美容師さんは髪の毛のプロ。何でも相談してみましょう|トピックスファロー

  • 未経験から歓迎のライター募集
1,669 views
2014年11月25日
美容師さんは髪の毛のプロ。何でも相談してみましょう

美容師さんは髪の毛のプロ!つまり、毛髪の専門知識をたくさん持っています。そんな美容師さんに、髪の毛の悩みを聞いてみましょう

WEBライター
鈴木克己のfacebookアイコン 鈴木克己のfacebookアイコン
  
加齢によって白髪が増えてきたり、抜け毛が多くなったりというのは、男女を問わず、誰もが悩むものです。
かく言う私も四十代後半になって来て、白髪が増えて来ました。
そして、季節によっては抜け毛も目立つようになって来ました。日頃から白髪や抜け毛に悩んでいた私は美容師さんに相談してみました。026
美容師さんは髪の毛の専門知識をたくさん持っている髪の毛のプロですから、自分が美容院に行った時に悩みや疑問を打ち明ければ、ざっくばらんに答えてくれるので、とても勉強になります。

白髪は根元付近で切ってしまいましょう!


私が髪の毛で最初に気になったのは白髪が増えて来たことでした。特に揉み上げ周辺の白髪が気になったので、何とか白髪が増えることを避けたいと思いました。
子供の頃、母親が白髪を気にして、私に抜いて欲しいと言って来たので、何の知識も無かった私は言われるがまま、母の白髪を抜きました。ところがこれが大きな落とし穴で、却って白髪を増やしてしまうことになると後になって教わりました。その答えを教えてくれたのは美容師さんです。
では、どうすれば良いのでしょうか。
それは白髪を根元付近で切ってしまうことだと教わりました。

年齢的に若ければ、それは若白髪ですから、白髪を根元付近で切ってしまえば増やすことも無く、また、黒い髪に生え変わる場合があることも教えてもらいました。そのアイデアを実践した私は実際に四十代前半まで白髪に悩むことは殆どありませんでした。1本の白髪を抜くと、その白髪が3本に増えるとも聞きました。白髪が嫌な人にとっては何とも堪らない話です。

それでもダメなら、マニキュアを使いましょう

私も四十代後半になっていよいよ加齢による白髪が本格的に目立って来ました。
髪の毛を染めた方が良いのかどうか、美容師さんに尋ねましたが、安易に毛染めを行うと髪の毛が痛むことを教わりました。
却って抜け毛の原因にもなってしまうそうです。
しかし、加齢による白髪の増加は、それまで続けていた根元付近から切ってしまう方法でも防ぎきれなくなって来ました。揉み上げ周辺の白髪の本数が加齢によりどんどん増えて来たからです。
根元付近で白髪を切ろうとして失敗してうっかり抜いてしまい、揉み上げ付近の白髪を増やしてしまったのかも知れません。
そこで、どうすれば良いのか美容師さんに尋ねたら、目立ち始めた白髪には黒のマニキュアを塗れば簡単にごまかせるし、髪も傷まずに済むと教わりました。マニキュアを軽く塗るだけと髪の毛全体の毛染めとでは髪に与えてしまうダメージが全然違うとも教わりました。勿論、私自身はマニキュアを持っていませんが、親から借りれば良いのだと言われました。

シャンプーの種類を頻繁に取り換えてはダメ!

抜け毛が多いとやはり気になるものです。
抜け毛の原因はシャンプーにあるのだろうと思い、美容院で美容師さんが使っているシャンプーを買い求めました。
実際、美容室で買ったシャンプーを使い始めてからしばらくは抜け毛の状態も改善されました。
しかし、その後、友人と髪の毛の話をしていた時に抜け毛は嫌ですねと話していたら、薬用シャンプーの「テタリス」という商品がインターネットで販売されていると紹介されました。
育毛効果や抜け毛予防のあるシャンプーだと聞き、私はすぐに「テタリス」シャンプーを使い始めました。
髪の毛の状態は良くなりました。けれど、良いシャンプーであれば、やはりやや高額です。高額なシャンプーを使い続けるのか、それとも美容院で使っている比較的に安価なシャンプーの使用に戻すのか、これは私にとって大きな問題でした。
その後しばらくしてからこの事を美容師さんに話して、再び美容室で使っているシャンプーを購入したいと話しました。すると美容師さんからシャンプーは頻繁に取り換えない方が良いと教わりました。
自分が慣れ親しんでいるシャンプーを使い続ける方が髪の毛や頭皮のダメージを減らすことが出来るそうです。
結局、多少高額でも、私は「テタリス」シャンプーを使い続けることにしました。

ドライヤーを使ってきちんと髪の毛を乾かしましょう

また、ドライヤーを使ってきちんと髪の毛を乾かした方が髪や頭皮のダメージを減らすことが出来ることも教わりました。
ドライヤーは髪の毛や頭皮に良くないのかと思っていましたが、自然乾燥に任せるのではなく、きちんとドライヤーで乾かし、軽くブラッシングすることが大切だと美容師さんに言われました。
髪の毛をきちんと乾かさずに放っておくと、髪の毛がほつれて束になってしまい、それが抜け毛の原因になるそうです。
抜け毛は当たり前の話で、私たちの髪の毛は気付かないうちに毎日少なくとも100本は抜けているとも教わりました。
季節によっては抜け落ちる髪の毛の量も増えるため、大量に抜けたと思う向きもあるのですが、抜けた髪の毛はまた生え変わって来るので、心配要らないそうです。

著者:鈴木克己

WEBライター
アイコン
鈴木克己のfacebookアイコン 鈴木克己のfacebookアイコン
バンドでのギター弾きと小説の執筆が趣味です。串焼きが大好物です。