アクセサリーに想いを込めて形にするジュエリーデザイナーとは?|トピックスファロー

  • 未経験OKのフリーライター求人
1,881 views
2013年11月11日
アクセサリーに想いを込めて形にするジュエリーデザイナーとは?

成果が見える…そんな仕事をしたい人にお勧めしたいのが、ジュエリーデザイナーです。 ジュエリーデザイナーは、アクセサリーが好きで美的センスやデザイン力があり、細かい作業が得意な人に向いています。主な仕事内容や役立つ資格などを要チェック。

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。…
  

女性憧れの職業・ジュエリーデザイナー

ジュエリーデザイナーは、指輪をはじめ、ネックレス、ブレスレット、イヤリング・ピアスなどアクセサリー全般のデザインや製作を行う職業です。ジュエリーが大好きな女性にも高い人気を集めていますが、仕事の成果が作品として目に見える形で残るから…これはモノづくり系の仕事が好まれる大きな理由の一つと言えるでしょう。ジュエリーデザイナーも同じ。仕事のやりがいや自分の存在意義のようなものが作った作品に詰め込まれて、達成感を味わうことができます。

仕事の内容は?

金、銀、プラチナ、その他の宝石を用いて、様々なアクセサリーのデザインをするのが主な仕事内容です。材料のカット・研磨を専門に行うジュエリークラフトと作業を分けることもありますが、ほとんどは全部の工程をジュエリーデザイナーが自分の手で行います。このほか、アクセサリーをデザインすること以外に、修理やリフォームなどを行う場合もあります。

ジュエリーデザイナーとして修業を積む!

さて、ジュエリーデザイナーになるにはどうすれば良いのでしょうか?後々、独立を考えているような場合は、特に数年の修業が必要になります。

必要なスキルは?

まずは、ジュエリーデザイナーに必要な専門的な知識や技術を身に付けなければなりません。宝石の性質や加工方法に関する知識、デッサン力、デッサンしたものを立体的にイメージする力、美的センス、そして何より手先の器用さが求められます。

知識・技術を習得し、磨くには?

宝石デザインの専門学校やジュエリースクール、美大などで工芸技術を学び、デザインセンスを磨いていくことから始めましょう。卒業後は宝石加工会社に就職して、百貨店やジュエリーショップなど様々な売り場に応じたデザインを学んでいきます。
最近では宝石加工を専門に行っている会社の求人が減っていると言われているため、宝石メーカーのデザイン部やリフォームショップなどに勤めるのも良いでしょう。大手の宝石メーカーでは「企画」「デザイン」「製作」というように部署によって担当が分かれていることが多いですが、小さな製作所などでは、企画から製作に至るまで一人で行うことも珍しくありません。

ジュエリーデザイナーになるために必要な資格

ジュエリーデザイナーを目指そうと考えたとき、就職または将来の独立に有利な資格を取ろうと思う人もいるでしょう。けれど、「ジュエリーデザイナー」という資格があるわけではありません。専門学校などで、宝石デザインの基本を習得すれば、あとはそれを磨いていくだけ。
とはいえ、何も資格を持っていないより、何かしら関連性のある資格を持っているほうが就職の際や、もちろん仕事をし始めてからも役立つはずです。

ここで、ジュエリーデザイナーとして働く際にオススメの資格を紹介しましょう。

貴金属装身具製作技能士

貴金属装身具製作技能士は、宝石を加工するなどしてアクセサリーを製作する能力を認定する国家資格。宝石のデザインや加工方法を問う学科試験と、指定された金属の材料を図面通りに加工する実技試験があります。将来的に独立を望んでいる人には、特に役立ちますよ。

宝石鑑定士・宝石鑑別士

宝石鑑定士・宝石鑑別士は、宝石の価値を鑑定する能力を認定する民間資格。アメリカ宝石学会認定資格なので、海外でも通用します。ダイヤモンドの等級を鑑別する試験、20種類の宝石を鑑別する試験があります。海外留学をして、技術を学びたい人にもオススメです。

著者:渡瀬由紀子

WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。
アイコン
WEBライターのかたわら、週末は雑貨屋めぐりしつつ、最新の文房具収集。好奇心を糧に幅広く執筆活動中。