デキる女が気をつけるファッションマナー5|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
4,098 views
2012年7月19日
デキる女が気をつけるファッションマナー5

女性でも憧れてしまうデキる女は、ファッションも細かいところまで渡って気を使っています。ネイルや小物など、見られることを意識したファッションをこなしているのです。デキる女が気をつけるファッションマナーをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

スーツはデキる女のファッション

女性のスーツ姿は、オフィスファッションのマナー。そしてデキる女のファッションでもあります。

雰囲気だけでしょ?と思うかも知れませんが、雰囲気から入るのだって大切です。 スーツを着ている女性は、仕事ができそうというだけでなく、素敵に女性に見えますよね。スーツは、清潔感や上品さを表現できるものであり、女性を魅力的にみせるファッションなのです。ですから、スーツという雰囲気も大切なんです。

オフィスに着ていくスーツは、定番の黒やグレー、茶色系などの季節を通して着ることのできる色がおススメです。 数着持っておくと着まわしの幅が広り、お洒落にも気を抜かないデキる女としてのランクもUPすることでしょう。ただし、スーツは身動きが制限されてしまうため、できるだけ動きやすいスーツを購入するようにしましょう。

露出しすぎないこと

ファッションの中には露出の高すぎる衣服もありますが、それを着て仕事に行く人は少ないのではないでしょうか? カワイイ衣装なら会社にも着て出かけたいと思うかも知れませんが、露出部位の多い服はオフィスに向きません。それにデキる女は、露出の高い服を会社で着ることはないそうなんです。

露出の高い服を着るときはカーディガンや上着を着て、露出を抑えましょう。 露出部位の多い衣装は、目のやり場に困ったり、周囲に不快感を与える場合もあるため、オフィスファッションには向かないのです。デキる女を目指すのなら、露出度を抑え、オフィスに適したファッションを心がけましょう。

爪先まで気を抜かない

女性の指先がネイルで綺麗に彩られていると、女性の上品さを感じますよね。 ですが指先は、仕事上での名刺交換で見られることも多いですから、派手すぎないネイルにしてあると尚印象が良くなることと思います。

また、派手すぎるネイルは仕事においては不向きです。 仕事とは場違いなほど派手なネイルは相手への印象をDownさせてしまい、そんなネイルで仕事ができるのか?と思われてしまうことも…。仕事先へしていくネイルは、あくまでもシンプルで派手過ぎないネイルに止めましょう。

自分に合ったヒールの高さ

女性が憧れるような人には、ヒールを“カツカツ”言わせて歩くような仕事のデキる女性などが挙げられます。 そんなデキる女のファッションとなるのがヒール。履いている女性の中には、自分に合った高さを知り、その高さのヒールしか履かないと決めている女性もいるようです。

そう、足元はデキる女を象徴する部位でもあるため、自分にあった高さや履き心地などで選ぶようにしましょう。ポイントとしては3cm以上が目安です。 ですが、ヒールのないフラットシューズなどを履いている人も多いですよね。フラットシューズは歩きやすく、可愛さに特化していますが、オフィスには向いていません。オフィス用としてヒールを買う際には、3cm以上のヒールを買うようにしましょう。

また、デキる女は生足も厳禁です。ストッキングを穿いて、仕事をしましょう。

派手すぎNG!アクセサリーはつけすぎない

腕時計やベルトなどは、仕事をしていても必要なアクセサリーとなりますが、その他のネックレスやピアス、指輪などはつけすぎるとちょっとクドく感じてしまいます。 だからといって、アクセサリー無しだと女性としての魅力がどこへやら自分磨きをしない女性と思われることも。

今では、アクセサリーの重ねづけは当たり前となりつつありますが、仕事をするときのファッションなら付けすぎNG。 デキる女は、ゴールドなどのジュエリーを一つだけ身につけているものなのです。さらに身につけたジュエリーに合わせて、腕時計などの必須アクセと色を統一させると、更にデキる女感がアップすることでしょう。

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。