思考の遅い男と急かす女、聞き上手は恋愛上手?女が折れるが近道!?|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
3,671 views
2015年4月27日
思考の遅い男と急かす女、聞き上手は恋愛上手?女が折れるが近道!?

返事の遅い男に対して、女はそれをを急かします。昔から「聞き上手は恋愛上手」とはよく言ったもの。女が折れなければどうにもならないのかもしれません。心理学・脳科学の観点から男と女の「脳のメカニズム」について一緒に学んでいきましょう。

ライター
  
「聞き上手は恋愛上手」これは昔からいわれています。そういわれる理由について、心理学・脳科学の観点からお話しましょう。男性と女性は物事を判断する脳のメカニズムが違うのです。男性は左脳情報(今見ている現状と相手が話している言葉)から論理的思考なのが特徴で、女性は右脳情報(五感を使ってえたあらゆる情報)で感じた感情が先立ってしまうのが特徴です。このように思考回路が全く違うのですから、男性の論理的思考を遮らないように感情を先走りそうになるのを我慢しなければなりません。「いい女」は心にゆとりがあって男性のプライドを傷つけない聞き上手なんですよ。

男性の意見を遮ってはいけない


人は右脳情報と左脳情報を共有してものを考え、さまざまなことを思ったり感じたりします。
では、右脳と左脳はどんな働きをしているのかを解説しましょう。
怒る女
右脳は五感で感じ取った情報を感覚的に整理し、左脳は聴覚と視覚のみの情報で論理的に整理(考察)する役割を持っています。

ところが、男性は右脳と左脳を繋ぐパイプが非常に細いのに対し、女性はそのパイプが非常に太い、という形態の違いがあります。

この形態の違いから、男性は主に左脳情報だけで論理的に物事を感じ、処理することが多く、女性は右脳・左脳両方の情報を使って、情報量の圧倒的に多い右脳を中心に物事を感じ・考察することが多いのです。

だから、男性は今この瞬間重要なことを論理的に、そして合理的に取捨選択します。
なので、言おうとしたことを遮られてしまったら、「まぁ、いっか!そんなに重要なことでもないし」と言葉を引っ込めてしまいます。
或いは、忘れてしまったりもします。

一方その瞬間のことだけ考えている男性にとって、その言葉は大して重要ではなくても、右脳・左脳両方の情報全てを直観的に感じている女性にとっては、一番聞きたい重要な言葉だったりするのです。

しかし、男性が右脳と左脳を繋ぐパイプが細いので、右脳情報を取り入れて考察し、女性の気持ちに辿り着くには、女性よりも長い時間が必要なのです。

男性が行動に出るのを待とう


カップルの喧嘩の場合は、特に男女の思考パターンの違いが大きく現れます。
男性は、喧嘩が始まった瞬間を切り取って分析し、解決する方法を論理的に考察します。

それに対し女性は、自分の怒った気持ちの過程をわかって欲しいのです。

男性はとにかく穏便に収まる結果を重視し、女性は原因を重視するという視点の違いから、感情的になればなるほどすれ違ってしまうわけです。

女性は「わからないならもういい!」、男性は「どうすればいいんだ?」といった感じです。
男性に女性の気持ちを考えさせるには、右脳情報を使わないといけないので、その情報が細いパイプを通る時間と努力(理解したいと思う気持ち・愛・友情)が必要です。
男性にわかって欲しい時は、男性に冷静になって考える時間を与えてあげないといけません。

女性の誘導力も必要


男性にとって、女性が怒りだした瞬間は、まるで地雷を踏んだ瞬間のようなものです。

自分が何をしたのか訳がわからずパニックになっているにもかからず、売り言葉に買い言葉になっているのです。
そういう時に「愛してるなら私の気持ちをわかって!」と言っても男性だって「愛してるなら何でそんなこと言い出すんだ!?」という感じでしょう。

それに、運悪くタイミングを逃した男性は、決定的に嫌われたくないばかりに、何もできずに時間ばかり過ぎてしまうこともあります。

女性が何もしなければ、自然消滅にもなりかねません。

女性には理解できないでしょうが、男性は本当にどうして良いのかわからないまま、自然消滅になってしまうこともあるのです。
泣く女
そういう時は、自然消滅を避ける手段は、女性自らが折れて、男性に自分の気持ちを優しく説明しないといけません。

女性が少しだけ勇気を出して、メールで一言「会いたい」と送るだけで、男性は喜び勇んでやって来てくれるものです。

そして女性が「あの時は悲しかったな」とか一言語るだけでいのです。

後は仲直りしたい男性は、もう聞く体勢になっているのですから、話は自然と仲直りの方向へと進むでしょう。

そして男性は、あなたを泣かせたことを心から反省して、後悔してくれるでしょう。

男性が「愛しているからわかる」状態になるには数十年添い遂げてもまだ足りないかもしれません。

でも、愛情が深ければ、男性は女性の思考パターンを一生懸命学習してくれます。
だから、それまでゆっくり気長に男性を誘導し見守れるくらいの器が、女性にも必要でしょう。
「いい女」は器が大きいものなんですよ。
それにこの器の大きさが釣り合わなくなったとき、破局が訪れるのかもしれませんね。

意見は言っても指図はしないのがコツ


最近は草食男子が増えたといいますが、男性は本能的にプライドの生き物です。
だから、「私○○が好き!」と言っても、彼にあとはお任せしておくのが秘訣です。

仲直り そして「嬉しい」感情は、少々照れくさくても男性にわかりやすく表現しましょう。

男性は、大切な女性の喜ぶ顔を見るとプライドが満たされた気分になることが多いようです。
これは、古来狩猟本能からくる支配欲の現れともいわれています。

男性が、恋人の笑顔を見るだけで幸せな気分になれたり、がんばれたり、すごい集中力を発揮できたりするのはこのためだといわれています。


いかがでしたか?

仲良くしたいなら「負けるが勝ち」の精神がお得です!
男性は女性のように「僕をわかって!」なんて言えないのですから、一歩下がることで男性思考に比重を置くと、少し優しい気持ちになれるかもしれません。

著者:宝生桐子

ライター
アイコン
法律関係・心理学・メンタル関係の多数の資格を利用して、今までさまざまなコラムを連載して参りました。
わかりやすい文章で、さまざまな生活お役立ち情報をご紹介させて頂きます。どうぞよろしくお願い申し上げます。