ダイエットも美肌も実現!寝る前のうだうだタイムを美活に変える秘策|トピックスファロー

  • ウェブライターを大募集!ぜひ応募してください
1,413 views
2015年7月21日
ダイエットも美肌も実現!寝る前のうだうだタイムを美活に変える秘策

帰宅後はベッドの上で、ダラダラとスマホをいじるのが日課になっていませんか?そのムダな時間をトレーニングタイムに変えれば、今よりずっと心と身体が潤う、モテ女に変身できちゃうのに。スマホ片手でもできちゃう究極のズボラトレーニングをご紹介します。

セルフトレーニングコーチ/ライター
  

ベッドの上でのぐだぐだタイムを美活タイムに変えませんか?

「今日も残業で疲れたぁ〜」と、ベッドの上にごろん。スマホに手を伸ばし、今日のみんなのツイートをチェック。「あぁ・・・●●ちゃんはタイ旅行で水着姿かぁ。スタイル良くてズルいなぁ。私には無理だわ」「○○さん、結婚するの?この間まで一緒に彼氏いないトークで盛り上がってたのに・・・くそぅ!」

こんな生活、していませんか?(えっ!そんなの私だけ?)社会人になるとタスクが多く、なかなか自分磨きに時間を割けないのが現状。仕事帰りにトレーニングジムに通って汗を流すなんてタフなことは、なかなか続きませんよね。

スマホを覗いて周りの人の輝く姿を垣間見たり、テレビや雑誌でキレイな人を見たりすると、「私もキレイになりたい!」と固く決意(その間もごろんと寝転がったまま、今すぐトレーニングを開始しようとはしないのですが・・・)。自分の醜さに自己嫌悪に陥ってみたりはする。でも、その瞬間に何かを始めるわけではない。

結局頭の中でヒートアップするだけでムダに時間を過ごしてしまい、そのまま就寝。翌日起きてみれば、いつもと全く同じ自分で、まったく同じ生活をすることになるのです。

でも、それでは何も変わりません。ボディラインを引き締めたいのなら、引き締めるための行動を起こさなければなりません。肌トラブル知らずの美肌になりたかったら、美容に気を遣わなければいけないのです。夜のベッドの上のぐだぐだ時間を、心とカラダが潤う美活に変えることができたとしたら、今日より明日をよりよい自分で過ごすことができると思いませんか? ダイエット1

今の自分を変えるには、エネルギーが必要

「みんなに羨ましがられるメリハリボディを手に入れたい!」「コンプレックスだらけの自分を変えて、自分に自信をもちたい!」

そう考えた私は、とにかくたくさん勉強しました。ダイエットアドバイザーやリンパケアセラピスト、心理カウンセラーの資格をとり、“どうしたら魅力的な女性になれるか”を研究しまくりました。でも、「方法」が分かっただけでは変われませんでした。自分でもビックリするくらい私はズボラだったのです。

トレーニングジムにも通ってみました。しかし、だんだんと行く回数が減りました。ダイエットエクササイズのDVDを買いました。でも、当たり前の話ですがDVDは再生しないと見ることができません。勝手に再生して、「さぁ今すぐ始めなさい!」と私のやる気に火を付けてくれることはありませんでした。

効果があると分かっても、時間を割いてトレーニングをすることって難しい・・・。これまでと生活習慣を変えるには、かなりのエネルギーと努力が必要だということを実感しました。

「何」を「いつ」するかは自由

「それでも美を手に入れたい!」とズボラなくせに理想は高い私は、スボラなままでトレーニングを取り入れることができる方法を探しました。

そして気づいたのです。わざわざ時間を割いて気合いを入れて取り組まなくても、毎日の日常生活をトレーニングに変えればいい。だらだらしながらトレーニングをすればいい、ということに。

トレーニングはジムで行わなければいけないわけではありません。他のことを一切せずに集中しなくても、トレーニングはできるんです。いつ、どのタイミングの動作をトレーニングにするのかは個人の自由。「ズボラなら、ズボラの私が取り入れられることを取り入れればいいんだ!」そう思えたとき、私にとってトレーニングが「苦」ではなくなりました。

寝る前のうだうだタイムは美活に最適な時間!

