輝く肌の維持に☆知っておくべき肌老化を招く4つの原因と対策|トピックスファロー

  • 署名記事をかけます!ライターの実績を積みたいならフォークラス
1,463 views
2012年9月19日
輝く肌の維持に☆知っておくべき肌老化を招く4つの原因と対策

10代~20代の前半頃までは、全然気にしていなかった「肌の老化」。このページでは、紫外線や糖分の過剰摂取など肌老化を引き起こすいくつかの原因と対策を紹介しています。日常生活で予防できることばかりなので、ぜひアンチエイジングに役立ててください。

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

日焼け

10代~20代前半の頃の日焼けによる肌ダメージに悩んでいる人も多いのでは?日焼けはアフターケアを何もしないでいると、肌を老化させるシミ・くすみの原因になってしまいます。
屋内・外関係なく、私たちが一年中浴びている紫外線は、大きく「A波」と「B波」に分けられます。A波は、キレイな肌を保つために欠かせないコラーゲンやエラスチンなどの美容成分を壊してしまいますし、一方のB波はシミのもとになるメラニン色素を作り出して、それが徐々に広がっていってしまいます。肌の奥の層にまで紫外線が浸透しないように防いでくれる働きを持つメラニン色素ですが、肌の美白のことを考えると、喜ばしいものではありませんね。

紫外線が老化の原因になりやすい人

次の人は、紫外線による肌老化に要注意!

  • 若いときに海や日焼けサロンで思いっきり肌を焼いていた
  • 一年を通して、UVケアをしていない

対策

紫外線による肌老化を防ぐには、とにかく日焼けをしないことが第一です!夏だけとか外出時だけでなく、オールシーズン、室内でも紫外線対策を万全にしましょう。もちろん、日焼けサロンなんて、もってのほか!日焼け止めクリームのほか、服や防止、サングラスなどUVカット加工が施された製品を活用し、肌を守ってください。

糖分の過剰摂取

一見、何の関係もないように思える“肌の老化”と“糖分の過剰摂取”ですが、甘いモノの食べ過ぎも肌の老化を早めてしまう危険性があるので、注意しなければなりません。
たんぱく質と糖の結合を「糖化」といいますが、この現象が肌でも起こります。肌のハリ・弾力のもとになるコラーゲンやエラスチンは、たんぱく質。これが糖と結合すると、「AGE」という老化物質が蓄積してしまいます。そうして、コラーゲンなどのハリや弾力が失われ、それがそのまま肌の老化へと直結することに・・・。たるみやくすみ、黄ばみなどの症状が現れます。

糖化が老化の原因になりやすい人

  • 早食いで、ぽっちゃり体型
  • 甘いモノが好きで、よく食べる
  • 最近、肌のハリがなくなり、たるみが気になってきた

対策

糖による肌老化を防ぐには、甘いモノや炭水化物の摂り過ぎに気をつけてください。きちんとカロリーを考えて食事することも大事ですよ。食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含む食品を積極的に摂ることをお勧めします。ダイエットにもなり、肌の老化防止にも効果的で一石二鳥ですね!

乾燥肌

乾燥肌の人は、比較的早く肌の乾燥が進んでしまいます。というのも、乾燥はシワやたるみの大きな原因になるからです。
肌角質の細胞のすき間には、細胞間脂質が詰まっています。年齢を重ねるにつれてその脂質が減っていき、そこから水分が蒸発しやすくなるため、肌が乾燥しがちになります。このように乾燥は加齢とも関係があるんですね。ちなみに、10代の頃に比べて、30代の肌の水分量は約30%ダウンするんだとか・・・。

乾燥が老化の原因になりやすい人

  • 最近、目尻の小ジワが増えた
  • 冷・暖房の効いている部屋に長時間いることが多い
  • 洗顔後、顔がつっぱる

対策

肌の乾燥対策としては、保湿成分のセラミドやアミノ酸配合のローションや美容液でお手入れするのが効果的!特に乾燥が激しいときは、美容オイルを使うと良いでしょう。保湿力の高いホホバオイルやオリーブオイルを顔に薄く塗り、ラップでパックすると◎。

血行不良

血行不良も肌老化を引き起こす原因になると言われています。血液循環が悪くなることで、酸素や栄養が肌に十分行き届きません。すると、肌の新陳代謝がスムーズに進まなくなるため、肌の輝きが失われてしまいます。
代謝が悪いと血液の流れだけではなく、肌に蓄積された老廃物を排出してくれるリンパ液の働きにもストップをかけることに・・・。

血行不良が老化の原因になりやすい人

  • 冷え性で季節を問わず、手足が冷たい
  • 肌に透明感がない

対策

女性に多い冷え性が血行不良の一因ということで、それを解消するには体を温めることが第一です。
軽いストレッチやマッサージをしたり、入浴で血行を促進するようにしましょう。
また、ストレスや睡眠不足も血液の流れを滞らせます。何か自分なりの楽しみを見つけ、リラックスできる時間を作ると良いですよ。

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。