遺伝する?親が気になる子どもの噛み合わせ|トピックスファロー

  • 在宅ワークのライター募集
1,398 views
2014年3月5日
遺伝する?親が気になる子どもの噛み合わせ

子どものかみ合わせはとても親としては気になるものですが、遺伝してしまっても成長の過程でしっかりと矯正をする事ができます。特に幼いうちに矯正できれば遺伝に関係なくきれいな歯並びにする事ができるのでしっかりと工夫をしてあげると良いでしょう。

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
  

幼いうちから行う歯並びの矯正の重要性

歯並びの悪さは生まれつきのものもあれば成長の過程で悪くなってしまう事もありますが、意外と遺伝で歯並びが悪くなってしまう事が多くあります。

特に、親知らずなどの関係で歯並びがずれてしまう事は多く、しっかりと安全な矯正方法を適用する事でかなりしっかりと歯並びを改善する事ができるようになります。

幼いうちにしっかりと矯正ができればそれだけ確実にきれいな歯並びを早いうちから整えることができるのである程度乳歯の段階から矯正をしていくとしっかりとした治療ができます。

本格的な治療は大人の歯が生えてからになりますが、しっかりと治療を行っていくことで確実にキレイな歯並びを手に入れることができます。

時には、歯並びをしっかりと工夫することで成長が早くなるような場合もあるのでしっかりと工夫して治療をさせてあげると良いでしょう。

遺伝で歯並びが悪くなってしまう事もありますが、遺伝してしまう事に関しては対策が簡単には取れないので子どもの事を考えてしっかりと対処してあげると良いでしょう。

遺伝してしまう場合には両親の歯並びの特徴をもって生まれてくることが多いので、事前にどのような歯並びになりそうかを考えておくと良いでしょう。


遺伝してしまう歯並びの原因とその対処法

遺伝とは親の特徴が子どもにも伝わっていき、親と似た特徴を持つようになる根本原因ですが、基本的には病気ではなくその子どもの個性という形で表れてくるものなので、しっかりとある程度は認めてあげた時点で矯正をするかどうかを本人とも相談して行く必要があります。

場合によっては親知らずの生え方等で早いうちから手術をしたり矯正処置が必要になる事も多くあります。

噛み合わせが悪すぎると食事をする時にしっかりと咀嚼ができない事もあるので、しっかりと生活や食事をする時に困らない程度にはかみ合わせをキレイにさせてあげる必要があります。

また親の経験として歯並びの悪さでいじめにあったり、嫌な思いをした経験がある場合にはしっかりと早めに治療をさせてあげると良いでしょう。

乳歯から永久歯に生え換わるタイミングをできるだけ逃さずに医療機関へ行って診断してもらいながら治療をすれば確実にキレイな歯並びに整えてもらう事も可能です。

歯が生えてくるのは比較的ゆっくりなので全ての歯が生え換わるタイミングに合わせて一本ずつ整えていけば長くつらい治療をすることなく、キレイな歯並びを実現する事ができあまり遺伝に関係なくきれいな歯並びにさせてあげることができます。


歯並びが起こす知能などへの影響について

歯並びが悪いとそれだけ様々な部分で不都合が生じてくることがあります。

特に噛み合わせが悪いとしっかりと強く歯を食いしばることができない事もあれば食事の時等にもしっかりと咀嚼ができないので脳の働きが弱くなってしまう原因になってしまう場合もあります。

できる限り安全に成長してもらい、無理の無いように矯正をしていくと良いでしょう。

運動神経などは特に歯並びが悪いとあまり成長が期待できない事も多く、激しい運動を無理にさせると歯が痛くなってしまう事もあるので激しい頭痛の原因になってしまう事もあります。

多少の歯並びの異常であれば良いですが、かなり著しい歯並びの異常があればしっかりと改善しておくことで運動でも勉強でもしっかりと成長を促すことができます。

歯並びの悪さは成長の過程で気になってしまう事も多いのでできる限り乳歯から永久歯に生え換わり終わる時期には矯正を始めておくと良いでしょう。

中学や高校の時期にはある程度の矯正が終わっている方が理想的で、あまり大人になってから矯正をしないで済むようにしておくと良いでしょう。

特に知能は幼いころにかなり発達して将来を決めてしまうような事もあるので、できる限り確実に治療をしておくと良いでしょう。

著者:佐藤和子

兼業ライター。専門ではないけれど、ライター歴は長いです。
アイコン
学生時代から文章を書くのが好きだった影響で、社会人になってからも、こっそりと週末ライターを続ける。新しいもの好きで、常にアンテナ張っています。