実は、お風呂に入って血行がよくなり、心もリラックスしている寝る前の時間は美活に最適だってこと、ご存知ですか?美肌や美ボディを実現させるためには、食事や運動習慣を工夫することが重要。でも、どんなに必要な栄養を摂取しても、どんなに運動をしても、老廃物が溜まりっぱなしで疲労物質が代謝されないようでは、美しい肌やボディは実現できません。

寝る前のちょっとした工夫で体内のめぐりをよくすれば、代謝を上げて美肌効果やダイエット効果を高めることが可能。寝ている間に肌細胞を再生してくれ、老廃物を排出しやすく、翌日の活動でエネルギーを消費しやすい状態を育てることができるのです。 寝ころぶ

寝る前に取り入れたい美肌と美ボディを実現させるための秘策3つ

私はむくみやすい体質で、夕方には足がパンパン。マッサージ店に行った際に、「こんなにパンパンの人初めてです」と言われたこともあるほどです。そのまま寝てしまうと、翌朝は悲惨。顔や手足は腫れぼったく、疲労や老廃物が溜まっているせいかニキビができてしまうこともしばしばです。私のようにむくみや肌荒れに悩んでいる場合は、疲れや老廃物が凝り固まっている可能性があります。

体内のめぐりをスムーズにして、疲れや老廃物を流して代謝をUPさせるためにはどうしたらよいでしょうか?その答えは、「体液の循環をよくすること」。夜は体内のはたらきを高め、代謝をよくすることが美肌&美ボディへの近道です。スマホ片手でもできちゃう、ズボラな私でも続けられている寝る前の美活を3つご紹介します。

1:肌を若々しく潤わせる秘策

肌トラブルを防ぎ、潤いと透明感のある肌を育てたい場合は頭と足をマッサージして血流をよくし、肩を大きく回して全身のめぐりをよくするのがおすすめ。マッサージオイルを用意したり、専用器具を買ったりしなくても、あなたの片手があれば大丈夫。もう片方の手にスマホを握っていてもOKですよ。

(1)ヘッドマッサージで頭のコリをほぐす

手をグーにして、耳の上あたりをゴリゴリ押してみてください。“イタ気持ちいい”くらいの圧でOK。強くやれば良いという訳ではないのでご注意ください。

かなり凝っている人はニブい痛みを感じます。頭の耳の上部分にある筋肉は、食べ物を噛むときに使う筋肉。ここが凝り固まっていると顔への血流が悪くなり、肌トラブルやむくみに発展してしまいます。ここの凝りをほぐすことで、美肌だけでなく、フェイスラインをスッキリとさせる効果もありますよ。ごりごりと優しく回すように押してほぐしましょう。スマホ片手の場合は、片側ずつでOKです。両手で行えば、短時間で終わらせることが可能。

(2)足裏を押してみて、疲労を知る

自分の足裏、触ったことがありますか?ヘッドマッサージと同じように手をグーにしたら、人差し指と中指の関節を少し持ち上げてとがらせてみて下さい。そのまま足裏を押し、ぐりぐりと回してみましょう。押す場所によって、また、日によって感じる痛みが違います。凝り固まっているところ、つまり疲れが溜まっているところを知ることができますよ。

押すと痛い、凝っている部分を見つけたら、イタ気持ちいいくらいの圧でぐりぐりとほぐしましょう。「ほぐさなきゃ!」と一生懸命にならずに、気持ち良いマッサージで癒されるつもりで行って下さい。体内の巡りをよくするためには、リラックスすることも重要です。

頭と足をマッサージしたら、顔周りと足の血流が良くなっています。さいごに全身のめぐりをよくして締めくくりましょう。

(3)肩を大きく回して全身のめぐりをよくする

最後の仕上げは簡単です。肩を大きくぐるぐる回すだけ。片方ずつでも、両方でもOKです。デスクワークが多い場合や、姿勢が悪い場合は、肩も縮こまって血流が悪くなっています。夜は身体を大きく開放させて、めぐりをよくすることが重要です。

2:ダイエット効果をUPさせる秘策

メリハリボディを育てたいなら、筋肉を使う必要があります。筋肉は自然のコルセット。お腹やお尻、足の輪郭をつくっているのは筋肉です。どんなに食事制限でやせても、筋肉が無ければ引き締まりません。やはり運動は必要です。

