《記念日にもう一度》子供と一緒にウェディングができる最高のプラン|トピックスファロー

  • フリーライター求人
2,553 views
2014年9月3日
《記念日にもう一度》子供と一緒にウェディングができる最高のプラン

結婚記念日にもう一度結婚式を挙げるのはどうでしょうか?お金もかかるし準備も大変だし、と思っている方にリーズナブルで手軽に結婚式が出来るプランを紹介します! 以前の結婚式との一番の違いといえば子供がいること。普段の家でのパパとママが素敵な姿に変身すると子供は喜んでくれるかな。そして今まで一番心に残る家族写真を。 夫婦、家族によって望んでいる結婚式のスタイルはさまざま。その多くが可能なんです。もう一度愛を誓い合いましょう

構成作家・ライター
  

結婚記念日ってみんな何するの?

もうすぐ結婚記念日。子供が生まれる前は二人仲良く、少し高級なお店で食事したりプレゼントを贈りあったりしてたっけ。でもここ数年は・・・。

「今日何の日か覚えてる?」「え!?・・・あー!」みたいな夫婦も少なくないのかもしれません。奥さんは「ひどい」とかふくれながら自分もさっき思い出しただけだったり。

夫婦にとって節目となる大切な日。二人の思い出の場所に旅行に行くのもいいです。ご馳走やケーキを並べて出会った頃や新婚当初の事を思い出すのももちろん素敵です。でももっともっと心に残るような日にできないか。
そこで、もう一度結婚式をするというのはいいかがでしょう?

忙しいとグズる旦那さんもこれで説得

あの頃の二人に戻って、そしてあの頃は目に見えなかった二人の愛の結晶であるお子さんをはさんで、そんな記念写真を撮るって夢みたいだと思いませんか?

準備が大変そうだしお金もかかるし、何より絶対旦那がめんどくさがりそう!結婚式なんて絶対無理!と思っているあなたに朗報があります。
少人数挙式専門「小さな結婚式」ではそんな夢が実現できるのです。
北海道から沖縄まで全国にあるチャペルにてお値段は一律6万7000円で結婚式が挙げられるのです。

いやいや、結婚式ってなんだかんだで別にお金かかるじゃん!こっちは一回やってそういう仕組み知ってるんだから!!!
それが違うんです。この基本プランにウェディング衣装代もヘアメイクも着付けも写真撮影も式場の装花や式進行の司祭者の代金も含まれてるんですよ。必要なものが全部含まれて6万7000円で挙式が挙げれるんです。

うーん、でもお金だけの問題じゃなくてね!子供もまだ小さいし旦那も仕事で忙しいし、時間の余裕もそこまでないんだって!やっぱり結婚式なんて無理!
準備には通常で3ヶ月もかからないのだとか。打ち合わせも数回だけですむし、どうしても式場に足を運べなくてもメールや電話でプランナーに相談出来るといいます。なんと最短で一週間の準備でも結婚式が可能だという手軽さ。
ほらほら、もう挙げない理由はないでしょう。

女の子

カッコいいパパと綺麗すぎるママの姿を子供に

結婚式を挙げるとなると美意識も高まりますよね。今までどうしても続かなかったダイエットも結婚式という大きな目標があれば頑張れるかもしれません。結婚式ってそういう使い方もあるんですね。最近太ったなぁと思ったら結婚式、みたいなことが動機でもいいのかもしれませんよ。

小さな結婚式ではウェディングドレスを豊富に揃えていて種類は2000着以上。そんなにあったら選ぶのに困っちゃいそうですよね。でもそこは前の結婚式の時にはいなかったお子さんに一緒に選んでもらうというのもいいんじゃないでしょうか?自分が選んだドレスで綺麗になったママに大喜びすると思います。

また家では油断しきった格好のパパ。そのギャップにお子さんがどんな反応するのかも気になるところですよね。
普段とは違う二人がお子さんの目にどう映るかもこのプランの醍醐味でしょう。

それぞれの結婚式を挙げれます

リーズナブルなその理由は衣装、ヘアメイク、フォトグラファー、インテリアまで自社で手がけているからだそうです。どんな結婚式にするか演出も自由。今では年間に9000組がそれぞれの夢を叶えているみたいですよ。

以前やった結婚式は遠い親戚だったり会社のお偉いさんなどにも集まってもらい少し窮屈な式だったという方もいますよね。次は両親と本当に親しい友人だけを呼んでアットホームな結婚式を挙げてみませんか?緊張感も少なくて本人たちが心から楽しめるのはこういう形の結婚式なのかもしれないですよね。または誰も呼ばずに家族だけで結婚式を挙げるというのもロマンチックな思い出に残るものになると思います。

他にもペットと一緒に・・・などその夫婦や家族の望みどおりの結婚式が挙げられるのです。

最近では結婚式を挙げないという夫婦も増えているかと思います。若くてお金ないからとかお腹に子供もいるし式はいいかな、などいろんな理由で泣く泣く諦めた人もいることでしょう。
その中にはちょっと後悔してるという夫婦も少なくないかもしれません。でもいまさらだしなぁと思っている方に、まさしくぴったりのプランだと思いますよ。

新婚ではないけど、結婚式を挙げちゃいましょう。
結婚記念日にもう一度愛を誓い合う。その機会としてこんなに適した場所は他にはどこを探してもないんじゃないでしょうか。

著者:ねじ山ねじ

構成作家・ライター
アイコン
兼業ライターとして活動しています。何かの合間にさくっと読めるものを書いてますので気楽に読み流してください。