【もう我慢出来ん!】隣人との騒音トラブルを解決する方法|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
38,292 views
2012年11月2日
【もう我慢出来ん!】隣人との騒音トラブルを解決する方法

マンションに住んでいる限り、隣人がたてる音に悩まされるのは仕方がない事かもしれませんが、まれにトラブルが裁判にまで発展するケースがあります。精神的に負担になる騒音、なるべく早く解決したいものです。そこで騒音に悩まされた時の対処法を調べてみました。

WEBライター
  

一人で対処するのは更なるトラブルの元

隣人のたてる音がうるさいからと、こちら側からも大きな音をたてたり、壁を叩くような事をしては、相手側から訴えられてもおかしくありません。

だからと言って、一人で直接苦情に行く事はお勧めできません。
隣人が顔見知りで会っても険悪な事になりかねませんし、顔も知らない人であればなおさらです

大家さんか管理会社に相談

直接、隣人の所へ行く前に、まずは大家さんか管理会社へ「迷惑している」という事を伝えましょう。
大抵の場合は、大家さんから隣人へ注意を行ってくれます。
のちのち問題が多くなった場合でも、事件の経過を大家さんが知っていれば、余計な説明や誤解を受ける事も無いでしょう。

それでもだめなら警察へ

大家さんの注意があっても、一向に進まない場合。もしくは住んでいるのがマンションではなく、隣人が持家だった場合は警察に相談するしかありません。

ですが、いきなり110番をしてもまともな対応は期待できません。近くにある交番や派出所へ相談に行くのが良いでしょう。
警官の注意も聞かず、それでも騒音を出し続けた場合には、軽犯罪法に触れる事になります。
しかし、よほど警官の前で迷惑行為を繰り返すような場合以外では、即逮捕とならず注意して終わる事となるでしょう。
それでも、警察からの注意ともなれば、迷惑行為を改めてくれると期待できるのではないでしょうか。

どうしても我慢ができないなら裁判へ

大家さんでも解決できず。警察では現場を押さえる事ができない。
それでも騒音が止まず、我慢の限界になってしまったら、後は裁判に持ち込む以外に方法は無いでしょう。

その為には弁護士に相談する事になります。
隣人の騒音によって被害にあっている事が裁判で証明できれば、騒音を出すことを禁止する事が出来ますし、不眠やストレスによる病気など健康被害があれば、その分の損害賠償を請求する事も可能です。

騒音の証拠となる物を残しておく

誰かに相談するにしても、自分の精神的な苦痛を話だけで分かって貰うのは難しいでしょう。
また、騒音が深夜の時間帯など、第三者が騒音を確認しにくい事もあると思います。
そういった時には、証拠となる物を残しておくことが重要になるでしょう。

音や映像で残す

携帯電話でも簡単に映像が残せるようになりましたので、記録自体は難しくないと思います。
しかし、記録した物では実際に聞こえている騒音より小さく聞こえる可能性もありますので、映像の中に比較となる物を入れると効果的でしょう。

比較の仕方として、テレビの音量を映す事が比較的簡単です。
テレビの音量はテレビ画面に表示されますので、聞こえてくる隣人の音とテレビの音の大きさから、おおよその見当はつくと思います。

時間を残す

普段では我慢できる大きさであっても、深夜では我慢できないケースは多々あります。
そんな時は映像と一緒に時計を映すなど、その時の時間を確認できるようにすると良いでしょう。
また、騒音が長く続く時などはメモを残しておくだけでも問題はないでしょう。

騒音計を使う

騒音計を用意できるのであれば、証言により説得性が増すでしょう。
騒音計とは、『音の大きさを騒音レベルとして数値化する装置』です。

騒音レベルの目安としては、掃除機やキータイプの音は『うるさい』と言われる70dB(デシベル)。図書館の音量で40dBとされています。
なお、深夜では40dB程度でもうるさいと感じる事が多いようです。

神経質になると悪循環

しかし、マンションでは壁一枚向こうに生活している人がいる以上、ある程度の生活音は許容する寛容な心も大切です。
深夜まで大声で騒いでいたり、一日中大音量で音楽を流すような行為は論外ですが、朝10分の目覚ましはどうでしょうか?

あまりに音に敏感になり過ぎると、音が聞こえない時でも『いつ騒音が鳴り出すか』と待ち構えるようにもなりかねません。
常に神経を張りつめていては、余計なストレスを溜める事にしかなりません。

著者:塩屋 謙

WEBライター
アイコン
職業は編集・校正、そしてWEBライターでもあります。興味の範囲を広げつつ、様々な記事を書いています。