【第1回】ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡|トピックスファロー

  • 在宅ワークのライター募集
8,359 views
2014年9月12日
【第1回】ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡

ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡 シリーズNO1
ヨーロッパは建築、芸術、音楽、文学など、あらゆる分野で長い歴史があります。 その輝かしいヨーロッパの歴史の裏で、戦争を何度も繰り返してしまいました。その悲惨な戦争の歴史を忘れないための痕跡がヨーロッパ各地には数多く残っています。

戦争遺跡ライター
HIROのfacebookアイコン
  

ヨーロッパで戦争の歴史を学んでみる

ヨーロッパは、国同士が陸路で繋がっているし、通貨も統一されているので、国境を越えて旅行するのはとても容易です。
しかし、ヨーロッパには、国家間で戦争を繰り返してきた暗黒の歴史があります。
20世紀に世界中の国々を巻き込んだ2度に渡る世界大戦も、ヨーロッパが舞台でした。
その歴史を忘れない為のモニュメントがヨーロッパ各地にはたくさんあります。

たとえば、観光地となっているポーランドのアウシュビッツ強制収容所跡、オランダのアンネフランクの家などには世界中から観光客が訪れます。

そんなわけで、観光地のど真ん中にあったり、気軽に日帰りで往復できたりと、あまり知られていない欧州の世界大戦の戦争遺跡を紹介します。
ヨーロッパ周遊しているついでに立ち寄って、戦争の歴史をほんの少し学んでみてはいかがでしょうか。

~イギリス ロンドン~ チャーチル戦時内閣執務室

チャーチル戦時内閣執務室のチャーチルの寝室の再現 第2次世界大戦中、ヨーロッパの大陸の国々がナチスドイツに屈服する中、イギリスはチャーチル首相の強いリーダーシップによって、痛手を負いながらの孤軍奮闘の末、勝利しました。
勢いの増すドイツ軍の空襲を避けるためには、政府機能を地下に移さなければならなかったといいます。
その地下壕が記念館として公開されています。

会議室や閣僚の寝室が再現され、チャーチルの生い立ちも詳しく紹介されています。
場所はロンドンを訪れた旅行者なら、必ず立ち寄る国会議事堂(通称ビッグベン)のすぐそばにあり、ウェストミンスター寺院やバッキンガム宮殿も歩いて行ける距離にあります。

~ベルギー イープル~ イン・フランダース・フィールズ博物館

イープル繊維会館 イープルはフランスと国境が近いベルギーの西フランドル州にあり、首都のブリュッセルからは列車で1時間半程で到着する小さな街です。
この、一見するとのどかな街も第1次世界大戦中、激戦地となり徹底的に破壊されました。
イープルの戦いでは、次の世界大戦を起こすことになる人物、アドルフ・ヒトラーも下士官としてドイツ軍に従軍していました。
街の中心部のマルクト広場にそびえる繊維会館の中にある「イン・フランダース・フィールズ博物館」は、当時の様子が模型、ビデオ、写真などで紹介されてります。
2014年は第1次世界大戦が勃発してから100周年になります。開戦した6月28日には、当時の交戦国だったヨーロッパの首脳がイープルに集まり式典が行われました。
日本では第二次世界大戦がメディアでよく取り上げられますが、ヨーロッパの人達にとっては、最初の世界大戦の傷跡も大きかったのが感じられます。

~ドイツ ワイマール~ ブッフェンバルト強制収容所跡

ブッフェンベルト強制収容所の門 ドイツの中央部のチューリンゲン地方に位置するワイマール。
詩人ゲーテ、シラーなどの文化人のゆかりの地として、ドイツの精神文化の源とも言えます。

ここは町並みも美しく日本人観光客にも人気のある街です。
そんなワイマールの中心部からバスで20分程の場所に、ナチス時代に25万人のユダヤ人が収容された「ブッフェンバルト強制収容所」があります。「ブッフェンバルト強制収容所」には見張塔、移送駅、火葬場などが今なお残っています。

