【電気ガス水道】公共料金の支払い&使用中止の手続き忘れに注意|トピックスファロー

  • ライター求人
2,520 views
2012年12月5日
【電気ガス水道】公共料金の支払い&使用中止の手続き忘れに注意

上京前に忘れてはいけない電気・ガス・水道の使用中止の手続き。引越し後もずっと旧居分の公共料金の支払いを要求される…こんな悲しすぎる失敗を防ぐためにも、必ず済ませておきましょう。申し込みの際に気を付けるべき点や、各地域の電力会社・ガス会社・水道局のHPアドレスも掲載。

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

公共料金の支払いや使用中止手続きを済ませよう

毎月支払っている公共料金の代表的なものに、電気代・ガス代・水道代の3つが挙げられます。
引越しの際は、必ずこれら全ての支払を済ませて使用停止の手続きをしなくてはなりません。
この大切な手続きを怠ると、新居に住むようになってからも、延々と旧居分の基本料金を請求される羽目になるなどトラブルの原因になりますので気を付けましょう。

電力会社に連絡して、電気の使用中止手続きを

引越しが決まったら、電気の使用中止手続きをする必要があります。
お住まいの地域の電力会社へ連絡(北海道なら北海道電力、東北地方なら東北電力、関西地方なら関西電力に…といった具合です)し必ず各会社のルールに従って申し込みしましょう。

申し込みは電話・FAX・インターネットなどで受け付けしています。
地域にもよりますが、引越しの集中する時期・春は電話が混雑しつながりにくい傾向がありますから、その場合はインターネットを利用するのがお勧めです。

また受付け日時にも気を付けてください。
24時間いつでも申し込みできるのか、平日の限られた時間帯のみなのか等、しっかりチェックしましょう。もしあなたが平日勤務されている方ならば、24時間受け付けOKのことが多いインターネットやFAXの利用が便利です。

申し込み期限など、他にも守るべき注意事項が色々あります。
詳細は各電力会社のホームページで確認してください。

担当者が訪問し、ガス使用中止の作業を行います

引越しに伴い、ガスも使用中止の手続きをする必要があります。
電気と同じようにお住まいの地域のガス会社に連絡し、ルールに沿って申し込みしましょう。
申し込み方法はやはり電話・FAX・インターネットなどであり、それぞれ受付日時などをよく確認しましょう。

申し込みの際は、検針票や領収書に記載されているお客様No.や、ガス使用の中止希望日といった情報を聞かれます。スムーズに答えられるよう事前にメモなどしておきましょう。質問事項の内容は、各ガス会社のホームページなどで調べてください。

申し込みが完了後は、約束した日時に各エリアの担当者が自宅にやってきます。
訪問の目的は、ガスメーター指針のチェック、ガス料金の精算、安全点検と閉栓です。
ガス料金の精算方法は口座振替やクレジットカードなど人によって違いますが、振込用紙での支払いを希望する場合は、新住所を伝えれば郵送してもらうことができます。

水道の使用中止手続きのため、水道局へ連絡を

水道の使用中止手続きは、お住まいの地域の水道局に連絡して行いましょう。
申し込みの際はやはり、検針票や領収書に書かれているお客様No.などの情報を聞かれますので、スムーズに伝えられるよう準備しておいてください。
手続きの際に注意すべきことは電気やガスの場合と同じです。各局の申し込みルールを遵守しましょう。

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。