品川駅VS羽田空港!女子が楽しめるのはどちらか比べました|トピックスファロー

  • 未経験OKのフリーライター求人
14,933 views
2015年7月29日
品川駅VS羽田空港!女子が楽しめるのはどちらか比べました

羽田空港への接続として使われる品川駅。そして日本で最も利用者が多い羽田空港。どちらも、ショッピングやスイーツを楽しめる遊べるスポットです。今回、女子が楽しめるのはどちらか比べてみました。

ライター
  

旅の通過点で遊ぶ!

品川駅と羽田空港国内線ターミナル

品川駅と羽田空港国内線ターミナルは、旅の通過点として毎日多くの人に利用されています。旅行に行くときは素通りしがちな2つのスポット。でも、実はどちらも女子が楽しめる場所なんです。

実際に品川駅と羽田空港国内線ターミナルに行き、女子が、より楽しめるのはどちらなのか比較してきました!

マンモス駅!品川

品川

品川駅はJR線と京浜急行電鉄が乗り入れる駅です。乗車人員がJR線だけで一日30万人以上というマンモス駅。

品川駅から羽田空港国内線ターミナルまでは京急線で14分。さらに空港行きのバスも出ています。また、成田空港まで乗り換えなしで行ける成田エクスプレスも出ています。品川駅は、旅行好きな方にはおなじみの駅となっています。

明るく開放的な雰囲気

品川2

ガラス張りの天井から日の光が入って、とても明るい雰囲気の品川駅。改札を出ると広がる、天井が高くて広々とした自由道路は歩いていて気分が良いです。

平日の午後に行ったのですが、1日30万人以上の人が利用する駅だけあって、やはり人は多かったのです。でも、駅自体が大きく、人の流れも早いので(乗り換えで利用する人が多いため)混雑しているとは感じませんでした。

ショッピングを楽しむ

エキナカ施設でお買い物

品川駅は「エキュート品川」と「エキュート品川サウス」、「アトレ品川」といった駅直結の商業施設が充実しています。それぞれのエキナカ施設には、おしゃれな雑貨屋さんやスイーツショップなど、女子の心をくすぐるお店が入っていました。

「エキュート品川サウス」と「エキュート品川」

品川駅の改札の中にある「エキュート品川サウス」「エキュート品川」。改札を出なくてもショッピングを楽しめるので、大きな旅行カバンやスーツケースを持っている人には嬉しいですよね。さらにスイカやパスモといった交通系電子カードを支払いに使えるのも便利です。

エキュート品川サウスでスイーツを買う

スイーツ

レストランとお土産用のスイーツを売っているお店が中心のエキュート品川サウス。エキュート品川サウスの見どころは、スイーツショップ。珍しくて見た目にも凝ったスイーツのお店が並んでいて、目移りしてしまいます。その中でも気になったのが、「ちいさなバームツリー」「かきたねキッチン」です。

「ちいさなバームツリー」
バームクーヘンのねんりん屋が提供する、串にささったバームクーヘン「バームツリー」。一瞬、アメリカンドックかなと思うような斬新な見た目です。お子さんがいるお家へのお土産に買って行くと喜ばれそう。

プレーン、ショコラ、ベリー味が通常のラインナップなのですが、品川駅限定でプレーンストロベリークラッシュとベリーベリーホワイトチョコがけを販売していました。ピンク色が華やかでとてもかわいらしかったです。

「ちいさなバームツリー」:http://www.nenrinya.jp/littlebaumtree/index.html

「かきたねキッチン」
「かきたねキッチン」は柿の種専門店。チーズやカレー味、さらにキャラメルラテ味など今までの柿の種に対する概念をくつがえすような味が揃っていて、思わず立ち止まってしまいました。ポップなパッケージもかわいくて、ついつい何種類も買いそうになります。

品川店では、関東限定のナポリタン味を販売していました。ナポリタン味の柿の種、一体どんな味なんでしょうか・・・。

「かきたねキッチン」:http://www.toyosu.co.jp/kakitanekitchen/index.html

エキュート品川でおしゃれ雑貨を買う

エキュート品川では、おしゃれな雑貨を買うことができます。目玉は、化粧品とアクセサリーを扱う「フルーツギャザリング」と本屋さんの「ペーパーウォール」です。

「フルーツギャザリング」
シャネルやイヴサンローランなどのハイブランドの化粧品や、アクセサリーを扱う「フルーツギャザリング」。デパートの化粧品売場をギュッと凝縮したようなお店です。人気のブランドの商品が並ぶお店の中を歩いているだけで、胸がときめきます。

