【第49回】ムッソリーニの生涯を巡る北イタリアの旅 前編|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
554 views
2017年6月29日
【第49回】ムッソリーニの生涯を巡る北イタリアの旅 前編

ドイツのアドルフ・ヒトラー、日本の東条英機と並び、独裁者と言われているベニート・ムッソリーニ。しかし、現代のイタリアでは、ムッソリーニはドイツにおけるヒトラーのように絶対的な悪というわけではありません。

戦争遺跡ライター
HIROのfacebookアイコン
  

ムッソリーニとは?

ファシズムの創始者はムッソリーニ

ベニート・ムッソリーニは、1883年7月29日に生まれました。ヒトラーよりも6歳年上になります。ファシズムという概念は、ヒトラーが作ったイメージが強いですが、実際にはイタリアを統一する為にムッソリーニが作り出したものなのです。

第1次世界大戦で戦勝国であるにも関らず、イタリアは領土拡大が認められず、国民の中で不満がくすぶっていました。それを利用して1919年にムッソリーニが創設した右翼政党ファシスト党が力をつけ始めます。1922年、イタリアのあらゆる層とあらゆる地域から軍隊を編成したムッソリーニ率いるファシストが、国王のいるローマへ向かいます(ローマ進軍)。国王、エマヌエル三世にファシストの一党独裁を認めさせます。

ヒトラーが、ドイツの首相になる11年前のことです。翌年の1923年ミュンヘン一揆は、ヒトラーがムッソリーニのローマ進軍を手本にしたとも言われています。

【1】
ムッソリーニのマグカップ

当時、ヒトラーはムッソリーニのことをファシズムの先輩として尊敬していて、写真入のサインをねだったことがありますが、ムッソリーニに拒絶されます。元々ゲルマン民族が歴史的に、ローマを脅かしてきました。決してドイツとイタリアは歴史的に見ても友好関係にあったわけではないのです。

実際にヒトラーも政権を取った頃は、ムッソリーニとオーストリアの帰属を巡って対立していたりします。しかし、1935年のイタリアのエチオピア侵略や、スペイン戦争のヒトラーと共同でのフランコ将軍側への支援によって、イタリアは国際的に孤立していきドイツと結びついていくことになります。

【2】 (1)
ヒトラーのマグカップ

イタリア降伏後はヒトラーの操り人形

フランスが降伏寸前の1940年6月、ドイツの勝ち馬に乗って、イタリアはイギリス、フランスに宣戦布告して、第2次世界大戦に参戦。しかし、ムッソリーニは、ギリシャ、北アフリカなどに戦線を広げるも、各地で返り討ちに合い惨敗してしまいます。

1943年、北アフリカからシチリア島に連合軍が上陸すると、イタリア中に厭世気分が蔓延します。1943年7月、ローマでファシスト大評議会が開催され、ムッソリーニの統帥権が剥奪され、国王は首相にパドリオを任命します。

【3】 (1)
ムッソリーニの彫刻

パドリオは、9月連合国軍に無条件降伏して、その後、かつての盟友ドイツに宣戦布告します。対するドイツもムッソリーニを救出して、北イタリアのサロにドイツの庇護下の元、ムッソリーニが首班のサロ共和国を建国します。ローマはドイツ軍のイタリア駐屯軍に占領され、南イタリアは連合国側のパドリオ政権、北イタリアには枢軸国側のムッソリーニ政権とイタリアは2分されてしまうのです。

イタリア各地ではドイツ軍やファシストのムッソリーニ政権に反抗するパルチザンが結成されます。その状態は終戦まで続くのでした。

ムッソリーニの生まれ故郷

どうやって行く?ムッソリーニの生まれ故郷

ムッソリーニが生まれた家と墓が、ムッソリーニの故郷、ブレタッピオ村(PREDAPPIO)に今でも残っています。

ブレタッピオ村(PREDAPPIO)は、北イタリアのエミリア・ロマーニャ州にあります。ボローニャから列車で約1時間弱のフォルリ(FORLI)という街からバスで行きます。ボローニャへは高速列車FRECCIAROSSAでフィレンツェから約35分、ミラノから約1時間10分かかります。

