【保存版】これだけは知っておきたい生命保険の種類・特徴まとめ|トピックスファロー

  • フリーのライターを募集しています
1,229 views
2012年7月20日
【保存版】これだけは知っておきたい生命保険の種類・特徴まとめ

生命保険とは、長期に渡って保険料を払い続ける必要があります。 ですので、決して安い買い物ではありません。 生命保険で損しないためにも、生命保険について十分理解し、自分にあった生命保険を選ぶ必要があります。

WEBライター
  

生命保険の種類を知ろう

人生を過ごす上で、どの様な危険がいつ起こるか、予想することは難しいです。
もし明日、自分の身に何かがあったら……そんな時のために備えるのが、生命保険です。
生命保険というのは、長期に渡って保険料を払い続ける、高い買い物です。

しかし、生命保険について、あまり詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?
生命保険にはどんなものがあるのか、それぞれの種類の違いや、メリット・デメリットを知り、生命保険を選ぶ参考にしましょう。

定期保険

メリット

  • 保険料が3種類の中で1番安い
  • 掛け捨て型なので、いつでも解約できる

デメリット

  • 掛け捨て型のため、一定期間を1日でも過ぎたら、保険料を受け取ることが出来ない
  • 亡くなったときにしか保障受け取れない保険(死亡保険)
  • 貯蓄性がないため、満期保険金や解約返戻金が0円、もしくはごくわずかと言う場合が多い

養老保険

メリット

  • 亡くなった以外にも、障害にかかったり、期間満了の際に保障を受け取れる(生死混合保険)
  • 満期保険金が、死亡保険金と同額受け取れる

デメリット

  • 保険料が3種類で1番高い
  • 満期を迎えると、保障が効かなくなる
  • 特約で医療保障がついていた際、養老保険が満期を迎えると、それらの保障が無くなる
  • 中途解約や、満期の長さによっては、満期保険金が死亡保険金を下回る可能性も

終身保険

メリット

  • 一生涯にわたる保証期間なので、必ず死亡保障を受け取れる
  • 養老保険より、保険料が安い
  • 長期間終身保険に加入していた場合、返戻金が保険料の支払総額を超える場合も

デメリット

  • 定額保険より、保険料が高額
  • 亡くなったときにしか保障を受けられない保険(死亡保険)
  • 満期保険金がなし
  • 貯蓄性を求める場合、長期契約が前提となる

自分に向いている保険は?

実際に選ぶ際、どの保険が正解なのか、迷いますよね。 それぞれの保険には、向いている人、向いていない人がいます。 それを理解して、保険を選びましょう。

定期保険に向いている人

  • 保険料を抑えたい人
  • 特定の期間だけ、死亡保障を受けたい人
  • 保険に貯蓄性を求めていない人

養老保険に向いている人

  • 中長期に渡って貯蓄を行いたい人
  • 貯蓄性の高い保険を選びたい人
  • 掛け捨て型は選びたくない人

終身保険に向いている人

  • 一生涯の保障を受けたい人
  • 自分が死んだ後のために、資金を残しておきたい人
  • 保障と貯蓄性を両立したい

著者:伊藤義雄

WEBライター
アイコン
書きたいものがありすぎて書かせてもらっているライターです。趣味は鉄道旅行、写真を撮ることもあるが実際に乗車して車両の個性を体験したいタイプ。尊敬する人は宮脇俊三さん。目標は全国鉄道制覇