品川駅らしく、トラベルキットやポーチを豊富に揃えていました。メンズ向けの化粧品も置いているので、男の子へのプレゼントも一緒に買えますよ。

「ペーパーウォール」
写真集、絵本などビジュアルを楽しむ本を豊富に揃えた、ハイセンスな本屋さん。洋書も置いていたのには驚きました。ディスプレイにも凝っていて、デザインやアートが好きな人が気に入りそうな雰囲気。

他には、デザイン性の高い雑貨を扱うセレクトショップの「Smith」や「D-BROS」が同じフロアにあります。RHODIAやLAMYといった海外ブランドの文具から日本人デザイナープロデュースの花瓶や時計などの生活雑貨などなど・・・デザイナーものが好きな人が喜ぶ商品が揃っています。

アトレ品川で食を楽しむ

パン

改札を出て、港南口方面に自由通路を少しあるくと「アトレ品川」があります。アトレ品川で気になったのは、「ディーン・アンド・デルーカ」「クイーンズマート伊勢丹」など食料品店が入っていたこと。

どちらも輸入品を豊富に揃えているので、普通のスーパーマーケットではちょっと見かけないような香辛料やお菓子を買うのもいいですね。

「ディーン・アンド・デルーカ」
世界の美味しいものを集めたセレクトショップ「ディーンアンドデルーカ」。プレゼントにぴったりな見た目の華やかなお菓子や、世界中から集めたはちみつやオリーブオイルなどなど普通のスーパーマーケットでは見かけないものが揃っています。お料理好きにはたまらないお店です。少し狭いけれど、カフェエリアもあるのでお茶をすることもできますよ。

「クイーンズマート伊勢丹」
「クイーンズマート伊勢丹」は、高品質な商品を扱うスーパーマーケットです。イギリスの老舗高級デパート「ハロッズ」のオリジナルグッズを売るコーナーも。お惣菜も売っているので、買って帰ってもいいですね。

もちろんアトレ品川でもショッピングを楽しむことができます。少し照明が落とされた施設内は、明るい雰囲気のエキュート品川に比べると少し大人の雰囲気。改札を出たところにあるせいか、お客さんもエキュート品川に比べると少なめでした。落ち着いて買い物をすることができると感じました。

イデアセブンスセンス
アトレ品川でおすすめのショップが「イデアセブンスセンス」。インテリアショップのイデアが展開する雑貨屋さんです。おしゃれな生活雑貨やファッション雑貨が揃っています。

おもしろかったのは、日本製の雑貨を集めた「メインドインジャパンコーナー」があったこと。ダルマや富士山などの和のテイストと現代風なデザインが融合したアイテムに興味を惹かれました。

品川駅周辺でセンスアップする

品川駅の周辺にはギャラリーがあります。ショッピングを楽しんだあとはギャラリーを巡って、センスアップしませんか。

キヤノンギャラリー品川
写真女子におすすめなのが、キヤノンギャラリー品川です。日本の写真家の作品を展示している他に、写真集をゆっくり楽しめるフォトライブラリーも併設しています。入場料無料なのも嬉しいです。

http://cweb.canon.jp/gallery/index.html

原美術館
品川駅から徒歩15分のところにある、現代アートの美術館「原美術館」。日本を代表する美術館の一つです。イサムノグチや奈良美智といった現代アーティストの作品や、話題のアーティストの作品の企画展示も楽しむことができます。

サラリーマンの街でもある品川

品川駅周辺は、オフィス街。品川は旅の通過点であると共に、サラリーマンの街でもあります。アトレ品川の中にいるときは気になりませんでしたが、品川駅構内を歩いていると、足早に歩くサラリーマンたちが目立ちました。

サラリーマンのお客さんが多いせいか、エキュート品川サウスに入っている飲食店は、立ち食い寿司やうどんなど、時間がない人がささっと食べられるものが中心でした。女子が好きな雰囲気を楽しむレストランはあまりないかなという印象・・・

