痩せすぎに注意?!花嫁におすすめのブライダルダイエット法3選|トピックスファロー

  • 主婦からプロまでライター募集
2,344 views
2013年3月4日
痩せすぎに注意?!花嫁におすすめのブライダルダイエット法3選

ウェディングドレスは、少なくても挙式の3ヶ月前には決める必要があります。その際、ジャストフィットのサイズを選ぶことから、花嫁の許される体重の増減は2kg。何かとストレスが多い3ヶ月間で、その体型を維持するためには、花嫁はどうしたらよいのでしょう。

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

ブライダル“プチ”ダイエットのすすめ

ウェディングドレスを選んでしまった後で、大幅な体重の増減があってはいけない花嫁にとって、過酷なダイエットはNG。痩せすぎないためには、以下の3つのような健康的なプチダイエットがおすすめです。

しっかりと睡眠をとる

「寝る子は育つ」いう言葉がありますが、睡眠には成長以外にもさまざまな効果があります。
まず、寝ている間に分泌される成長ホルモンには、皮膚や筋肉などの細胞を修復する役割があります。そして、細胞を修復の際に起こるのが、大量のエネルギー消費と代謝なのです。
しっかりと寝るだけで、健康な人なら1kg近く痩せるというのだから、たかが睡眠とあなどってはいけません。

また、食欲を抑制する「レプチン」と、食欲を増進する「グレリン」という、2つのホルモンも睡眠に関係しています。睡眠時間が短いと、脳に満腹信号を出すレプチンが減少するため、満腹感が得られにくくなり、さらに、「空腹ホルモン」と呼ばれるグレリンの分泌が増えることで、食欲が刺激されてしまいます。
睡眠不足によって、2つのホルモン分泌のバランスが崩れることで、食欲のバランスも崩れてしまうのです。
このような理由から、十分に睡眠をとることは、太りにくい身体を作ることにつながるのです。

シャワーではなく入浴を

疲れていたり、時間がない時には、入浴ではなくシャワーで済ましてしまうという人は多いはず。
体の汚れを洗い流すだけなら、シャワーでも十分ですが、新陳代謝を高めるためには、しっかり湯船につかることをおすすめします。

特にダイエットには、42~43度のやや熱めのお湯が効果的だといわれています。3分入浴してから、浴槽の外で5分休憩する、というサイクルを2~3度繰り返すことで、脂肪の燃焼や発汗作用があるのです。
入浴は、一日の終わりに短時間、お風呂につかるだけで、ダイエット効果が得られる上に、リラックスや安眠効果もあることから、挙式前で忙しい花嫁にはピッタリのダイエット法だといえます。

糖質を控える

カロリーを気にせずに痩せられると人気の「糖質制限ダイエット」は、文字通り、糖質を控えることでインスリンというホルモンの分泌を抑えて、皮下脂肪がつきにくくするというダイエット法です。
糖質といっても、砂糖やブドウ糖などの甘い糖類だけではありません。
お米や小麦に含まれるでんぷんなどの糖や、糖アルコール、合成甘味料も糖質に含まれるため、主食となるご飯やパンなどの炭水化物や、イモ類や玉ねぎなどの根菜類、果物、お菓子なども制限の対象になるのです。

反対に、このダイエット法の良いところは、糖質が少ない食品は気にせずに摂っても良いということ。ダイエットだからといっても、サラダやお豆腐などの味気ない食事で我慢しなくてもいいのです。
お肉やお魚は対象にはならないので、トンカツやエビフライなどの揚げ物をガッツリ食べても、罪悪感を持つ必要はありません。
ただし、糖質を制限する場合、糖尿病や内臓疾患のある人は医師との相談が必要です。

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。