カサカサ肌や乾燥、寄ってくる年の波の対処法とは?|トピックスファロー

  • ライター募集
1,056 views
2015年6月4日
カサカサ肌や乾燥、寄ってくる年の波の対処法とは?

寒い寒い冬がやってくると同時に、お肌は乾燥してパリンパリン。私たちのスキンケアの悩みは増えるばかりです。 朝、あんなに美容液・クリームでお肌のお手入れをしたばかりなのに、昼にはもうお肌はピリピリ!どうしたらよいの?

フリーライター・コラムニスト
林くららのfacebookアイコン
  

全身乾燥で辛い!

いらいら

冬の到来とともに必ず我々のもとにやってくるのが、全身の乾燥によるヒビ・あかぎれ・顔面のの小じわなどなど。どれも、招かざるものばかりです。

かつてGACKTが、こう言ってました。
「誰でも必ず年は取っていくもの。だからボクは女性のしわひとつひとつが美しく見える」
こんな事言われると、女性としてはうれしくなってしまいますよね。
しかし、そのGACKT自身は顔面大整形でしわも全て取り払っているんですよ。
どないなこっちゃGACKT!!

結局、見た目重視で、と言ったところでしょうか。あ~あ。
こうなったら何が何でもうるおった綺麗な素肌づくりにまい進したいですね。

肌のハリ、乾燥ケアには

女性のお肌のハリ・弾力のピークは25歳です。
25歳を過ぎたら坂を転げ落ちるように落っこちていく一方なんです。
だから、いかにして重力に逆らうかがポイントとなってきます。

コマーシャルでもやっていますが、ビンを逆さにしても全くこぼれないくらい濃度の濃いクリームとかで、乾燥で荒れたお肌をケアしなければなりません。
何?値段が高い?
仕方ないじゃありませんか。

でも結果として全部自分に還元されるんですよ。
ほうれい線を埋めるクリーム、目元専用のクリームなども乾燥対策として必需品ですね。
美容液も肌馴染みの良いようにクリームと同じラインでそろえたいものです。

そして、25歳どころか、幼稚園児でもなるのが唇の荒れ!
パリンパリンになるんですよ。
これはね、とっておきの方法があるんです。

55f5457c701b88e9816e0cb40e7f6d9d_s

子供の大好きなはちみつ。
これをくちびるに塗って、ラップを重ねて、ドライヤーを軽く当てます。
そしてラップをはがすと・・・。

出てきました、ふくふくしたくちびるが!
くちびるに残ったはちみつはよ~くマッサージしてあげてくださいね。

特にこの方法は、子供にやってあげると無条件に喜びますよ。
甘い甘いはちみつ、というのがポイントのようです。
メンソレータムより子供ウケします。
そのメンソレータム!ですが・・・。

薬用リップ1本で乾燥のすべてをバリアできる!

乾燥で顔中痛い!手にあかぎれが!かかとはガチガチでひび割れて・・・!
助けて!

こんな時、取り出したるは化粧ポーチに入っている1本の薬用リップスティックです。

これをぐりぐり顔前面に塗ったくるんです。
なぜ、リップクリームなのかって?
リップの方がテカラないで済むからですよ。

547c58ae4a2377c29c808f432a8dc456_s

翌朝、お肌はリップが浸透しきってて、さらさらすべすべのモチモチになっていること請け合いでしょう。
なぜか、クリームの方よりリップの方が翌朝お肌が滑らかで、薬用リップスティックの成分がすべて浸透しているんですよね。

同じ原理でカチンコチンになった足の「かかと」などにも応用できます。
この場合は塗布した上から靴下をはいてガードします。
しばらく続けると軟らかいかかとをゲットできますよ。
もう、何の躊躇もなくサンダルやミュールが履けますね。

そして、手にすり込めば上質なハンドクリームとして、乾燥してしわしわな手からしなやかな手へと導いてくれます。
けがをして擦り傷ができた!血も出てる!なんてときはクリームの方がいいですけどね。
理想は両方常備して、使い分けることですね。

お風呂上がりの毛穴の開いてる時が決め手!

お風呂上がり、まさか、
「風呂上がりの1本!」
とアイスクリームを食べたり、
「風呂上がりの1杯!」
とビールなんか飲んだりしてないでしょうかね?

お風呂上がりはまずダッシュで化粧水を浴びるようにたたき込むことですよ。
持ってる人なら美顔スチーマー。
とにかく、毛穴の開いてるうちに水分を摂り入れるんです。
もう、顔がびしょびしょになるまで!

それから通常のお手入れをしていきましょう。
美容液やクリーム、エッセンスのたぐいですね。
ちょっとしんどさにかまけてお肌のお手入れを後回しにすると、みるみる顔が突っ張ってくるのを体感すると思います

とにかくお風呂上がりだけは、ほかの用事を後回しにしてでも、お肌のお手入れに集中してください。

私の友達は赤ちゃんの授乳、おむつ替えを後回しにしてでもドレッサーに向かうそうです。
しかし、泣いてるカワイイ自分の赤ちゃんと、自分のお肌を天秤にかけ、赤ちゃんを振りとばしている友達はスゴイな、とある意味感心してしまいますが・・・。

そんなこと私にはできへんわ、と産後自分のことをすっかり後回しにしていたら、ある日久々に自分の顔をじっくり見てあらまあびっくり!ちりめんじわが・・・というのは私の体験談です。
それ以来、身だしなみとしてお顔のお手入れはきちんとする様になりました。

乾燥からお肌を守り、自分に合った美しいお肌を手に入れましょう!!
お母さんが綺麗にしていると夫・子供も喜んでくれますよ。

著者:林くらら

フリーライター・コラムニスト
アイコン
林くららのfacebookアイコン
初めまして!林くららと申します。どうぞ以後お見知りおきをお願いいたします。ライティングはオールジャンルで精一杯頑張りたいとは思いますが、基本的にはサブカルチャーに特化しています。その中でも特に80年代後半から90年代頭の音楽バンドシーンなどは得意ジャンルです。また、つたない経験といたしましては最近では、WEBライターなどあります。しかしながら過去のライター経験をかざすというよりは新人として一からしっかり学びながら頑張りたく思います。ちなみに文体は潔く、ハッキリとしたもの言いが多いようです。また、内容によっては毒舌な一面も多く見受けられるそうです。皮肉を盛ることによって物事を斜めから見た文体も書きますが、その場合文末できもち内容を持ち上げるように心がけ、文を読んだ人が面白がる文体に仕上がるように気を付けています。むしろどちらかといえばマジメ一辺倒の文より得意としています。こんなくらら一玉いかがですか?