アトレ品川のレストランフロアも、平日だったせいもあると思いますが、スーツを着た人たちが多かったです。サラリーマンが好きな女子には嬉しいかもしれませんが・・・少し落ち着かない気分になる人もいるかもしれません。

羽田空港ターミナルを満喫する

羽田空港国際線

慌ただしくなりがちな空港での時間。でも実は、空港は人気のショップやかわいいカフェがある遊べる場所なんです。今回、実際に羽田空港に行き女子が楽しめるスポットを選んできました。旅行前や旅行後、さらに旅行以外でも楽しめる空港の魅力をご紹介します。

無料シャトルバスで移動もラクチン

空港第1ターミナルと空港第2ターミナルの間は、無料のシャトルバスが走っています。第1ターミナルと第2ターミナル間は少し距離がありますが、バスのおかげでスムーズに移動することができます。バスは約5分間隔で運行していて、乗車時間は約3分程度。ほとんど待たずにターミナル間を移動することができます。

バラエティー豊かなショップを一気に楽しめる

羽田空港は、東京、そして日本の玄関ともいえる場所です。そのため、東京や日本を代表する銘菓やオリジナルグッズを扱うお店が集まっています。ご当地グッズやご当地グルメなど、日本全国の良いものを一気に楽しめる羽田空港は、日本のアンテナショップともいえるでしょう。東京にいながら、日本全国を旅行している気分になれますよ。

女子力アップできるショップ

ネイル

よーじや
「よーじや」は、京都で生まれた化粧品会社。羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナルのそれぞれに店舗があります。よーじやというとあぶらとり紙が有名ですが、羽田空港では限定商品としてアロエ成分を配合したあぶらとり紙を販売していました。他にもリップクリームや化粧水といった商品も揃っています。

また、第1ターミナル地下1階のよーじやには、カフェが併設されていてカプチーノやわらび餅などのスイーツをいただけます。よーじやらしい和のテイストの落ち着いた雰囲気のカフェでした。地下1階は他のフロアに比べると人も少ないので、のんびりできることでしょう。

PLAZA内にあるマニキュアバー
第1ターミナル地下1階にあるPLAZA。その一角に「マヴァラマニキュアバー」が併設されています。スペースは狭いながらも、れっきとしたネイルサロン。カラーリングからジェルネイルまで、ひと通りのメニューを受けることができます。ちなみにカラーリング2200円です。

個性的なショップ

万年筆

南青山Shosaikan
狭いながらも大人の雰囲気漂うシックな店内には、万年筆を始めとする上質な文具が並んでいます。普段、なかなか万年筆を使う機会ってないですよね。大人のたしなみとして、一度このお店で手に取ってみてはいかがでしょうか。

THE AIRPORT STORE ユナイテッドアローズ
「南青山Shosaikanの隣にあるのが、「THE AIRPORT STORE ユナイテッドアローズ」人気セレクトショップのユナイテッドアローズが旅をテーマにファッションや小物を揃えたお店です。スーツケースやサングラスなど旅の必需品が揃っていました。

白を基調とした明るく爽やかな店内で、気持ちよく買い物が出来そうです。次の旅行に着ていく服をここで買うのも良いですね。

ジャイアンツショップ
ちょっとした変わり種として楽しめるのがジャイアンツショップ。オレンジ色の店内が目立っていました。私はジャイアンツファンではないのですが、思わず引き寄せられるようにショップに入ってしまいました・・・応援グッズが並び、選手のサインが展示されていた店内。ジャイアンツファンの方は要チェックです。

日本&東京らしいグッズが揃うショップ

東京風景

Tokyo’s Tokyo
Tokyo’s Tokyoは、六本木の国立新美術館のミュージアムショップ(とってもハイセンス!)を手掛けたアートディレクターによるショップ。「旅」と「東京土産」をテーマにセレクトされた商品が揃っています。ペンやTシャツといったオリジナルグッズもあります。

