育毛剤と発毛剤のどちらを使うべき?成分とお勧めポイントを徹底比較|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
1,401 views
2014年3月5日
育毛剤と発毛剤のどちらを使うべき?成分とお勧めポイントを徹底比較

育毛剤と発毛剤のどちらを使うべきかというのには個人差があります。 個人の頭皮等に合わせた成分選びを行う事でより良いものを選ぶ事ができるようになるので、これから育毛剤と発毛剤のどちらを使うべきかについて説明致します。

WEBライター
  

ポイント1育毛剤と発毛剤の違いについて知る

育毛剤と発毛剤には差があります。発毛剤と育毛剤は、共に頭皮に関して効果のある製品というものである事から、どうしても同じ効果のあるものと言う解釈をされてしまいがちな製品でもありますが、育毛剤と発毛剤は、根本的には別物です。

発毛剤の場合、脱毛した毛穴から発毛させる効果があるものの事を指します。

そして、育毛剤の場合には、産毛を含めて現在生えている髪の毛を太く丈夫に育てる効果のある物の事を言うので、この2点で差が生じてしまいます。つまり、毛穴から発毛をさせたい場合には、発毛剤を使う事が良いという事になり、まだ現在生えている産毛があり、それらが薄くなっている状態なのであれば、育毛剤が良いという判断基準で選ぶのが良いのです。

尚、発毛剤に関しては、髪の毛に直接作用をするのではなく、体の内部に作用して発毛をさせてくれるように働いてくれるものとなっています。様々な種類の製品がある中で、発毛と育毛の違いがわかっているのといないのとでは、使用をした後に効果の違いを感じる事も出来なくなってしまうので、できるだけこの2点については知った上で利用をするのが良く、効果をより発揮させることのできる製品選びができる様になります。

ポイント2個人の症状を知ってどちらかを選ぶ

育毛や発毛に関しての製品を選ぶ時に大切となるのは、何よりも今現在どのような症状が出ていて、一番悩みを持っているのはどのような事かという事です。ポイント1でも説明をしたように、育毛剤と発毛剤は全くの別物で、効果も異なりますし、使い方を間違えれば、効果を実感する事は出来ないのです。

この様な場合、産毛がまだ現在生えているのか、それとも毛根が少ない状態になっているのかというような確認が必要になるので、できれば専門の機関などで判断をしてもらったり、セルフチェックをする方法を見つけ、自己判断を行うなどした方が良いです。

ヘアケアチェックを個人で行う方法としては、抜け毛が起こった時の毛根の太さの確認をし、健康な状態かどうかを確認する事が大事です。健康な毛根であれば、毛根周辺に白い皮膚がまとわりついている状態になっているので、そういったところで確認を行うのが良いです。

また、ダメージの大きな毛の場合には、水に浮かせるとすぐに沈んでしまったりもするので、そういう点で判断をすると、現在の髪の毛のダメージがどのレベルなのかを判断する事が可能です。

また、髪の毛をかき上げた時等に、10本以上抜け毛が生じるようであれば、かなり危険です。


ポイント3毛根の様子を把握してから必要な成分を選ぶ

毛根の様子が健康でない状態で、尚且つ抜け毛が酷いという場合には、毛を丈夫にするために育毛をすれば、まずは健康的な髪の毛として毛が育毛できる可能性があるので、育毛剤を使用するのが良い方法となりますが、それとはまた別に、他の髪の毛が健康な状態なのにも関わらず、一部の毛根からの毛が生えていなく、全体的に毛が薄い状態という場合には、毛根を刺激して毛根そのものを改善する為に、発毛剤を使用するのが良いです。

育毛をするという事柄が決定付けられるような状態だった場合には、育毛ができる製品を使用する事で毛そのものを太くすることからはじめ、経過を見ていくのが普通です。

時間がかかる事なので、長い目で見て半年以上は経過を見ていく必要があると言われていますが、これについては製品メーカーによって様々です。
発毛剤を使用する場合には、発毛剤で効果があるのかという事を、発毛剤の成分などを閲覧して判断する必要がありますので、各製品の成分や、効果等について知ってから購入をするのが無難です。

発毛剤の場合には、専門の医療機関やクリニックなどもありますので、どうしてもどちらを利用したら良いのかわからないという場合には、専門の医療機関での判断を願い出ると良いでしょう。

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