でも、面倒なのは無理!そんな場合は「空中自転車こぎ」がおすすめです。ウエストラインと太ももをキュッと引き締めることができますよ。

方法は簡単。ごろんと仰向けに寝っ転がり(スマホを見ていてもOK)、両足を上に上げて自転車のペダルをこぐように足を動かすだけ。100回やるだけでも、かなり筋肉を使っていることを実感できると思います。

このとき、腹筋に力を入れるとウエストラインも引き締めることができます。足だけでなく腰を浮かせれば、さらに効果がUPしますよ。

3:心に余裕のある女になる秘策

3つ目は、メンタルトレーニング。魅力的な女性を目指すなら、メンタル面をないがしろにしてはいけません。

あなたにとって、魅力的な女性はどんな女性ですか?身近な知り合いでも、芸能人でも、その魅力的な女性はあなたにとって生き生きと輝いて見えているのではないでしょうか。私が「会って話したい!」と思う友人は、いつも未来に前向きで、一緒にお茶をするだけでエネルギーをもらえます。その人がすぐに笑うので、私もつられて気づけば笑ってばかりです。

モデルや女優さんたちだって、いつも笑顔で輝いているからこそ、魅力的に見えるのですよね。前向きに人生を楽しんでいると、笑顔が増えます。自然と目線もあがり、姿勢がよくなります。笑顔が増えると顔の筋肉をたくさん動かすことができ、血流がUPして顔色が明るくなります。身体を縮こめることなく、胸を張って過ごせば、体内のめぐりも良くなり代謝もUP。メンタルのトレーニングは美容効果抜群なのです。

そこでおすすめなのが「今日あった良い出来事を書き出す」こと。失敗したり落ち込んだりすることがあった日も、些細なことでいいので眠る前には良かったことを思い出しましょう。「○○しただけでお礼を言われた」「○○で役に立てた」「褒められた」という成果でもいいですし、「美味しい○○を食べることができた」「早起きできた」なんて満足できる出来事でもOK。

1日の終わりに「良いことがあった!」と思い返すことで、明日へ前向きな気持ちに切り替えることができます。「こんなんじゃダメだ・・・」と思ってふてくされながら寝るよりもずっと心穏やかに、顔の筋肉もしなやかな状態で眠ることができます。

良いことを書き記す日記をつけることはかなりおすすめですが、私のように続かないという場合はスマホのメモ帳にささっと書き出しましょう。たた1〜2分でできちゃいますよ。誰かに監視されないとなかなか続けられないという場合は、友だちと送り合って、お互いのポジティブマインドを高め合う、という方法もおすすめです。

ガッツポーズ

1つずつでも実践してみよう

世の中には、美容や健康に関する知識や方法が山のようにあります。たくさん取り入れた方が、時間を割いて集中して取り組んだ方が、効率よく美を実現することができるかもしれません。ですが、実践できないのでは、続かないのでは、意味がありません。

“私ができること”は、夜寝る前にベッドの上でちょっとだけ時間をとって美容法を試すことでした。負担の大きいものや、難しいものは続きませんでした。多くの美容法を試しあさって「これなら疲れていても、スマホをいじりながらでもできる!」と感じたのが今回お伝えした3つの方法。ズボラ女子の代表として、自信をもっておすすめできます。

まずは1つでも大丈夫。1つできるようになったら、2つ目も挑戦する気が起こるものです。最初から3つやるのは面倒で手が出せないのでは、1つも達成することはできません。

あなたが「これはやりたい!」とビビッときたものはどれですか? ぜひ、今日のベッドの上で実践してみてくださいね。

著者:NaoKiyota

セルフトレーニングコーチ/ライター
アイコン
心理カウンセラー、ダイエットアドバイザー、リンパケアセラピストの資格をもつ自分磨きのプロ。心を置き去りにしたダイエットで女を失いかけた経験を活かして“健康的で美しい、ぷるっと潤う幸せ美人”になる方法を各種メディアで発信中。

毎日を史上最高のあなたで過ごすこと。「ぐふふ♪」と思わずニンマリしてしまうような未来を予定し、実行し、実現していくこと。そんなセルフトレーニングがあなたを世界一美しい幸せ美人へと成長させてくれます。

「自分が大嫌い」「自信が持てない」「何をしたら良いかわからない」そんな私が多額の費用と時間をつぎ込んでやっとの想いで編み出したのが“自分自身がコーチになって、なりたい自分を実現させるセルフトレーニング”。今すぐ愛され美人になるためのセルフトレーニング、始めませんか?