ドイツ国内にはたくさんの強制収容所跡が残っていてその多くは、記念館として無料で一般公開されています。
ところが、その大半は日本語の表記やパンフレットがほとんどありません。
でも、ゲーテ街道の街として知られるワイマールは日本人観光客も多いこともあり、日本語のオーディオガイドがあります。日本語で説明を聞きながらじっくり周ることができます。

世界的に有名な「アウシュビッツ強制収容所跡」は、日本から直行便が飛んでいない東欧のポーランドにあるのでアクセスがよくありませんが、「ブッフェンバルト強制収容所跡」はドイツの首都、ベルリンからも日帰りでワイマール観光と兼ねて行くことができます。

~ドイツ ベルリン~ ウィルヘルム通り(旧ナチス時代の官庁街)

ウィルヘルム通り ベルリンというと冷戦時代、東西に街が分断されていた「ベルリンの壁」を思い浮かべる人も多いと思います。
実際にベルリンには、壁の一部が残っていたり、「ベルリンの壁」があった時代の記念館や博物館がたくさんあります。
それと同じくらいナチス時代の遺跡も多く眠っているのがベルリン。
最大の観光名所であるブルンデンブルク門から伸びているウンター・デン・リンデン通りはいつも観光客で賑わっています。

そのブランデンブルク門を背にしてウンター・デン・リンデン通りを歩き、最初の右手の道を曲がると「ウィルヘルム通り」という観光客の姿があまり見えない通りがあります。
この一帯はナチス時代、総統官邸、外務省、宣伝省など、ナチスの官庁街でした。
通りにある建物は殺風景なマンションといった感じですが、各所に小さい看板で当時の建物の歴史を示す英語とドイツ語表記の看板があります。

ウィルヘルム通りを1KMほど歩けば、ナチス時代の歴史を紹介した記念館「テロのトボクラフィー」があります。
また、すぐ近くには空襲で焼け落ちた駅舎がモニュメントとして残っていたり、お化け屋敷として一般公開されている防空壕跡もあります。
それ以外にもベルリン市内や郊外には、ナチス時代の痕跡が数多く残っています。

旅行中に戦争の歴史にも触れてみよう

EUというヨーロッパ連合共同体は、戦争を繰り返してきた歴史の反省から誕生しました。
通貨もユーロで統一され、国境を越えてもパスポートチェックもない現代のヨーロッパ。

そんな先進的であるヨーロッパ諸国には、戦争を忘れない為の世界大戦の戦争遺跡がこんなに沢山あります。
戦勝国、敗戦国、双方の立場、世界大戦に関することなど、様々な視点から歴史を眺めることができます。
有名な観光地のど真ん中に残っていることも多いので、街歩きをしていて偶然発見することもあり、頭の片隅で歴史に関することを覚えておけば発見する可能性があがります。
旅行中に今のヨーロッパを理解する上で、忘れてはならない戦争の歴史に触れてみるのも有意義ですね。

【連載ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡

著者:HIRO

戦争遺跡ライター
アイコン
HIROのfacebookアイコン
ヨーロッパ各地の世界大戦の戦争遺跡を周って取材しています。
だから、戦争遺跡ライターです。
学生時代から、事件、事故現場、戦争跡地を野次馬のように行くダークツーリズムラー。
特にヒトラー、ナチスなど、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線に関することが一番好き。
しかし、重いテーマの旅をしているかというと、旅行先では美味しいご当地グルメを堪能して、お酒を飲んでいます。時には道に迷ってテンパったり、ヨーロッパの街並みに感動したりと、見かけはヨーロッパが大好きな普通の旅行者です。

ニコニコ動画
「ヨーロッパで訪れたい世界大戦の戦争遺跡」シリーズを
ダークリズム・ジャパンのニコニコ動画にも寄稿しています。
http://ch.nicovideo.jp/darktourism