空いている時間も有効活用できる、最新おすすめ英語学習5つ|トピックスファロー

  • 取材などできるフリーライター募集
1,462 views
2014年3月5日
空いている時間も有効活用できる、最新おすすめ英語学習5つ

英語は、広く世界で使われている言語です。そのため、英語を学習することには大きなメリットがあります。忙しくて勉強する時間が取れない人でも、無理なく英語学習を行う事ができる、おすすめの5つの学習方法があります。

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

デジタル音楽プレイヤーで英語を積極的に聴く

英語の学習方法としてまず一つ目に挙げられるのが、携帯型のデジタル音楽プレイヤーを使用する方法です。

音楽プレイヤーはデジタル化し、大量の音楽データを小さなプレイヤーに保存する事が出来るようになりました。

そのため、長時間の英会話を耳から聞く事ができます。

英語学習にとって、ヒアリングは重要な要素です。

耳からいつも英語を聞いて慣れ親しむ事によって、英語への抵抗をなくします。

耳が英語を聞く事に慣れることによって、英語の学習スピードが高まります。

ヒアリング能力が高まれば、それに伴ってスピーキング能力の向上も期待ができます。

耳から入ってきた英語の情報をしっかりと聞き取れるようになることが、スピーキングには重要です。

音楽プレイヤーで常に英語の音声を聴き続ける事が、実際の英会話の場面でも緊張することなく会話ができる手掛かりになります。

これまで英語に抵抗感や苦手意識をを感じていた人にとっては特に、気軽に始められる音楽プレイヤーからのヒアリング学習が役立ちます。

現在では、音楽プレイヤーもごく安価に手に入れる事が出来るようになったため、英語学習を始めるにあたってのイニシャルコストを抑え、経済的な面でも大きなメリットがあります。


読み書きから高められる英語能力

英語の勉強をのための学習方法として2つ目に挙げられるのは、英語のニュース記事を読むことです。

英語から情報を取り入れる上で重要なのは、リーディング能力です。

文章から得られる情報は、膨大な量にのぼります。

そのため、リーディング能力を高める事は必要不可欠です。

英語を読む能力が高まれば、英語を情報ツールとして積極的に使えるようになります。

世界中からニュースが日本に寄せられる中、英語ニュースを読む事によって、リーディング能力を高められます。

また、英語のニュースは毎日配信されていることから、文章量を大量に確保する事が出来ます。

さらに英語学習に役立つ3つ目の方法としては、目にしたり耳にした英語の文章を、書き写す事が有効な学習方法です。

ヒアリングやリーティングは、英語をインプットするための英語学習方法です。

しかし、英語は取り入れるだけでは身につきません。

自ら英語を書いて出力することによって、本当の英語力が身につきます。

英語のニュースや参考書、さらに英語の音楽素材でも、読んだり聞いたりするだけでなく、空いた時間でペンを手にとって実際に形として書き写すことが、ライティングの面から英語の能力を高める着実な英語学習の手段です。


インターネットやソフトウェアによる英会話や単語力の強化

英語能力を高める4つ目の学習方法には、インターネットで英会話ができる環境を整える事が挙げられます。

英語は、会話で使えるようになることも重要です。

しかし、座学だけでは実践的な英会話能力を身につける事が出来ません。

これまでは、英会話教室や海外留学などの手段が、英会話能力を高めるための手段でした。

ただしそれらの手段はハードルが高いのが難点です。

インターネットであれば、多大な時間や費用をかけることなく、気軽に海外の英語を話す人たちとのコミュニケーションを取ることが可能です。

さらに英語学習法の5つ目の手段として、英単語学習用の教材やソフトウェアを使用することです。

英単語の暗記は、英語の語彙力を高める上で避けることができません。

しかし、英単語を覚える作業は苦痛が伴います。

その結果、英語の苦手意識を高めかねません。

効率的で無理なく英単語を覚えていくためには、単語の記憶をサポートするためのツールが必要不可欠です。

英単語学習が進められる英語教材が、書店や通信販売で数多く販売されています。

また、パソコンを使えば、映像や音声を使ったソフトウェアを使用することで、多様なメディアによるサポートを受けて英単語学習が進められます。

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。