個室?相部屋?住み込みバイトをより楽しむための部屋選び|トピックスファロー

  • フォークラスのライター募集
1,563 views
2013年1月9日
個室?相部屋?住み込みバイトをより楽しむための部屋選び

実家暮らしが長くて、ずっと一人暮らしに憧れている人には、住み込みでのリゾートバイトがおすすめ!しかも、寮費や食費などが無料(または一部負担)なので、貧乏学生には大助かりですね。このページでは、快適な暮らしに欠かせない部屋選びのポイントを紹介しています。

ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。
  

バイトを始めるなら住み込みがイイ!

夏休みや冬休みといった学校の長期休暇を利用して、住み込みでバイトを始める大学生が増えています。「なぜ住み込み?」と思う人もいるかもしれませんが、家賃(寮費)や食費、光熱費が無料、または一部負担になるからなんです。そうすると、貯金に大成功!というわけです。人によって住み込みでのバイトを始めるきっかけが様々ですが、やっぱり“お金を貯めたいから”という理由が一番多いですからね。
住み込みバイトはリゾート地のホテル・旅館をはじめ、テーマパーク、スキー場などの施設で働きながら、併設されている寮やアパートなどで暮らすというもの。バイト先によって違ってきますが、家賃(寮費)や食費、光熱費無料、交通費支給、社会保険完備、休日出勤手当など待遇が良いところがほとんどです。

居住スタイルは個室or相部屋?

住み込みでのバイトは、住んでいる地を離れなければならないことがほとんど。ワクワク感と同時に、不安もあるはずです。たとえ短い期間とはいえ、楽しく充実したリゾートバイト生活を送れるかどうかは、どんな環境で過ごすかに大きく左右されるでしょう。ポイントの一つに、居住スタイルが挙げられます。

住み込みでバイトをする場合は、併設されている社員寮やスタッフのために会社が借りているアパートなどに住むことになります。バイト暮らしを満喫するためにも、生活の基盤となる部屋にはこだわりたいものですね!

ここでは、個室と相部屋・・・それぞれのメリットを見ていくことにしましょう。

個室はこんな人にオススメ!

  • プライベートな時間を大事にしたい人
  • 自由に過ごしたい人
  • 一人暮らしに憧れている人

みんなでワイワイするのも良いけれど、自分一人の時間も大事にしたい人には個室が◎。
空いた時間を自由に過ごすだけではなく、室内を自分好みにカスタマイズすることも出来ちゃいますよ!また、お試し感覚で一人暮らしが体験できると、個室を希望する人も多いですね。敷金や礼金なしで一人暮らし気分を味わえることから人気を集めています。

相部屋はこんな人にオススメ!

  • たくさんの友達を作りたい人
  • 修学旅行気分を味わいたい人
  • 職場の情報交換をしたい人

他の人と一緒の生活に抵抗を感じる人もいると思いますが、友達作りをしたいなら相部屋がピッタリ!
比較的同年代が多いので、すぐに仲良くなって、ちょっとした修学旅行気分を味わえます。色んな土地から集まった人と楽しい時間を共有できるはず。お互いに職場内の情報交換もできるため、職場にもすんなりと馴染めて、仕事に慣れるのも早いでしょう。

著者:天地佑樹

ライターとして活動中。デジタルカメラで、素材作りもお手の物。
アイコン
最近ではWEBライターとしての活動が多いですが、紙媒体のライターとしても活動できます。WEBであれば、自身のデジカメで取材場所や掲載したい物を撮影して、記事と共に掲載することも可能です。