私が最も気になった商品は「TOKYO TOWERミネラルウォーター」。実は以前、お土産でもらってとても嬉しかった商品。東京タワーの形をしたペットボトルに静岡県・伊豆の国市で採られたミネラルウォーターが入っています。Tokyo’s Tokyo限定品ではないのですが、とってもかわいいのでぜひチェックしてみてください。

PIER
羽田空港内に10以上の店舗を持つ「PIER」。第1旅客ターミナル北ウィングの「PIER」は、東京土産にぴったりの限定スイーツや、富士山やだるまなどをデザインに取り入れた和風の雑貨、さらにキャラクターグッズも揃っています。明るくて、ポップでかわいらしいお店です。2階にはガイドブックを豊富に揃えた書店が入っています。

空港ならではの楽しみ方

飛行機を見ながらお茶をする

ホットケーキ

羽田空港に行ったらぜひ、飛び立つ空港を見ながらお茶をしてください!解放感を味わえること間違いありません。

お店の売りはパンケーキ。抹茶あずきやフルーツミックスといったパンケーキをいただけます。ガラス張りで広々とした店内からは、飛行機が離陸する様子をしっかり見ることができます。人気のカフェなので満席になっていることもしばしばあるそう。私が行った時も、混んでいました。

SCENIC CAFE
飛び立つ飛行機を見られるようにテーブルが配置された、広いテラス席があるカフェ。うめドッグや、てりマヨドッグなど、ホットドッグの種類が豊富です。私はチーズミートドッグをオーダーしました。ホットドッグはとりわけ美味しいというわけではなかったのですが、広い空と飛行機を眺めながらのんびりすることができ、リフレッシュできました。 kodamanao_hanedapic1

(SCENIC CAFEのテラス席から見える光景)

開放的でポジティブな空間

空港中

これから始まる旅行への期待で明るい表情の人たち、旅行を楽しんできてどこかリラックスした表情の人たち・・・空港にいる人たちは、高揚感や満足感に満ちているように感じました。ポジティブなエネルギーを持った人たちが集まっている空港は、まさにパワースポット。空港内を歩いているだけで、なんだか元気になってきます。

特に出発ロビーで、今まさに旅立つ人たちの姿を見ていると、自分が旅行に行くときの気持ちを思い出してワクワクしてきますよ。

また、展望デッキに出て広い空を満喫したり、羽田空港第2ターミナルビルの少し近未来的なデザインの建築(とくに吹き抜けからの光景が良い!)を眺めているとすがすがしい気持ちになります。思わず写真を撮りたくなる風景があちこちにあります。羽田空港に行く際は、ぜひカメラを持って行ってください! kodamanao_hanedapic2 kodamanao_hanedapic3

(思わず写真を撮りたくなる、スタイリッシュな雰囲気の第2ターミナルビル。ガラス張りの広々とした空間を楽しめます)

結論!羽田空港の方が楽しめる

バラエティ豊かなショップと開放的な空間

飛行機

品川駅は、全体的にハイセンスで洗練された雰囲気。女子が好きなものが集まっているので、無駄なく効率よく買い物ができます。仕事帰りやどこかに行った帰り、ささっと買い物をするのに向いているように感じました。食料品店も充実しているので、帰りにその日の夕飯のお惣菜を買って行けるのもいいですね。

一方、ハイセンスなものから全国の銘菓までバラエティー豊かな商品が揃っている羽田空港。当然ですが、お店の数も品川駅とは比較にならないほど多い!買う、買わないは関係なく、お店を見て回っているだけで楽しめます。

特に和風のテイストを取り入れた、デザイン性の高い雑貨が豊富なので、和風小物が好きな女子には嬉しい場所だと思います。また、空港限定品も豊富。ふだん羽田空港に行く機会がない人も多いと思うので、お土産に買って行くと喜ばれることでしょう。

さらに、旅に出かける人、旅から帰ってきた人達が行き交う空港は、ポジティブなエネルギーが流れているように感じます。歩いているだけでワクワクしてくる場所は、他になかなかないのでは?空港には独自の魅力がある・・・ということで結論!女子が楽しめるのは、品川駅よりも羽田空港です!

著者:kodama nao

ライター
アイコン
アート専攻。アートとその周辺への愛を文章に込めます。イラスト&デザイン&写真などなど視覚芸術の制作も大好き。好きな言葉は「柔軟な対応」です。