【満期で同額返戻】加入前に知りたい養老保険の長所と短所|トピックスファロー

  • 在宅ワークのライター募集
1,097 views
2012年7月23日
【満期で同額返戻】加入前に知りたい養老保険の長所と短所

自分の将来の事を考えて養老保険を視野にいれている人は少なくないと思います。しかし、養老保険とはどんなものか知らないと契約できないのでは。養老保険とは何か。どんなメリットとデメリットがあるのか説明しています。

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
  

養老保険とはどんな生命保険なのか

生命保険の話を聞いていると、『養老保険』という言葉を耳にする事があると思います。
字を見ると『老後も養う保険』なので、これは素晴らしいと思うかもしれません。
字だけを見ると素晴らしい保険だと思いますが、実際にどんな内容なのか解らない事もあると思います。

養老保険は確かに優れた効力を持つ保険ですが、加入前に『内容』や『支払い方法』という部分を知っておくのも大切です。

養老保険の特徴やメリットまたデメリットにはどんなものがあるのか分析してみましょう。

養老保険の種類

養老保険とは、『満期の際に死亡した時と同額の金額を受け取る事ができる』保険です。この制度は被保険者が死亡した時だけではなく、生きていたとしても満期が来ると受取金がもらえるという制度です。
このシステムを持った養老保険にはどんな種類があるのでしょうか?

この養老保険は、2つに分類されます。

普通養老保険

 被保険者が生存していても満期が来た場合には、死亡した時と同額の金額を受け取れる保険です。

定期付養老保険

 これは、普通養老保険に『定期保険』を上乗せしたタイプです。一定の期間ですが、死亡した際の保障や特約を多くするためのものです。 さらに支払い方法によっては3つに分類されます。

一時払込養老保険

保険を契約する際に一括で保険料を支払う方法の保険です。割引率は高いです。

短期払込養老保険

満期になる前に保険料の全額を支払う方法の保険です。割引率はやや高いです。

全期払込養老保険

満期になるまで毎月保険料を支払う方法の保険です。

養老保険の特徴に伴うメリットとデメリット

どんなものにもメリット・デメリットがあります。養老保険もそうです。
養老保険の特徴は、『満期の際に死亡した時と同額の金額を受け取る事ができる』保険なので、それ相応のメリットとデメリットがあります。

養老保険の加入を考えている人は大切な部分です。
一体どんなものがあるのでしょうか?

メリット

  • 被保険者が満期時に死亡していなくても死亡時と同額の金額が受け取る事ができる。
  • 貯蓄機能があるため貯蓄性に優れている。
  • 特約などをつけずに契約し、尚且つ満期まで継続するなら元本割れはない。
  • ものによっては割引率が高い。(一時払込養老保険)

デメリット

  • 他の保険に比べると、保険料が高い。
  • 終身タイプではないため、被保険者が生存時に満期をむかえると他の特約や保障がなくなる。
  • 養老保険満期後に他の保険にする場合、年齢が高くなっているため高額な保険料が必要になる。
  • 途中で解約をする場合は元本割れする事がある。(時期による)

保険の加入は最終的に自分に委ねられる

養老保険は、このような特徴やメリット・デメリットがあります。被保険者の生死に関わらず満期がくるとお金が戻ってくるというシステムは遺族のためにもなります。『一石二鳥』と考えることもできますし、そうではないと考えることもできます。

保険の加入に関しては最終的に自分で決めなくてはなりません。もし自分が養老保険に加入する事を考えているなら、家族と相談し、特徴やメリット・デメリットをよく考慮すると良いでしょう。

著者:渡辺芳樹

企画やWEBサイト製作までも手掛ける、ライターもどき
アイコン
学生時代からライターとして活動。小さな会社に就職したおかげで、ライター以外に、編集からWEBサイト製作など、幅広く経験。現在はフリーランスとなり、いくつかの会社と契約を結んで執筆活動してます。