【苦手意識を完全克服】英語が楽しくなる5つのアイディア|トピックスファロー

  • ライター求人
1,611 views
2012年9月18日
【苦手意識を完全克服】英語が楽しくなる5つのアイディア

英語が苦手な日本人とは言われているけど日本だってグローバル化の真っただ中!ビジネス以外のあらゆるシーンで英語が必要な場面は増えつつあると言えます。そんな中でもあなたは『だって英語苦手だし…』と言い続けますか?実は、英語が超苦手という人でも完全克服できちゃうアイディアがあるんです。どうです?ここらで一丁、カッコよく英語マスターしちゃいましょう!

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

日本人はどうして英語が苦手?

その原因にはしばしば英語教育に原因があるとされたり、必要以上に失敗を恥ずかしいと思ってしまう日本人独特の国民性のせいともされたりします。
しかし、日本国内にいても英語を使う機会は徐々にですが確実に増えているようにも感じられ、グローバル化を意識させられることも…。

今の世の中、いつまでたっても『英語苦手だから…』と下を向いてはいられません。

今まで英語習得に挫折を繰り返してきても大丈夫。
苦手意識をきれいに払拭できる勉強法で、今度こそは英語をマスターしちゃいませんか?!

まずListeningに慣れて英語習得に備えよう

Speakingの前にまず英語耳を手に入れることが苦手意識克服のためにも大切といえるかも知れません。
相手の話していることが分からなければ、会話のやり取りが成り立つはずもありません。
Listeningの力、つまり英語耳は言葉を聞き取り理解することは、言葉を学習する上で非常に重要だと言えます。

映画で楽しみながら英語に親しむのも悪くはありませんが、それで簡単にListeningが出来るようになれたら誰も苦労はしませんよね?

Listeningで大切なことは、わからない文をただひたすら聞くことではありません。
文法や意味の理解できるものを、何度も何度も繰り返し聴くことがスキルアップのポイントなのです。

とことんspeaking!考えるより先に英語が口に出る

ある程度Listeningに慣れたら、いよいよ本格的な英語の勉強をする環境作りをしていく段階。

それは、とにかく話せる環境作り!
恥ずかしがらずにどんどん日常生活でも英文に触れ、英語を取り入れていった方が、英語習得が速いのです。

英語苦手意識をスカイプで克服!

日本はアジア、いいえ世界でも屈指の英語下手と言われています。
通常、会話をしていると常に話題は変わっていくものですが、間違うことが恥ずかしいからと言って、頭の中で正確な文章を組み立てていると、どんどん会話に置いて行かれてしまうのです。
だから、実際に話すチャンスが来てもドッキドキ&シドロモドロ…。
ここが日本人の英語力を伸び悩ませる原因の一つとされています。

英語下手の汚名を払うためにも、恥を恐れることより、少しでも多く英語を話す機会を積極的に持つこと、間違っても明るく楽しんで英語に触れていく姿勢は大切です。

慣れてしまえばそのうち、恥ずかしさよりも、より楽しくより多くのことを覚えることが大切だと実感できるはずです。

出来るだけネイティブに触れ、TextBookStyleではなく、実際のネイティブの日常的な言い回しに触れていくことが大切です。

日本語にはない子音と母音の発音に注意しよう

語学を学ぶ上であって当然なのに乗り越えることが難しい壁。
そのひとつに母国語にはない発音があげられます。

日本語にはない英語の発音は、英語を学ぶ日本人が壁を感じてしまう原因でもあります。
たとえば、日本人にとって?な発音の例として、

Fぁ・Fぃ・Fぅ・Fぇ・Fぉ/Rぁ・Rぃ・Rぅ・Rぇ・Rぉ

などがあげられます。
中にはどうしても苦手な発音もあるかもしれません。
でも、それもまるごと“英語”として受け入れる姿勢が大切です。

また、いつまでもそこに引っかかっていたら先に進めません。
苦手は苦手として日々の訓練は重要ですが、それだけではなく、英語の楽しい部分も同じくらい感じられるようなプランを組んで勉強を進めて行きましょう。

とにかく単語を覚えよう!わからなくても慌てずに理解する姿勢がカギ

ひとつでも多くの単語を覚える努力は必要不可欠です。
それに単語は覚えるしかありません。

目で読んで口に出すことは効率の良い暗記の方法でもあります。

ココでのコツは、じっくり時間をかけ一つ一つ覚えていく方法よりも、さらっとでも、毎日全体を読み流すようなイメージで取り組んでいくと、暗記方法としてより効果的です。

最悪、文法がわからなかったとしても、単語がわかるだけで何となく意味を理解することも不可能ではありません。
また、そのままの意味とは違った意味を持つ慣用句やことわざや、知らない単語も前後の文章からイメージする力にもなります。

reading力は本や文章に触れた経験に比例する!

英語・日本語問わずたくさんの文章に触れたほうが、意味を予測しながら読み進めていく力がついている為に、英文の吸収消化も早い傾向があると言われています。

英文を取り入れていくときも、自分の好きな分野で文章を読み進めたりなど、文章をなるべく楽しんで読んでいく工夫をしましょう。

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。