海外挙式の費用は意外に安い?でも注意すべきポイントも抑えましょう|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
825 views
2014年3月5日
海外挙式の費用は意外に安い?でも注意すべきポイントも抑えましょう

挙式は日本国内だけでなく海外でも行うことができます。 海外挙式と聞くと費用を心配する人もいますが、意外に安い費用で行うことができます。 ただし注意しなくてはならないこともあるため、海外挙式の費用と注意すべきポイントを紹介します。

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
  

海外挙式に掛かる費用は場所や時期によって安いと言えます

海外挙式を行う場合、費用を気にする方も多いと言えます。

しかし、意外に海外挙式は安い費用で済ませることも可能となっています。
もちろんお金を掛ければ掛けた程、様々なオプションを組み込んだりして華やかな挙式を迎えることができますが、予算の都合に合わせて安い費用で海外挙式を挙げることができます。

基本的に海外挙式は、手配会社が提供しているパッケージプランなどを利用して挙げることになります。そのパッケージプランに必要最低限の内容が組み込まれているため、このプランだけでも十分な挙式を挙げることができます。

そのため、海外挙式の費用は、基本となるプランに追加で組みこむオプションの費用によって高くなってしまう場合があると言えます。

また、海外挙式を行う場所と、その時期によっても大きく変動してきます。

例えば日本近隣の国での挙式と、遠方にある国での挙式の場合、遠方にある国の方が渡航費用なども多く掛かるため、挙式に掛かる費用が高くなってしまう場合があります。また、ゴールデンウィークなどの長期休暇の時期の場合、多くの人が海外旅行などに出かける人気の時期となるため、渡航費用などが高くなってしまい、挙式に掛かる費用が高くなる場合があります。

注意すべきポイントの一つであるウェディングドレスについて

海外挙式で注意すべきポイントの一つに、ウェディングドレスが挙げられます。

海外挙式に必要となるウェディングドレスの入手方法としては、日本国内から持参する方法と、海外で入手する方法が挙げられます。
海外挙式を取り扱っている会社によっても違いますが、日本国内から持参する場合は、購入したりレンタルしたウェディングドレスを持参することになります。日本国内から持参する場合は、事前にドレス合わせなどを行うことができるため、気に入ったドレスを挙式に使用することができるようになります。ただし、持参する場合は、日本から持っていく手間が掛かったり、現地での微調整などを個人で行うことが必要となってくる場合があるため、注意が必要となります。

海外で入手する場合は、日本で試着したドレスを海外のドレスショップでレンタルする方法があります。この方法の場合、事前に気に入ったドレスを選ぶことができるというメリットがあるものの、このシステムに対応したドレスショップが多くはないため、気に入ったドレスがない場合もあり得ます。

また、事前に日本でドレスを試着することなく、現地でレンタルする場合もありますが、この場合は渡航してから限られた時間の中でドレスを選ぶ必要があります。
このように国内での挙式にはない手間などが掛かると言えます。

注意すべきポイントの一つである健康管理について

通常の挙式でも言えることですが、海外挙式の場合はより一層健康管理に注意することが、重要なポイントと言えます。

特に遠方の国で挙式を迎える場合は、非常に長い時間飛行機に乗っていることになるため、疲労などが溜まってしまうことに繋がります。また、日本との時差も生じてくることから、昼夜が逆転してしまったりすると、身体に与える負担も大きいものとなっていきます。

海外挙式の場合、その場所やプランなどによって挙式を行う日は様々ですが、もし到着後翌日などに挙式を控えている場合、移動の疲れなどが溜まっていると折角の挙式を楽しむことが難しくなってしまいます。

特に渡航前から風邪などをひいて体調を崩してしまっていると、移動の負担などによって疲労が蓄積してしまえば、挙式を迎えることができなくなってしまうこともあり得ます。
そのため、海外挙式を考えている方は、国内挙式を行う人以上に、日頃から健康管理を徹底して、体調を万全の状態に整えておくことが重要であると言えます。

海外挙式後にハネムーンに行く方も多いため、そのような方は尚更適切な健康管理を行って、万全の状態でハネムーンなども楽しむことができるようにしておくことが重要と言えます。

著者:坂下モド

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
アイコン
ペットを飼っている関係上、ペット関連の記事を多く執筆。現在ではジャンルを問わず、政治・経済なども