【4】 (1)
イタリアの高速新幹線
【5】 (1)
フォルリの街
 

フォルリの街の中心部は駅から少し歩きますが、ブレタッピオ村へ行くバスは、駅前の左側の停留所から出ています(バス路線番号は、LINEA 96A)。1時間に1本ほどあり、片道2.1ユーロ、所要30分弱です。切符は停留所奥のバスセンターで販売しています。バスに乗ったら必ず切符に刻印をするのを忘れずにしましょう。抜き打ちで検札官が乗って来て、切符不所持、刻印忘れの場合は罰金を取られてしまいます。

【6】 (1)
プレダッピオ行きのバス乗り場

バスがフォルリの街の中心部を抜けると、しばらくは閑静な住宅街を通りますが、プレダッピオ村に近づくにつれて、田園風景になっていきます。

プレダッピオ村には2つのバス停がありますが、終点の「PREDAPPIO CIMITERO」まで行きましょう。バス停名にあるCIMETEROはイタリア語で墓地という意味です。その名の通り、バス停は墓地の前にあります。その墓地にムッソリーニの墓があるのです。

【7】 (1)
プレダッピオ村までの道のり
【8】 (1)
終点のPREDAPPIO CIMITERO

ムッソリーニの墓

バス停の目の前に墓地の入口があります。近隣付近の住民の墓地ですが、一番奥の建物の中にムッソリーニの墓があります。

【9】 (1)
ムッソリーニの墓がある建物
【10】 (1)
入口

建物に入り階段を降りていくと、地下部屋になっていて、そこにムッソリーニの遺体が安置されているのです。遺体が安置されている前にある台の上には、イタリア国旗が敷かれてその上に訪問者の記帳ノートがあります。

【11】 (1)
ムッソリーニの棺
【12】 (1)
記帳ノートには鍵十字も・・・
【13】 (1)
棺の後ろには愛人、クレラッタの写真も

毎日、イタリア中から参拝者が訪問してくるのがわかります。献花も絶えない様子で、出口の階段には、崇拝者から送られたムッソリーニを称えるプレートがたくさん飾られています。

【14】 (1)
プレート

ムッソリーニ一色のプレダッピオ村

墓地を出たら、バスで来た道を戻ります。ムッソリーニの家があるプレダッピ村に向かいます。村の中心部まで墓地から歩いて15分弱くらいかかります。途中まで歩道が狭いので、車に気をつけて歩きましょう。歩いていると「PREDAPPIO」という看板が見えてきます。墓地は正確にはプレダッピオ村の隣街にあるということになります。

【15】 (1)
プレダッピオ村から墓地までの風景
【16】 (1)
プレダッピオ村を示す案内板

村の中心部に入ると、まず「PIZZA S.ATTONIO」という広場に着きます。ここにもバス停があり、帰りはこのバス停からフォルリに戻ると良いでしょう。広場には1937年のファシスト時代に建てられた建物もあります。旧共産主義的国にあるような威圧的な雰囲気のある建物ですが、現在は閉鎖されているようで人気がなく不気味なたたずまいです。

【17】 (1)
PIZZA S.ATTONIO
【18】 (1)
1937年建築の建物

プレダッピオ村は、長い一本道がメインストリートになっており、両側にお店などがあります。メインストリートを歩いていると、看板に開催されている新聞はムッソリーニの記事になっていたり、お土産屋さんも何軒かあるのですが、全てミリタリーショップ風のムッソリーニを中心としたファシズムショップとなっています。

【19】 (1)
メインストリート、昼間でもランプが光っている
【20】 (1)
ムッソリーニの新聞

タブー?ファシズムショップ

ファシズムショップの1つ、後で紹介するムッソリーニの生家と「PIZZA S.ATTONIO」の間にあるお店を紹介します。

店の名は「PREDAPPIO TRICOLORE SOUVENIR」。お店のパンフレットには、店主が右手を斜めに挙げたファシストの敬礼をしています。若い時の写真もあるので筋金入りのファシスト信者なのかもしれません。中はムッソリーニグッズがたくさんあります。

