【一人で就活は困難!?】就職活動は塾通いから始めよう!|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
1,247 views
2018年12月31日
【一人で就活は困難!?】就職活動は塾通いから始めよう!

就職活動・就職のための塾が増えています。最近は就職氷河期とも言われ、就職浪人も増えている時代です。確実に就職活動を進めるためには、塾通いも就職活動の一つの方法でしょう。エントリーシートの添削や面接指導などもあるので、上手に活用すると良いでしょう。

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

自分一人で就職活動する難しさ

新卒の就職活動は、誰もが初めてですから、慣れないことばかりだと思います。 自己分析や企業分析が十分にできていない人も多く、十分にできていたとしても、それをエントリーシートや履歴書に生かせていない人が多いです。

また、大学で行なわれる就職セミナーを受講しても、自分に当てはめて活用することができていない人が多いようです。就職に関する本やセミナーは役に立つものばかりなのですが、それを自分のためにどう生かすかが重要なのです。

普通に就職活動をしていても、自分一人のためのアドバイスや指導を受けられることは少ないですよね!?

自分一人で手探りで進めている学生が多く、効率良く進められずに自分の良さを十分にアピールできる段階に至っていないというのが実情です。

まぁ「就活が初めての人が、面接に慣れてきたら終わっているのが就活」だったりします。自分一人の力で乗り越えようとするのもよいですが、方向性をちょっとミスっていたらすぐに時間切れです。

つまり「一人でなんとかするとか考えずに、とっとと人の手を借りましょう!」ということです。

個人指導が内定に導く

就職活動塾や就職塾といった内定をつかむための塾が増えていますが、これらの塾は個人指導を行ない、自分に合った指導・アドバイスがもらえます。

一般的な指導やアドバイスでは、自分の就職活動に生かしにくいのですが、自分に合ったアドバイスや指導であるため、すぐに就職活動に生かすことができ、企業に自分をアピールできるようになります。 マンツーマンの指導ならば、自分一人では気付きにくい自分の強みを引き出してくれるので、就職活動に役立てると言えるでしょう。

講師はどんな人?

キャリア・コンサルタントに関する資格を持つ人や、企業で社会人としての経験や人事の経験を豊富に積んだ人などが講師を務めている場合が多いです。

キャリア・コンサルタントに関する資格には、キャリア・コンサルタント技能士(国家資格)やCDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)などがあります。

大学1年からすでに塾通いを始める人も!

就職活動のための塾では、大学1・2年生を対象としたセミナーも開かれています。最近は「就職氷河期」とも言われるほどの就職難なので、大学1年生から就職活動を少しずつ始める人も多いようです。

もちろん、大学3年の就職活動をスタートする間際から始める人も多くいますし、就職活動がうまくいかなくなってから、かけこむ人も少なくないようです。

気になる就職塾の費用は?

就職活動の塾と言っても、講義だけでなく、マンツーマンのカウンセリング、エントリーシートの添削、面接指導などさまざまなものがあります。

その塾や、指導内容によって費用が異なるのですが、費用はだいたい1回(1時間)の指導・相談で4000円~といったところでしょうか。

内定をつかむための一通りの指導・アドバイスを受けられるプログラムでは、10万円以上かかる場合もあります。

内容や個人指導であるかどうかなど、細かいところまでチェックして申込みする必要があるでしょう。

就職活動にお金をかけるべき!?

就職先の違いで年収が大きく違うこともあります。就職活動にお金をかけても、就職活動がうまくいって年収が良ければ、「就職してから十分取り戻せる」とも考えられますよね…。

もちろん、就職活動は結局自分次第という部分が大きいので、お金をかければ良いというものではありませんが、自分を上手にアピールできていないと思うのならば、就職塾を活用するのも就職活動の一つの方法と言えるでしょう。

人生で一番の分かれ道にコストは惜しまない

就活の成功失敗で生涯年収が1億違うなんて当たり前です。

1億のために数千円、数万円って惜しいでしょうか?
危機感と、決意を持って挑みましょう。

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。