若さの素・プラセンタを体に取り入れて若々しさをキープしよう|トピックスファロー

  • 署名記事をかけます!ライターの実績を積みたいならフォークラス
1,255 views
2015年8月13日
若さの素・プラセンタを体に取り入れて若々しさをキープしよう

訳もなく体の節々が痛い、目がかすむ、身体のひどい乾燥、素顔のシワなどなどに、あなたは襲われていませんか?これらのつらい症状は、実はプラセンタの摂取で抑えることができるのです。

フリーライター・コラムニスト
林くららのfacebookアイコン
  

プラセンタって動物臭がきつくない!?

プラセンタ配合の基礎化粧品は、お肌の老化を防ぐという意味で大変人気があります。

しかし、プラセンタの原材料はブタなどの動物が原料になっていることもあり、お肌に塗るにはちょっと動物臭がきつく、軽く抵抗を覚える、という人がとてもたくさんいました。でも、お肌の老化を防ぐ3大エキス、エラスチン、コラーゲンとともにプラセンタも進化をとげ、今では動物性から植物性のプラセンタや海洋プラセンタへと主流が変化しています。

ちなみにプラセンタとは、胎盤のことです。胎盤を顔に塗るオンナ・・・恋人やダンナには決して知られたくありませんね。

そう、男性はいくつになってもパートナーに女性らしさを求める傾向があるので、パックをしている姿や白髪染めをしている姿と同様、プラセンタなどの化粧品をお肌に丹念にたたき込んでる姿も、なるたけパートナーには見せないことをお勧めします。どうせなら、プラセンタできれいになった顔を見せるようにしましょう。 化粧品

健康オタクの母はこだわりが強い!

私の母は自他ともに認める健康オタクです。そのこだわりはオタクを飛び越え、もはやマニアの域に達しています。

たとえば、飲み物ひとつにしても、ものすごいこだわりなんです。痩せようとしてウーロン茶を飲んだら、息がくさくなりウーロン茶はダメ。カルシウムを摂ろうとして牛乳を飲んだら、ポワンとなったから牛乳はダメ。

こんなのは序の口でどんどん間口が狭まくなってきました。その他にもさまざまな飲み物で健康法に取り組んできましたが、もうどれもダメダメのオンパレードで飲むものがなくなってしまいました。唯一残された道はズバリ、水道水を飲むことです。

結果、どうなったと思いますか?水ですよ?ただの水。しかも水道水。口をひねって水道水をコップに注いで飲んだ母はいわく、「水飲んだらアカン!飲んだらアハ~ンってなるねん!」と真顔で、自分の体験談をもとに私に忠告してきたのです。どんなんやっちゅうねん! 水道水

母は現在、ビタミン摂取のために柿の葉茶を飲んでいますが、どうも歯がくさくなってきてるのだそうです。「柿の葉茶もアカンわ。このごろ歯ァクサくなってきたと思うねん。どう思う?」って、息を超・至近距離でハア~ッと顔面にかけられたときには、それまでの蓄積もあり、さすがにむかっ腹が立ってしまいました。

プラセンタの美容液とサプリメントを母にプレゼント!

そんな母に、私のすすめた栄養摂取の方法はなんでしょう?それは・・・ババン!!プラセンタの美容液と、プラセンタのサプリメントです。

前の飲み物編の時の様に、年甲斐もなくアハ~ンとなられても困るので、私がすでに実験台になってその効能は把握済みです。私は自信を持って、満を持してプラセンタの美容液とサプリメントを母にすすめました。

まず実験台の私に現れたのは、美容液による外面ケアでは、お肌のモッチリ感、笑いジワの消失、弾力感などで、お肌全体が奥底から持ち上がってきてる、という感じです。

サプリメントの方はもっと画期的に効き目が表れました。まず、瞳がキラキラ輝き潤い、10代の少女のようなみずみずしい瞳になりました。それから爪が足の先まできれいな桜貝のようなピンク色になり、マニキュアするのももったいないくらいになったのです。

もちろんうるおいは頭のてっぺんから足先まで現れました。髪の毛はつやつや・しっとり、何となくぼやけてた輪郭もしゃきっとして、もう、効果はてきめんでした。私は心から自信を持って、このプラセンタ美容液、プラセンタサプリメントをセットにして、母にプレゼントしました。 潤い

ハッキリ言って、お財布は痛かったです。でも、あんなふざけたことを真顔で言っては悩みのループにはまっている母を助けたかったから、がんばれました。

母に表れたプラセンタの驚くべき効果!!

プレゼントを受け取った母はサプリメントの値段の高さに驚いていましたが、安いのは、安かろう悪かろう品だ、ということを私自身ですでに実証済みだったので、それも合わせて母に伝えたら納得してくれ、「今日から早速使ってみるわ!ありがとう!」とうれしそうに受け取ってくれたのです。

効果は母の身にもてきめんに表れました。喜びの電話が入ったのはプレゼントしてからわずか3日後。「お父さんがな、お前綺麗になったな、って言ってくれてん!」女性としてこれ以上の喜びはあんまりないだろうほめ言葉を父に言われた母は、舞い上がっていることをさっぴいても、プラセンタの効能をしっかり・ハッキリ実感できたようでした。

母の気にする変な副作用も一切なし!それに、実はちょっとすきま風の吹いていた両親ですが、また仲良くなれたそうです。

夫婦

みなさんも、たしなみのひとつとして、プラセンタを常備してはいかがでしょうか。(ただし、効果には個人差があります。)

著者:林くらら

フリーライター・コラムニスト
アイコン
林くららのfacebookアイコン
初めまして!林くららと申します。どうぞ以後お見知りおきをお願いいたします。ライティングはオールジャンルで精一杯頑張りたいとは思いますが、基本的にはサブカルチャーに特化しています。その中でも特に80年代後半から90年代頭の音楽バンドシーンなどは得意ジャンルです。また、つたない経験といたしましては最近では、WEBライターなどあります。しかしながら過去のライター経験をかざすというよりは新人として一からしっかり学びながら頑張りたく思います。ちなみに文体は潔く、ハッキリとしたもの言いが多いようです。また、内容によっては毒舌な一面も多く見受けられるそうです。皮肉を盛ることによって物事を斜めから見た文体も書きますが、その場合文末できもち内容を持ち上げるように心がけ、文を読んだ人が面白がる文体に仕上がるように気を付けています。むしろどちらかといえばマジメ一辺倒の文より得意としています。こんなくらら一玉いかがですか?