【21】 (1)
店舗の前

カレンダー、Tシャツ、カップ、ワイン、トランクス、キーホルダー、Tシャツ・・・・

ヨーロッパの戦勝国の観光地や博物館では、このようなグッズはたくさんありますが、ムッソリーニと同盟を結んで戦ったドイツでは、当然ですがヒトラーグッズ、ナチスグッズなどは絶対にありません。

しかし、このお店にはナチスの鉤十字、親衛隊のマーク、ヒトラーマグカップなども置いてあるのです。

【22】 (1)
ムッソリーニカレンダー2018
【23】 (1)
ムッソリーニパンツ
【24】 (1)
ムッソリーニグラス
【25】 (1)
ムッソリーニワイン
【26】 (1)
店内

ドイツを初めヨーロッパでは、ファシズムを連想させることはタブーとされていますが、 実はプレダッピオ村ではその常識が通じないのです。なにせ店主がパンフレットで右手を斜め前に挙げて敬礼しているのですから・・・。

プレダッピオ村に取材に行く直前にも、日本国内で、Jリーグのあるチームのサポーターが、ナチスの親衛隊のマークに似たフラッグを掲げたことが社会的な問題になっていました。

しかし、ここプレダッピオ村では、ナチスの親衛隊のマークのカップも堂々と販売されているのです。

【27】 (1)
店主と筆者
【28】 (1)
パンフレットの店主
【29】 (1)
ヒトラーと親衛隊のロゴ入りマグカップ

ムッソリーニの生家

ムッソリーニショップの更に進むと、「PIZZA G.GARIBADI」という広場に着きます。 メインストリートから見て、この広場の右横から延びている坂道(VIA VARANO COSTA)を登ると、ムッソリーニの生家が見えてきます。しかも「CASA BENITO MUSSOLINI」と生家の場所を示す案内表示もあるのです。現在、ムッソリーニの生家は空家となっているようです。

厳密に言うと、ムッソリーニが実際に産まれた家は、プレダッピオ村から少し離れた場所にあり、建物自体はありません。この家は、ムッソリーニが幼少期を過ごした家という方が正しいです。

【30】 (1)
PIZZA G.GARIBADI広場
【31】 (1)
ムッソリーニの生家への案内板
【32】
ムッソリーニの生家
【33】
ムッソリーニの生家からの風景

ヒトラーの足跡を辿ってみるオーストリアの旅 少年時代編」でオーストリアのブラウナウにあるヒトラーの生家を紹介しました。

ブラウナウにあるヒトラーの生家、ブレタッピオにあるムッソリーニの生家、共通するのは、田舎町の中心部にあるということです。

ヒトラーの父親は王室税関史、ムッソリーニの父親は鍛冶屋でした。鍛冶屋とはいえ社会主義運動にも参加して、プレダッピオ村をコミューン化しようとした政治屋でもありました。2人の独裁者の父親は共にその街の名士ということになります。

そのため、彼らの生家が街の中心にあるということは、それなりに良い暮らしをしていたことがわかります。ヒトラーもムッソリーニも幼少期はお金に不自由していたわけではありません。

しかし、彼らは自分が社会の中で生きていく上で世の中に矛盾を感じていくことになるのです。

【34】
ヒトラーの彫刻
ムッソリーニの生涯を巡る北イタリアの旅 後編へ
【連載ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡

著者:HIRO

戦争遺跡ライター
アイコン
HIROのfacebookアイコン
ヨーロッパ各地の世界大戦の戦争遺跡を周って取材しています。
だから、戦争遺跡ライターです。
学生時代から、事件、事故現場、戦争跡地を野次馬のように行くダークツーリズムラー。
特にヒトラー、ナチスなど、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線に関することが一番好き。
しかし、重いテーマの旅をしているかというと、旅行先では美味しいご当地グルメを堪能して、お酒を飲んでいます。時には道に迷ってテンパったり、ヨーロッパの街並みに感動したりと、見かけはヨーロッパが大好きな普通の旅行者です。

ニコニコ動画
「ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡」シリーズを
ダークリズム・ジャパンのニコニコ動画にも寄稿しています。
http://ch.nicovideo.jp/darktourism

ご依頼、ご質問はこちらのメールまで
hiromaru_sakai@yahoo.co.jp