褒められた時には、とってもうれしかったことをよく覚えています。フラメンコのリズムは、独特なので素人の方がご覧になっても魅力的に感じていただけるようです。

まとめ

フラメンコダンスのいいところは、音楽さえあればどこでも復習できるところです。実際に耳で聞いていなくても、いつも聞いている曲を頭の中で演奏し、その音楽のリズムを手と足で表現すればいいのです。

好きこそものの上手なれ!リズム音痴であろうと、フラメンコが好き、 または興味があるのであれば、是非、はじめの一歩を踏み出してみては いかがでしょう!

著者:水村繁子

目黒のフラメンコ舞踊家
アイコン
フラメンコは、歌・踊り・ギターが三位一体となって繰り広げられる、素晴らしい芸術です。それだけに単に、振付通りに体を動かすということではなく、歌に合わせ、ギターを感じながら表現しなければなりません。体の訓練とともに、深い音楽性が必要となります。
教室では、これらを念頭に置き基礎をしっかり身に着けると同時に、音楽的なことも理解できるよう、将来は、ソロを踊れるように指導しております。もちろん、フラメンコは個性を重んじる芸術ですので、それぞれのよいところをさらにのばしていくことも大切です。

毎年、発表会を行い、のびのびと楽しく踊っていただき、一年の成果をみなさんにご覧いただいております。また、プロを目指す方には留学のお手伝いもさせていただきます。フラメンコショーの企画も、お任せくださいませ。