目を紫外線から守るのがホンキの日焼け予防!サングラスは手放せない|トピックスファロー

  • 在宅ワークのライター募集
1,355 views
2013年2月25日
目を紫外線から守るのがホンキの日焼け予防!サングラスは手放せない

サングラスは日焼けを防いで白い肌を保つためには、とっても重要な美白ケアのひとつ。UV効果の高いクリームをつかっても目が紫外線を吸収してしまうと、UVケアも台無しに。

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
  

なぜ?肌には直接紫外線をあてていないのに日焼けする

一年中、紫外線カット効果のあるUVクリームや化粧品でUVケアに気をつけている人でも、見落としがちな「目の紫外線予防」。

紫外線UVA波、UVB波などは肌の美しさだけでなく、健康にも深刻な悪影響を与えます。
美白を追求する多くの女性が気にするのは、肌に直接あたる紫外線。

これまでも紫外線を浴びつづけてきた目が、真っ黒に日焼けした経験はありませんね。
「眼」は肌のように日焼けをして黒くなることはありません。

では、なぜ?

紫外線は角膜や水晶体などの目の組織から体内に吸収されると、角膜が酸化ストレスを受け緊急事態を脳へ伝えます。
次に活性酸素が発生し、三叉神経から脳の下垂体に「体に有害な紫外線が入ってきたので、体を守るためにメラニン色素を作りなさい」と指令が出され、体が防御態勢に入ります。

目に変化は無くとも体の中では、メラニン色素が作り出されているのです。

サングラスをして紫外線予防をする習慣のない人は、日常的にメラニン色素の生成を助けていることになります。

コスメで肌のUVケアは万全!でも日焼けする根拠

紫外線ブロック効果の高いSPF50やPa+++のクリームを使い、塗り直しも頻繁。UV対策は万全におこなっているのに、日焼けによるシミが発生してしまうようなら、原因はやはり「目」から吸収された紫外線かも知れません。

肌に強い紫外線を浴びたときのように、日焼けによるかゆみや水ぶくれ、湿疹などが現れるわけではありませんが、肌の見た目にはシミなど大きなダメージが!

大阪市立大学医学部の研究チームが、この理論を裏づける実験をおこないました。

マウスによるメラニン生成を調査した結果

眼だって紫外線から守ってあげたい

こんな症状があったら目が紫外線でダメージを受けている可能性大!
目が炎症を起こすほど、強い紫外線を浴びている証拠でもあります。

この症状をチェック!

  • 充血
  • 眩しいと強く感じる
  • 異物感
  • 涙が出て止まらない
  • 目を開けられない
  • 乾燥する

強い紫外線を浴びてから数時間後に炎症が起こります。数日で症状はおさまりますが、白内障の原因にもなるので肌の日焼け防止以外に、目の健康のためにもサングラス習慣をおすすめします。

日焼けにつながる紫外線をカットするサングラス

  • UVカット効果がある
  • 薄い色のレンズ

なぜ、レンズの色は薄いほうが良いのか?

真っ黒なレンズでも効果がないわけではありませんが、瞳孔は光が明るいほど閉じて、光が暗いと大きく開く構造です。
濃い色のサングラスで明かりを遮りすぎると瞳孔がひらき、その分、紫外線を吸収してしまいます。

美白のために行いたいのは、目からの紫外線の吸収量を抑えること。
UVカット効果がレンズに施され、程よく瞳孔がとじる明かりを取り込める「薄い色」のサングラスが紫外線カットには適しています。

著者:渡辺芳樹

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
アイコン
学生時代からライターとして活動。小さな会社に就職したおかげで、ライター以外に、編集からWEBサイト製作など、幅広く経験。現在はフリーランスとなり、いくつかの会社と契約を結んで執筆活動してます。