SOHO・フリーランスに便利なクラウド会計サービス3選|トピックスファロー

  • 署名記事をかけます!ライターの実績を積みたいならフォークラス
1,255 views
2014年12月4日
SOHO・フリーランスに便利なクラウド会計サービス3選

SOHO・フリーランスの経理をサポートしてくれるクラウド会計サービス3つについて紹介していきます。

元営業職で受付嬢、稀に占い師だったWebライター&ブロガー
らくしゅみっくすのfacebookアイコン
  
SOHO・フリーランスの場合、普段の業務に加えて、記帳や請求などを含めた経理業務を行う必要があります。
しかし、「どうやればいいのか分からない」「手間がかかって大変」といった悩みを抱えているのではないでしょうか?
その不安や悩みを解消するのがクラウド会計サービスです。

クラウド会計サービスなら初期設定もほとんど不要で、記帳は自動、手間もあまりかかりません。
さらに、経理の専門知識がなくても記帳ができるように作られていることも魅力の一つです。
また、サポートも手厚く、料金面でもコストがかかりにくいメリットもあります。
SOHO・フリーランスの経理をサポートしてくれるクラウド会計サービス3つについて紹介していきます。
0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

SOHO・フリーランスにおいて、会計面は不安の一つです

毎年、個人事業主として確定申告を行う必要があり、それに対してデータ入力や申告書を作成するのは手間が掛かることです。
それに「売上げや売掛け、経費を管理したいけれど知識がない」「一つ一つ丁寧に行いたいけれどそこまでの時間がない」といった悩みも存在しますよね。
そんな人にぴったりなのが「クラウド会計サービス」。データ入力もスムーズになり、大きく手間を省いてくれ、業務に専念することを助けてくれるのです。

なんといっても、最大のメリットは、「端末の買い換えによるデータ移行等の」わずらわしさが存在しないことです。
では、具体的にSOHO・フリーランスのような、さまざまな業務を行う個人事業主にぴったりの、クラウド会計サービスを3つ紹介していきましょう。

1. freee

freee
(http://www.freee.co.jp/)
全部自動で行ってくれる会計ソフトの「freee(フリー)」。導入から実際の稼働までスムーズで、本来の業務に専念することをサポートしてくれます。

メリットや使い方

プランは、無料・個人事業主(月額980円)・法人(月額1980円)の3種類。
それぞれ、3ユーザーまで共有可能で、データ保存期間は無料が1カ月、個人事業主・法人においてはデータ保存無制限です。
初めは無料プランで試用してみて、それからプランを確定するのも良いかも知れません。

連携するのは、交通系ICカード・銀行口座・クレジットカード等。
これによって普段の入力もスムーズにしながら、画面に従って操作するだけで青色決算書・確定申告書Bがかんたんに作れるのです。
もちろんデータのインポートやエクスポートもできます。

また、サポートが手厚いのも魅力の一つ。無料プランはメールのみですが、他プランでは、チャットでサポートしてくれます。困ったときにすぐ、リアルタイムで聞けるのは助かりますね。
通信はSSLを利用しており、web口座情報は暗号化によって保存されます。
バックアップも行われるため、セキュリティ面での安全も確保しています。
Macにも対応しており、端末がブラウザとインターネット環境を備えていればどこからでもアクセスできるので、事務所から移動中まで幅広い使い方が可能です。
さらに、経営ハッカーでは、個人事業主に向けた経営の効率化に便利な情報も記載されています。参考にすることで、より上手な経理を学べるでしょう。

2. MFクラウド会計

moneyforward
(https://biz.moneyforward.com/)
MFクラウド会計では、

メリットや使い方

初期費用は無料で、月額(1800円)と年額(19800円、月額換算1650円)の2プランに分かれます。
どちらも45日間無料で試せるので、年額プランでは初年度410日の利用が可能になります。
利用ユーザー数は3名まで無料で、4人目からは月額プラス300円で使えるのです。

青色申告決算として使う場合には、5つのメリットがあります。
・銀行口座やクレジットカード登録による自動取得でデータ入力の手間を省く
・取り込んだ明細から勘定科目を提案する機能の存在により仕訳を簡略化
・提案システムは、仕訳の度にルールを学んでいくため自動提案の精度がアップ
・他社で利用するソフトデータをかんたんに取り込むため乗り換えが楽
・e-Taxに対応した青色申告決算書を自動作成及び経営に必要なレポート作成機能も装備

さらに、Windows・Mac・スマートフォン・タブレットに対応しているので、いつでもどこでも入力や確認が可能です。
連携は、銀行口座・クレジットカード・決済・POS・クラウドソーシング等と幅広いのも魅力の一つ。ECサイト経営等を含めた手広いカバーを行ってくれるでしょう。
領収書・レシートを読み込むアプリにも対応しているため、経費関連のデータ入力もスムーズです。

サポートは、メール及び電話。特に電話の場合、フリーダイヤルなので気軽に連絡できるのも安心できる点です。

3. ハイブリッド会計Crew(クルー)

crew-hybrid
(http://crew-hybrid.com/)
今ならキャンペーン適応により、一部無料となっているハイブリッド会計Crew(クルー)です。

メリットや使い方

登録画面より申し込むことでキャンペーンが適応。これによって、IDが1つだけ1年間無料になります(2つ目からは追加料金が発生)。個人でビジネスプランを使う場合は、通常980円が500円になるのも嬉しいところです。さらに特徴的なのが、税理士さんを無料で紹介してくれるところ。

基本的な機能としては、データ入力・各種帳票の表示や出力・データ共有者の追加などが存在し、決算書の作成・出力は今後追加とのことです。サポート面では、メール・電話(キャンペーン期間中のみ)・メルマガによる情報配信・新機能追加等のシステム案内が行われます。

Windows・Mac・スマートフォン・タブレット等にも対応しているので、スムーズな記帳が可能になり、バージョンアップも自動なのでこの点も対応不要です。加えて、「起業家・スモールビジネスお悩み解決サイト「inQup」により、独りで不安を抱えることも減るでしょう。

特筆すべきが、会計事務所と一緒に利用できる点。会計事務所への質問登録及び回答を受け取ることができるのです。「仕訳Q&A」機能と呼び、これのおかげで、分からない点をそのままにすることがありません。チェックもかんたんで、内容について会計事務所と打ち合わせをすることもかんたんにできます。深いアドバイスを専門家からスムーズにもらうサポートを行ってくれるのです。

まとめ

SOHO・フリーランスの場合、普段の業務に加えて、記帳や請求などを含めた経理業務を行います。しかし、「どうやればいいのか分からない」「手間がかかって大変」といった悩みを抱えるのも事実。

クラウド会計サービスなら、初期設定もほとんど不要な上、自動でスムーズに記帳を行ってくれます。また、サポートも手厚く、料金面でもコストがかかりにくいので、この点も嬉しいところでしょう。SOHO・フリーランスの経理をサポートしてくれるクラウド会計サービス、導入してみるのはいかがでしょう。

著者:らくしゅみっくす

元営業職で受付嬢、稀に占い師だったWebライター&ブロガー
アイコン
らくしゅみっくすのfacebookアイコン
ひょんなことからWebライターの道へ!営業・事務・受付・接客等の経験を活かしたビジネス・ライフハックやWebマーケティングやSEOといったWeb制作に関するコラムを執筆中。また音楽やゲームとエンタメも大好きで日々触れています。